現在位置: > > > > > 何で、日産「デイズ」はイーパワーを載せないので...

『何で、日産「デイズ」はイーパワーを載せないので...』:日産 デイズ

解決済み何で、日産「デイズ」はイーパワーを載せないのでしょうか? 小型化する技術が無いのでしょうか? 何故「EV」化しなかったのでしょうか? 前に社長?

何で、日産「デイズ」はイーパワーを載せないのでしょうか?
小型化する技術が無いのでしょうか?
何故「EV」化しなかったのでしょうか?
前に社長?が2020年までに軽のEVを出すみたいなこと言ってませんでしたっけ?

ベストアンサーに選ばれた回答

軽自動車まで小型化してもコスト問題で出さないです。

所詮は,ガラパゴス化の国内販売のみの軽自動車枠の為にわざわざePowerを載せないですね。

仮に載せたして、車両金額は据え置きか20万アップ以内、圧倒的に燃費が良くてパワーもターボ車並みなら売れるけど、実際に軽自動車で出しても、660ccエンジンでの発電量は少なくそれを補う為にでっかいバッテリーを積む羽目になる。

その結果、実際の車両金額は250万超え、パワーはNAエンジン車並み、燃費は重いバッテリーで最悪ってパターンで、現行のNA/ターボの軽自動車に明確な優位性が無いから売れないし、出さない。


あと、EVなら子会社の三菱にアイミーブあるから、次のマイチェン、フルモデルチェンジでもePowerは載っけない。

回答一覧

6件中1~6件を表示

  • 今のレシプロエンジンでは 軽自動車のエンジンマウントにモーターと一緒のせることが出来ないのと 走行用のバッテリーを載せるスペースの確保が難しいのと 何より車体重量は半端なく重くなり 車体価格が 日産ノート並みになるからです

    EV化はするのでしょうが e-POWERとEVッでは意味合いが違います

  • 何で、日産「デイズ」はイーパワーを載せないのでしょうか?


    コスト

    小型化

    などの関係

  • そもそもDAYZは三菱のEKワゴンです。
    いわゆるOEM車両で、設計・製造は三菱がやってます。
    日産で販売する場合はエアロとエンブレムを交換してるだけです。
    なので、e-powerを前提とした設計をされていないので、e-powerモデルが存在しません。

  • イーパワーとは,簡単に言えば,ガソリンエンジンで発電してモーターを駆動させる仕組みです。

    まず,ガソリンエンジンが660ccだと発電量が少なくなります。軽自動車だとセルの積載量も限定されますから,満タンでも200kmぐらいしか走れないモデルとなります。それでは実用性がありません。

    また,狭いエンジンルームに,ガソリンエンジン,モーター,インバーターを積載するスペースがありません。小型化すれば,上に書いたとおり,走行距離が短くなって実用性がますますなくなります。

    よって,イーパワーはあくまでつなぎの技術に過ぎず,一気にEVに進むことが予想されます。日産傘下の三菱にはアイミーブというEVが存在しますから,技術的には難しいことはありません。後はコストと走行距離の問題です。外部充電するセルの容量を大きくすれば走行距離は伸びますが,コストと重量が増えてしまって,軽自動車の価格を大幅に超えてしまいます。

    ただ,これらは時間の問題だと思います。いずれ軽自動車規格のEVやコンパクトEVが出てくるのは間違いありません。首を長くして待つこととしましょう。

  • e-Powerを搭載するとなると、少なからずエンジン+発電機+駆動用モーター+バッテリーが必要になるし、狭いエンジンルームや重量増になるコトを考えると、軽に搭載するのは、ナンセンスかな。


    軽EVに関しては、日産の中期経営計画として2022年までに新規にEVを3モデル市場導入し、そのうちのひとつが軽とすると発表してたから、開発中なんでしょう。
    https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1198221.html
    https://www.carsensor.net/contents/editor/category_849/_64176.html

  • もしかしたら2020年にマイナーチェンジしてイーパワー入れるかもね。

6件中1~6件を表示

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。

マイカー登録はこちら

オールシーズンタイヤ3選を試してみた

ニュース・新車・中古価格をメーカー毎にまとめてチェック!!

pitte

新型タント 快適な走りと運転支援に妥協なし

みんカラ サーキット チャレンジ #9 アップダウンが楽しい岡山国際

みんカラユーザーが酔いしれた 最新のアルファ ロメオの世界とは?

愛車の買取相場知るなら買取カービュー

車検予約・料金比較は、カービュークリア車検

中古車日産 デイズアクセスランキング
  1. 1位 660 ハイウェイスターX プロパイロット エディション
    660 ハイウェイスターX プロパイロット エディション
    1,596,000円(福岡)
  2. 2位
    660 ハイウェイスターG
    538,000円(愛知)
  3. 3位
    660 ハイウェイスターX プロパイロット エディション
    1,690,000円(愛知)
  4. 4位
    660 X Vセレクション +SafetyII
    339,000円(静岡)
  5. 5位
    660 ハイウェイスターGターボ プロパイロット エディション 4WD
    1,892,000円(福島)

※2019年11月20日現在(毎日更新)

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)