現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【恥ずべきコピー?】中国人の恥知らずなメルセデス ゲレンデヴァーゲンのコピーにドイツ人の怒り心頭? それとも軽蔑のまなざし?

ここから本文です

【恥ずべきコピー?】中国人の恥知らずなメルセデス ゲレンデヴァーゲンのコピーにドイツ人の怒り心頭? それとも軽蔑のまなざし?

掲載 更新 31
【恥ずべきコピー?】中国人の恥知らずなメルセデス ゲレンデヴァーゲンのコピーにドイツ人の怒り心頭? それとも軽蔑のまなざし?

GWMタンク700(2024):中国製メルセデスGクラス、ウィッシュで注文。ブラバスルック、星空、520馬力以上。これがGWMタンク700だ!まるでGクラスのような中国製高級SUVは、55秒で完売した!

中国車は今や、この国の道路では見慣れた光景だ。BYD、MG、Nioといったブランドはもはやエキゾチックな存在ではなく、毎日のように新しいメーカーやモデルが追加されている。

【クラシック オブ ザ デイ】80年代のポルシェキラー「BMW M635CSi(E24)」物語

中国最大の自動車メーカーのひとつが長城汽車、略してGWMで、同社はドイツでもOraやWeyなどのサブブランドでモデルを販売している。

オフロード車では、GWMはタンクブランドを持っている。「タンク300」、「タンク500」に続き、最近発表された新しいトップモデルの「タンク700」は、メルセデスの「Gクラス」によく似ている。

この角張った外観は、ドイツのオフロード伝説が数十年にわたって絶大な人気を誇ってきたことから、まったくの偶然で選ばれたわけではないだろう。直近では、「Gクラス」のあまりの人気ぶりに、メルセデスは膨大な需要に応えるために注文の凍結を余儀なくされた(現在は解除されている)。

中国の「Gクラス」の"代替車"は「タンク700 Hi4-T」と呼ばれ、どこから見ても多かれ少なかれドイツのモデルを彷彿とさせる。特にリアの類似性は際立っている。リアのドアに取り付けられたスペアホイールと細いLEDテールライトは明らかに「Gクラス」からの流用であり、ボンネットアタッチメント、ライトストリップ、ルーフスポイラーもブラバスからの流用だろう。

タンク700は523馬力のハイブリッドガソリンエンジン

パフォーマンスという点では、「タンク700」は「Gクラス(G 63を除く)」よりも優れている。3リッターV6ツインターボを電動モーターがサポートし、常時全輪駆動で523馬力と最大トルク850Nmを発揮するという。これは、「メルセデスG 500(422馬力)」よりも100馬力近くパワフルな中国製コピーとなる。

インテリアはラグジュアリーなデザインで、ロールス・ロイスにインスパイアされた星空が見どころのひとつ。GWMが7桁台の高級車に決して劣らないハイエンドなインテリアと語るように、自信のなさもないわけではない。

わずか55秒で完売

こうして見ると、「タンク700」はお買い得である。70台限定の「ローンチエディション」の価格は約9万ユーロ(約1,440万円)相当。それでも「Gクラス」の中国製コピーとしては高額だが、メルセデスの「G 400 d(118,256ユーロ=約1,895万円~)」より28,000ユーロ(約450万円)ほど安い。

金が儲かるなら何でもやる?中国人らしい発想だ(笑)。GWMの戦略は確かに功を奏しているようで、彼ら自身の声明によれば、限定特別仕様車はわずか55秒で完売したという。ちなみに、この「タンク」はドイツでは販売されていない。今のところ・・・。

Text: Jan Götze Photo: Great Wall Motor

こんな記事も読まれています

アウディ Q8、e-tron史上最長の一充電航続距離619kmを実現…オプションパッケージ発売
アウディ Q8、e-tron史上最長の一充電航続距離619kmを実現…オプションパッケージ発売
レスポンス
CAMSHOP.JP からスズキ「HAYABUSA」Tシャツが発売!
CAMSHOP.JP からスズキ「HAYABUSA」Tシャツが発売!
バイクブロス
マツダが新型クロスオーバーSUV「 CX-80」を欧州で世界初公開
マツダが新型クロスオーバーSUV「 CX-80」を欧州で世界初公開
Webモーターマガジン
ホンダ「オデッセイSUV」あった!? 車高アップ×タフデザインが超カッコイイ! 上質内装も採用した「オデッセイ “クロス”」とは
ホンダ「オデッセイSUV」あった!? 車高アップ×タフデザインが超カッコイイ! 上質内装も採用した「オデッセイ “クロス”」とは
くるまのニュース
テーマは「限定回帰」! トヨタが「ランドクルーザー 250」の2024年モデルを英国で公開
テーマは「限定回帰」! トヨタが「ランドクルーザー 250」の2024年モデルを英国で公開
バイクのニュース
新事実[ロードスターは世界一] ナンバーワンのスポーツカーである8つの理由
新事実[ロードスターは世界一] ナンバーワンのスポーツカーである8つの理由
ベストカーWeb
日本に1台のアルティマ「カンナム スパイダー」とFSWで遭遇! 超希少車でサーキットを全開走行する正当な理由とは
日本に1台のアルティマ「カンナム スパイダー」とFSWで遭遇! 超希少車でサーキットを全開走行する正当な理由とは
Auto Messe Web
マツダ全幅1.9mの「オフロードSUV」 デザインが良い! 並行輸入で約1000万円!? 「CX-50」欲しい?
マツダ全幅1.9mの「オフロードSUV」 デザインが良い! 並行輸入で約1000万円!? 「CX-50」欲しい?
くるまのニュース
日産歴代最強のSRターボ [SR20VET]搭載車は初代エクストレイルGTだった……なぜS15シルビアや初代シルフィに積まれなかった?
日産歴代最強のSRターボ [SR20VET]搭載車は初代エクストレイルGTだった……なぜS15シルビアや初代シルフィに積まれなかった?
ベストカーWeb
新店舗「レンタル819府中」が4/19オープン!
新店舗「レンタル819府中」が4/19オープン!
バイクブロス
開発テーマは原点回帰──トヨタ ランドクルーザー 250が発売|TOYOTA
開発テーマは原点回帰──トヨタ ランドクルーザー 250が発売|TOYOTA
OPENERS
自動車業界に相次ぐ不祥事……日産が約30億円不当減額!! 公取委が下請法違反で勧告
自動車業界に相次ぐ不祥事……日産が約30億円不当減額!! 公取委が下請法違反で勧告
ベストカーWeb
隣のレーンなら空きがあるのに周回できない! EVを充電したあと休憩できない! 「SA・PA」頼むから改善してくれませんポイント5つ
隣のレーンなら空きがあるのに周回できない! EVを充電したあと休憩できない! 「SA・PA」頼むから改善してくれませんポイント5つ
WEB CARTOP
5年ぶりF1中国GPが復活! FP1はストロール最速。角田裕毅12番手……スプリント開催もコース炎上の珍トラブルも発生
5年ぶりF1中国GPが復活! FP1はストロール最速。角田裕毅12番手……スプリント開催もコース炎上の珍トラブルも発生
motorsport.com 日本版
トヨタ新型「ランクル250」正式発売! 15年ぶりに全面刷新! 従来プラドから何が変わった? 角目・丸目設定で520万円から
トヨタ新型「ランクル250」正式発売! 15年ぶりに全面刷新! 従来プラドから何が変わった? 角目・丸目設定で520万円から
くるまのニュース
バイク未来総研によるリセールプライスランキングで「カワサキ・ELIMINATOR」が初の首位を獲得!
バイク未来総研によるリセールプライスランキングで「カワサキ・ELIMINATOR」が初の首位を獲得!
バイクブロス
レクサス、新型GXの国内導入の概要を発表。100台限定のローンチモデル「GX550 ”OVERTRAIL+”」の抽選注文受付を開始
レクサス、新型GXの国内導入の概要を発表。100台限定のローンチモデル「GX550 ”OVERTRAIL+”」の抽選注文受付を開始
月刊自家用車WEB
ランス・ストロールがトップ。ピアストリ、フェルスタッペン続く。角田裕毅は12番手|F1中国FP1速報
ランス・ストロールがトップ。ピアストリ、フェルスタッペン続く。角田裕毅は12番手|F1中国FP1速報
motorsport.com 日本版

みんなのコメント

31件
  • him********
    ジムニーは許されたのか?
  • 567ga Kuro
    今までも中国では韓国と並んで、ヨーロッパのブランド車メーカーのデザイナーや元社長などを高額な金額でヘッドハンティングして中国メーカーの自動車企業が迎い入れている。中国の紅旗などは、ロールスロイスからあのロールスロイスゴーストをデザインしたデザイナーをヘッドハンティング。その面影がフロントグリルの縦格子がその名残をデザイナーが居れているとまで言われている。中国は中身の良さは別として車に限らずコピペが当たり前。ブランドメーカーが製造を委託すれば、その後そっくりな偽物が部分的に少し変えて中国ブランドとして売られる。著作権もクソも無い国。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1251.01705.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

318.02830.0万円

中古車を検索
Gクラス (ハッチバック)の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1251.01705.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

318.02830.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村