現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 「注目モデル試乗」絶妙なバランス感覚。マツダの見識が結実したスタイリッシュなMAZDA6ワゴン

ここから本文です

「注目モデル試乗」絶妙なバランス感覚。マツダの見識が結実したスタイリッシュなMAZDA6ワゴン

掲載 更新 106
「注目モデル試乗」絶妙なバランス感覚。マツダの見識が結実したスタイリッシュなMAZDA6ワゴン

いまなお美しいスタイリング。積極的な年次改良で高い完成度をキープ

 アテンザ、改め6と「世界統一名称」となったのは2019年8月。ネーミングは変更されたが、クルマの基本は不変。2012年以来、マツダのフラッグシップとして君臨する。
 モデルライフは8年目に突入した。そろそろフルモデルチェンジしてもおかしくないタイミングを迎えている。次期型は直6ユニット縦置きFRプラットフォームへの大転換が予定されている、と聞く。全面刷新にはもう少々時間が必要のようだ。

「注目モデル試乗」スカイアクティブXエンジン+CX-30=マツダ車最良、という評判は本当か!?

 試乗車はXD・Lパッケージの4WD。国産車離れした伸びやかでダイナミックなスタイリングは、いまなお美しい。インテリアは最新仕様。欧州車イメージの年次改良で完成度を高めた結果だ。コクピット回りのデザイン改良は2018年に実施。安全装備や運転支援も充実し、フラッグシップモデルらしさが存分に味わえる。

 走りの質は「6」を名乗るにあたって、いっそう高まった。ドライビングの安心感と楽しさは、マツダ車の生命線である。フロア回りとステアリングを改良することで、「自然に楽しく、そして違和感なくドライビングできる」という理想の操縦性を目指した。身のこなしは優秀。全グレードにGベクタリングコントロールプラスを標準装備。路面状態を選ばない安定感ある走りは魅力的だ。

乗り込んだ瞬間、高級車を実感。静粛性とスムーズさは特筆レベル

 パワートレーンはガソリン、ディーゼルともに最新版を搭載。なかでもワゴンに似合うのは2.2リッターディーゼル。出力、トルクは190ps/450Nmとパワフルそのもの。さらに急速多段燃焼という最新技術を採用し、実用燃費はハイレベルだ。
 乗り込んだ瞬間、高級車の雰囲気を感じた。ドアを閉めるとバスッと空気を吐き出すように雑音が抜けて、車内がさっと静かになる。

 エンジンを掛けると、確かにディーゼル特有の音は聞こえてくる。だが、気にならないレベル。そのままゆっくりと走り出すと、アクセル反応の滑らかさや、パワートレーン振動の少なさ、微舵からのクリアなステアフィールなど、他のマツダ車とは一線を画するスムーズさに好感を抱いた。
 通常速度域の静粛性は特筆レベル。かすかにディーゼルサウンドが聞こえてくるものの、心地いいクルージングが楽しめる。
 加速フィールは滑らか。正直なところ、ディーゼルターボらしいパンチには、やや欠ける。しかし、気持ちよく回るという「ディーゼルらしくない」感覚は、ガソリンエンジンに慣れたユーザーにこそお勧めしたい。
 乗るほどに絶妙なバランスを実感する実力派。6はマツダの見識が凝縮している。

こんな記事も読まれています

ブリッツの「テレビナビジャンパー」にレクサスやクラウンなど4車種の適合が追加
ブリッツの「テレビナビジャンパー」にレクサスやクラウンなど4車種の適合が追加
レスポンス
まもなく発売!? 日本で初登場の“オフロードも得意なプレミアムSUV”レクサス新型「GX」ってどんなクルマ?
まもなく発売!? 日本で初登場の“オフロードも得意なプレミアムSUV”レクサス新型「GX」ってどんなクルマ?
VAGUE
ホンダが新型「最上級SUV」公開! 大排気量V6&全長5mボディ採用! 顔面刷新で“精悍顔”に進化した「MDX」米に登場
ホンダが新型「最上級SUV」公開! 大排気量V6&全長5mボディ採用! 顔面刷新で“精悍顔”に進化した「MDX」米に登場
くるまのニュース
未来のモビリティ、2050年の東京を見る!…SusHi Tech Tokyo 2024 4月27日からショーケース
未来のモビリティ、2050年の東京を見る!…SusHi Tech Tokyo 2024 4月27日からショーケース
レスポンス
キジマからハーレー X350用カスタムパーツ3アイテムが発売!
キジマからハーレー X350用カスタムパーツ3アイテムが発売!
バイクブロス
都会も山もイケちゃいます! 今が旬のRAV4は買いか? PHEVも搭載して文句なしの仕上がり
都会も山もイケちゃいます! 今が旬のRAV4は買いか? PHEVも搭載して文句なしの仕上がり
ベストカーWeb
クラウンシリーズ最後に登場のエステート! 「クラウンにワゴン?」なんて思ったらじつは伝統あるモデルだった
クラウンシリーズ最後に登場のエステート! 「クラウンにワゴン?」なんて思ったらじつは伝統あるモデルだった
WEB CARTOP
マクラーレンの日本7店舗目となる正規販売拠点、「マクラーレン横浜」がみなとみらいエリアにオープン!
マクラーレンの日本7店舗目となる正規販売拠点、「マクラーレン横浜」がみなとみらいエリアにオープン!
LE VOLANT CARSMEET WEB
中上貴晶、1周目に他者との接触で転倒「日曜日は最大限のパフォーマンスを発揮したい」/第3戦アメリカズGP スプリント
中上貴晶、1周目に他者との接触で転倒「日曜日は最大限のパフォーマンスを発揮したい」/第3戦アメリカズGP スプリント
AUTOSPORT web
すれ違ったバスの「ナンバープレートの位置」が明らかにヘンだったのですが… 実は増えてる その正体とは?
すれ違ったバスの「ナンバープレートの位置」が明らかにヘンだったのですが… 実は増えてる その正体とは?
乗りものニュース
VW ゴルフ が表情チェンジ…改良新型の生産開始
VW ゴルフ が表情チェンジ…改良新型の生産開始
レスポンス
かなり納車時期が早まった原付二種!人気の「カブシリーズ」も早めにゲットできる?
かなり納車時期が早まった原付二種!人気の「カブシリーズ」も早めにゲットできる?
バイクのニュース
目指すべきは3社均等な供給台数。ブリヂストン圧倒的マジョリティのGT500タイヤ戦争にスーパーGT坂東代表が見解「自動車メーカーとも話をしながら」
目指すべきは3社均等な供給台数。ブリヂストン圧倒的マジョリティのGT500タイヤ戦争にスーパーGT坂東代表が見解「自動車メーカーとも話をしながら」
motorsport.com 日本版
スコイコのデニム素材×防水ライディングシューズ「MT068WP-2」が新発売!
スコイコのデニム素材×防水ライディングシューズ「MT068WP-2」が新発売!
バイクブロス
アクア シエンタ CX-5 レガシィ でてくる前はけっこう心配されてたってマジか 前評判を覆したクルマたち
アクア シエンタ CX-5 レガシィ でてくる前はけっこう心配されてたってマジか 前評判を覆したクルマたち
ベストカーWeb
一周回ってカッコいい!? 三菱「ミラージュディンゴ」はコンパクトなボディサイズをもった実は便利なトールワゴンでした
一周回ってカッコいい!? 三菱「ミラージュディンゴ」はコンパクトなボディサイズをもった実は便利なトールワゴンでした
Auto Messe Web
VWも改めてエンジン車販売に注力、「今後10年はエンジン車も必要」 一方で次期型「ゴルフ9」はEV専用モデルに
VWも改めてエンジン車販売に注力、「今後10年はエンジン車も必要」 一方で次期型「ゴルフ9」はEV専用モデルに
日刊自動車新聞
タクシー業界が支配する日本版ライドシェア! 利用者のメリットよりも「業界を守る意識」が見え隠れするその中身とは
タクシー業界が支配する日本版ライドシェア! 利用者のメリットよりも「業界を守る意識」が見え隠れするその中身とは
WEB CARTOP

みんなのコメント

106件
  • サイドまで顔が回り込んでいるので、実際の車格よりよほど大きなクルマに感じさせるんだよなあ。
    押し出しも強いし、ダーク系の色だと完全にエグゼクティブクラス。
    6気筒が高額になっちゃうとしたら、これはかろうじて手の届くフラッグシップクラスになる。
    完成度も高いし、買いなんだよなー。
  • 欲しいなぁ。MT買うっていったら奥さんなんて言うかなぁ..
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

296.2466.3万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

111.8428.0万円

中古車を検索
MAZDA6 ワゴンの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

296.2466.3万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

111.8428.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村