メルセデス・ベンツ Gクラス (ハッチバック) 「G350d」のユーザーレビュー

pu-suke pu-sukeさん

メルセデス・ベンツ Gクラス (ハッチバック)

グレード:G350d_RHD_4WD(AT_3.0) 2016年式

乗車形式:マイカー

評価

3

走行性能
-
乗り心地
-
燃費
-
デザイン
-
積載性
-
価格
-

G350d

2018.1.21

総評
乗ってて快適な乗用車ではないですが、不満が味に感じる不思議な車です。
満足している点
押しの強いデザイン、とにかく頑丈な作り、インテリアはベンツらしくラグジュアリー、古いテクノロジーを今の技術で乗用車に近づけている熟成度、独特で病み付きになる乗り味、コモンレールディーゼルは低速域ではベタ踏みが怖くてできないぐらいパワフルで街乗りにストレスなし。
見切りの良さ、目線もかなり高い位置で車体感覚をつかみやすく運転しやすい。景色もよく見えて、今までの道が新鮮に感じる。
不満な点
狭い、特に後部座席はリクライニング調節出来ず、長距離は家族からブーイング…
荷室も狭い、高さだけ。棚必須。
重い、アクセルレスポンスは踏み込んで1拍おいて強烈なトルクで引っ張る感じ。
ディストロニック機能は、スバルの先進アイサイト経験者からすると、スバルに5年技術的に遅れてる感あり。
キーや衝突防止安全機能など、ベンツの他のモデルより1世代前のエレクトロニクス技術を無理矢理載せた感があるのは否めませんが、元が古い設計なので限界なんでしょうね。
これら不満が耐えられなくなりそうな方は新型Gクラスや他の車を選んだ方がいいと思います。
デザイン

-

走行性能

-

ゴトゴト細かなギャップを拾うので硬いのかと思いきや、曲がるとフワフワフラフラ。
曲がったときに戻らないハンドルは慣れると運転が楽しくなる。
低速域のパワーは不満なし、高速域はディーゼルの限界を感じます。(スロコンPPT取り付けで不満がなくなりました!)
目線が高いので操作のしやすさは抜群です。
サイズもSUVとしては小さいので取り回ししやすいです。
乗り心地

-

室内は静かです。
ディーゼルの振動もかなり押さえられてます。
サスペンションとショックの味付けはG350dではだいぶ改善されてるらしいのですが、フラフラ感は首都高で少し怖いです。
(ボンドオリジナルiidショックで改善され満足してます。ブレンボRDDキットへの変更とTWS鍛造ホイールのお陰でフロントバネ下が10kgほど軽くなり、ハンドリングが軽快になりました!)
積載性

-

高さがある分、積めますが、取り出しにくいので棚は必須です。
燃費

-

スロコン取り付け後
街乗り6.5km/l前後
高速で8-9km/l
100km/h以上のディストロニック巡航だと8km/l切ります。
3リッターディーゼルターボですが
NA3.6lのスバルアウトバックよりリッターあたり1-2km/h燃費が悪いですね。
重量とターボのせいでしょうね。
価格

-

故障経験
ルーフモールの表面塗装が薄くてペキペキ剥がれてきます。下地も色が同色なのであまり気にしてませんでしたが
リコールなのかメルセデスケアの恩恵なのか、モールの交換を無償でやってもらえるようです。

下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

「みんカラ」から、違反報告をする

メルセデス・ベンツ Gクラス (ハッチバック) 新型・現行モデル