現在位置: carview! > カタログ > マクラーレン > MP4-12C > みんなの質問 > メルセデス・ベンツとマクラーレンが共同で開発...

『メルセデス・ベンツとマクラーレンが共同で開発...』:マクラーレン MP4-12C

解決済みメルセデス・ベンツとマクラーレンが共同で開発したSLRマクラーレンと言う車が以前ありましたが、あれを造ってメルセデス側が値段が高すぎるといってメルセデスとマクラーレンの仲が悪くなったんですよね?

メルセデス・ベンツとマクラーレンが共同で開発したSLRマクラーレンと言う車が以前ありましたが、あれを造ってメルセデス側が値段が高すぎるといってメルセデスとマクラーレンの仲が悪くなったんですよね?その後、メルセデスがSLS AMGを造りましたが、SLRマクラーレンより速いのでしょうか?
マクラーレンが造ったMP4-12CとSLS AMGではどちらが速いのでしょうか?
最高速・サーキットどちらもお願いします。

ベストアンサーに選ばれた回答

SLS AMG GT(SLSの改良型) 320km/h

SLR・スターリング・モス(75台限定モデル) 350km/h

SLR 722 エディション 337km/h
MP4-12C 330km/h


SLSは軽量アルミシャシーですが、SLRはカーボンモノコック構造なので価格差が生じるのはムリないんです。
しかしメルセデスが値段を高すぎると主張したのも本当です。またSLRの技術的フィードバックをメルセデス側はあまり得られずに不満だったとか。

SLRはマクラーレンとメルセデスのF1でのタイアップによって生まれたクルマです。
当時のメルセデスはマクラーレンを将来的に買収するつもりだったのですが、マクラーレン側は拒否し、前述のSLRの件も絡み両者の間で段々と溝が深まりました。

こうしたことからメルセデスはマクラーレンと距離を置きはじめます。

2010年にはブラウンGP(旧ホンダF1)を買収してメルセデスGPとしてメルセデスのワークスチームとし、その後マクラーレンの株式をすべてマクラーレン側に売却しました。

かつてのメルセデスはマクラーレンのみにエンジンを供給しており、マクラーレンは実質メルセデスのワークスチームでした。
現在のマクラーレンとメルセデスの関係はF1のエンジン供与のみで、無償供与も今年でおわります。つまり単なるお客に過ぎないのです。

そしてマクラーレンとの縁が切れてAMGがエンジンだけでなく車体も設計して登場したのがSLSってわけです。

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。