マツダ MAZDA6 ワゴン のみんなの質問

回答受付終了
回答数:
9
9
閲覧数:
400
0

中古で車を買おうと思っているのですが、MAZDAのMAZDA6ワゴンとCX-8で迷っています

ステーションワゴンとSUVで比べるのはどうかとは思いますが、ガソリン、ディーゼル問いません

実際に乗っていて思う良い点悪い点を教えてほしいです

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。

回答一覧 (9件)

  • 大きさが全然違います。

    1人または2人でしか乗らないし、高い視線も不要というなら6で良いと思います。

    3人または4人乗ることがあるというなら、CX8をお勧めします。

    6またはCX8ともに中古車で十分です。新車を買うメリットはほぼありません。

    マツダ認定中古車を選ぶ意味もありません。ディーラーできちんと点検・メンテナンスしていても壊れます。ディーゼルもキチンとオイル管理していても煤が溜まってダメになります。

    毎回10キロ以上乗るならディーゼルが良いと思います。ただし煤はどうやったところで、絶対に溜まりますから4-5万キロごとにお掃除が必要になります。

  • アテンザワゴンからcx-8に乗り換え、cx-8が6年目に入りました。

    他の回答に無い物を補足程度に。
    ①まずディーゼルの中古を買うなら必ず認定中古車にしてください。
    マツダディーゼルのエンジントラブルはオイル交換の怠りが大多数です。ディーゼルはトラブル多いと騒いでいるのは、ガソリンNAと同じ感覚でオイル交換を疎かにして、町工場を使っている様な人です。
    ディーゼルは契約時にオイル交換は必ず規定通りするように何度も念を押されるくらい重要です。逆に言えばある程度距離を乗ってオイル交換をしっかりしていれば問題ありません。
    認定中古車ならオイル交換の記録までしっかり残っています。

    ②6ワゴンより8は車間詰められやすいです。
    単純な話ですが、6ワゴンは見た目的にも速そう、8は鈍そう。
    特に8は車体が大きいので後方の車から前が見えません。前が詰まっていても、先頭をタラタラ走っていると思われます。カーブなので前が詰まっていることがわかると急に離れていきますが。

    ③維持費高いです。特にディーゼルの8。
    重量税が高いので2年毎の車検で10万超え、更にタイヤも2年毎に交換になります。それもまた10万超え。2年毎に30万は掛かります。
    優雅に乗るなら燃費もそこそこいきますが、ある程度乱暴に乗るとリッター12程度です。
    自分は距離を乗るので、週1万、月4万以上の燃料代です。

  • 以前初期型(2012年)アテンザに乗っていて、現在2019年式CX8(7人乗り)を所有しています。
    両方ともディーゼル車なので私の主観になりますが、同型のエンジンでも出力の出方は違いますが両方ともストレスなく走ってくれます。特に高速道路の上り坂はほとんどキックダウンする事なくアクセル踏んだら加速してくれます。これも年次改良で出力が上がってきています。私のは190馬力ですが2020年式から200馬力に上がってたかと思います。
    燃費はアテンザが街乗り3郊外7位の割合で15〜17/ℓで、CX8は同じ位の割合で14〜16/ℓ位走ります。
    乗り心地はアテンザの方は初期型というのもあり硬い印象ですが、この辺は年次改良で改善している様です。昔のマツダ車みたいなクイック感は無いですが素直に曲がる印象です。一方CX8はゆったり走る、ゆったり曲がる印象です。
    車高が低い分峠道等カーブが多い道ではアテンザの方が安定しています。一方で高速道路等の長距離はCX8の方が車高が高いのもあり疲れにくいです。
    エンジンの静粛性はあまり変わらないです。走行時のノイズはCX8の方が静かですが、アテンザも年次改良しているのでMAZDA6なら気になる程のうるささは無いのかなと思います。
    内装はデザインや質感も両方共に良いと思います。
    装備で唯一気になるのはマツコネです。具体的に気になるのは、アテンザはマツダ6にモデル変更するちょっと前に7インチから8インチに変わっていてその後同じシステムが入っています。一方CX8は2019年の年次変更で7インチから8インチになっていて2020年の年次改良で新型のマツコネ10、25インチに変更しています。
    この違いが大きく、2019年式から2020年式で画面が大きくなったのもですが、動作がアナログからデジタルに変わった位の違いで、作動等全然違います。
    荷室はアテンザもCX8(2列まで使用時)も広さは変わらない感じですが、車高が高い分CX8の方が乗ると思います。但しセカンドシートを倒した状態で寝たりするとCX8はセカンドシートとサードシートとの間に隙間が出来るので、そこに何か詰めて寝ることになります。一方MAZDA6はそのまま寝れます。
    両車に乗っていての私自身の結果ですが、今購入するとしたら2020年以降のCX8を選ぶと思います。

  • cx-8乗りです。
    まず、勝手な印象として下記のイメージです。
    ・cx-8は子供がいるファミリー。
    ・6は年齢的に落ち着いた夫婦。
    cx-8乗っていると、6が気になります。あの流線美は大変綺麗だと思います。
    外観の前も後ろも6がバランスが良いと思います。
    ただ、他社製も含めて総合力でcx-8を上回る車がないし満足だから乗り続けてます。
    (私は車を買う時、機能や性能を全て項目を上げ自分なりに優先順位や点を付けているのですが、その総合力が高いということです。)

  • Mazda6ワゴン XD Lパッケージ(FF)のオーナーです。
    主観ですがいい点悪い点を書き出してみます。

    いい点
    ・スタイリング
    →クリーンなクーペ風のスタイリングで流麗です。GJ型の登場から10年が経過しましたが、デザインが陳腐化したと感じません。さらにシンプルなデザインの最近のマツダ車には負けますが全然勝負できると思います。内装の質感も上々です。

    ・ディーゼルエンジンのトルク、燃費
    →エンジンからダルさは感じません。官能性でガソリン車と比較はできませんが、分厚いトルクは楽です(CX8も同様)。煤対策も進んでいるようで、190馬力化以降のディーゼルでは煤詰まりに関するトラブルは聞かないとディーラーのセールスの方から聞きました。
    市街地、郊外で4:6位の使用感ですが、燃費は15~17km/ℓです。

    ・サイズなりの広さ
    →セダン比でホイールベースが短いですが、後席の広さは十分です。ラゲッジも500リットルを超える為、シート倒さずに軽自動車用のタイヤなら8本積めました。

    悪い点
    ・ゆったりしたハンドリング
    →完全に好みとなりますが、アルファロメオや昔のマツダ車のような初期応答の敏感な感じではありません。ディーゼルの重さも相まってハンドリングはダルいと感じています。カーブを楽しむ、という車ではありません。

    ・マツコネ
    →様々批判はありますが、個人的にはBluetoothで音楽聞く際にマツコネ側でエラーがしばしば出てスマホを再起動させられる事、カメラの画質の悪さによる雨天時の見難さが不満です。

    ・今後の煤詰まりの心配
    →改良されているとはいえ、今後の為にチョイノリを繰り返さないなど気を使う必要があると考えています(不要かもしれませんが)

  • 両方所有しています。
    CX8の方が荷物は積めます。
    SUVにしては走りも良い。サスはフワフワで乗り心地も良く静か。室内空間は似たサイズなのに8の方がゆとりを感じる。
    6は走って楽しいが少し煩い、狭く感じる、振動も多い。長距離だとお尻痛い。乗り心地なら8,
    同じようなサイズだが6の方がコンパクトに感じて取り回し易いので100kmくらいで荷物多くなくスポーティに走りたいなら6を使い、イージードライブで楽に行きたいなら8でしょう。
    どっちか1台残すなら?
    ドライブ楽しい6ですね。8は少しダルいかな、デカいし長距離向きだし。

  • 人を乗せるなら3列シートがあるCX8ですが、積載性や車中泊を求めるならMAZDA6です。5人乗車時でも500L以上のラゲッジスペースがあります。後席を倒すと少し斜めになりますが段差がなくマットを敷くとしっかり足を伸ばして寝れます。
    CX8は仕様によりシートアレンジが変わります。シートを倒して広大な荷室を求めるなら7人乗りベンチシート仕様です。6人乗りや6人乗りベンチレーション付きレザーシート、センターコンソールのある仕様は2列目中央がどうしても空間ができたり、コンソールが邪魔になります。
    CX8は、ファミリーユース向けですからそうでないなら、SUVも視野に入れてるならCX5や30、3がいいかと思います。

  • ディーゼルのCX-5、CX-8と乗り継いできました。
    現在CX-8を所有しているので、その目線から回答いたします。

    MAZDA6などと比べるとやはり全長が長い点は注意が必要です。
    鼻の長さは思っているほどではありません。CX-5と同等課それより短い印象を受けるくらいです。
    ただ、おしりはCX-5以上にありますので、内輪差含めやはり大きい車だなと感じるところはあります。

    ディーゼルエンジンは流石の一言で、静粛性に関してはぴかいちです。
    トルクもあり、長距離・山道などでは楽ですね。短距離走行が多いと平均燃費がめちゃくちゃ下がってしまう、煤が溜まってしまうなど問題点には注意ですね。

    内装の高級感もCX-5に比べてぐっとレベルアップします。
    CX-5はLパッケージ(2017)、CX-8はブラックトーンエディション(2020)ですが、この価格でLパッケージと同等かそれ以上に感じる部分もあったりと満足度は高いかと。
    MAZDA6と比べると雲泥の差を感じてしまうかもしれないですね。

    CX-8はなによりも実用性の高い3列シートですね。使い勝手も考慮し、キャプテンシートにしましたが不満はないですね。強いて言えば、3列シート時にはベビーカーなどもラゲッジスペースに積むのは難しいくらいのスペースしかないってのが玉に瑕だったりもします。

    また、塗装色にしてもマツダレッドをお好きだとあまりCX-8は向いていないかもしれないですね。個人的になものでもありますが、ずんぐりむっくり感を感じ、CX-5のときのようなかっこよさは幾ぶんか落ちる印象です。
    とくに後ろからの見た目が、、、
    ホワイトやグレー系がいいかなってのでポリメタリックグレーに私はしました。
    引き締まった色で目立つ色ではありませんが、上品な落ち着きあるカラーです。

    ご参考になれば幸いです。

  • 個人的には、6。
    SUVは見飽きたし。
    6なら妙な色気があって好きです。
    スピードメーターが真ん中ドーンでなければ即候補です。

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の
「自動車」カテゴリとデータを共有しています。

あわせて知りたい

マツダ MAZDA6 ワゴン 新型・現行モデル

査定を依頼する

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離

※ 掲載しているすべての情報について保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格のため、掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。詳細は、メーカーまたは取扱販売店にてお問い合わせください。

ログイン

中古車探しをもっと便利に

  • 中古車お気に入り管理
  • おすすめ中古車の表示

マツダ MAZDA6 ワゴンのみんなの質問ランキング

あなたにおすすめのサービス

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離