現在位置: > > > > > この前ヤフーニュースに自動車評論家が、ホンダの...

『この前ヤフーニュースに自動車評論家が、ホンダの...』:ホンダ レジェンド

解決済みこの前ヤフーニュースに自動車評論家が、ホンダのレジェンドはなぜ売れないかと言う記事を投稿していたが、答えは簡単、レクサスは自動車免許を持たない人でも知っているが、

この前ヤフーニュースに自動車評論家が、ホンダのレジェンドはなぜ売れないかと言う記事を投稿していたが、答えは簡単、レクサスは自動車免許を持たない人でも知っているが、レジェンドは免許を持っている人でも知らない。知名度の差が全然違う。評論家はレジェンドとレクサスののエンジンや乗り味がどうのこうのと書いていたが、自動車を買う人は富裕層を除いては、値段がいくらするかをまず考える。レジェンドとレクサスのエンジンの構造の違いなど、誰が気にするのでしょうか?

ベストアンサーに選ばれた回答

一理あります。

エンジンどうこう以前にエクステリアが不細工。
内装に至っては20年前かっていうデザイン。

個人的には、ホンダのディーラーで車両価格だけで700万超えの買い物する気になれませんね。そういう買い物をさせるための雰囲気作りが皆無です。

700万出すんならそれこそクラウン、レクサスES、5シリーズ、Eクラスと、より取り見取りです。

レジェンドは価格に見合ったブランド力も、内外装も、店舗もスタッフも持ち合わせていません。

よって買う価値ゼロです。

回答一覧

5件中1~5件を表示

  • その評論家はなんにも知らないただのメーカーお抱えの評論家ですから云っていることはあてになりません。

    そもそもお金持ちはレクサスもレジェンドも買いません。ベンツやBMWを選びます。

    それにホンダのイメージが大衆車のイメージ、レクサスは高級車のイメージですからそんなところにも影響が出るのだと思いますよ

  • まぁ~ねぇ~・・・
    貴方が、切り取った部分は、「確かに・・」と、言う部分もあります。

    別角度で、切り取ると、ホンダブランドが、軽自動車のイメージが強く、
    レジェンドクラスの高級車に、似付かわしくないと云ううか、
    フィットから始まる、普通車の人気は、どれをとってもイマイチ。

    此処半世紀(50年)の歴史から見ても、
    ホンダは4業界に参入が・・最後のメーカーで、元々が・・・
    「かなり背伸びをして車を造ってきた」
    その頃からの、ホンダが此処までのし上がってきた歴史を・・
    ずっと・見てきてる世代は、ホンダのイメージって、
    <エンジン>も、<車体>も、<塗装>も、<足回り>も、
    ******************耐久性は、ワンクラス下と思って居ますよ。

    その年代が、もしも高級車買うなら・・と成った時に、
    ホンダを選択肢に入れる可能性は、極めて低い。




    *************************************************



    話は変わるが、其れよりも今「ホンダが直面」してるのは、
    業界再編の目玉に成ってると云うう事なんだけどね。




    ♠:日産など3社+ホンダで「非トヨタ連合」結成? 自動車業界再編か ...
    › 週刊朝日 › 経済総合
    2019/03/02 - カルロス・ゴーン前会長を“追放”した日産自動車。仏ルノーとの関係や北米事業の不振など、先行き不透明な課題が多く、ルノー・三菱自動車との3社連合は「弱者連合」になる恐れがある。業績悪化のホンダも加わり、4社による「非トヨタ連合」 ...
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


    ♠:もしホンダと日産が統合したら?22指標で検証する「トヨタ包囲網 ...
    ビジネス › 自動車の最終決断 トヨタ、ホンダ、日産
    2019/11/08 - 特集「トヨタ、ホンダ、日産 自動車の最終決断」(全9回)の第7回は、部品統合でお膳立てが整ったかのように見える「 ... 今回のように、ホンダや日産が系列グループではやるべきではないと判断した事業・ビジネスについては、一層の効率化と ... 八郷隆弘・ホンダ社長は、日産との統合の可能性について、「これまで自動車業界の歴史の中で、対等合併が成立した ... トヨタ「最後の聖戦」、国内販売チャネル大再編の衝撃.
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



    【業界研究:自動車メーカー】トヨタ・ホンダ・日産の違い...
    https://www.onecareer.jp/articles/873
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    日本の輸出額の15%以上を占める自動車産業
    自動車産業は最も日本経済に影響力がある産業であるといえます。

    というのも、日本の輸出商品は1995年度から24年連続で自動車がNo.1であり、2018年は総額が約12兆3,072億円で総輸出額の15.1%を自動車が占めているためです(※1)。実際に、トヨタの内定者も「『TOYOTA』といえば世界中の誰もが分かる。そんな会社は日本に少ないと思う」と影響力の大きさを語っています(選考対策ページより)。日本経済を支えるという誇りをもつことができる点が自動車産業で働く主な魅力の一つといえるでしょう。

    (※1)出典:財務省貿易統計「対世界主要輸出品の推移(年ベース)」

    売上高も営業利益も額ではトヨタの一人勝ちといった状況で、国内売上で2位のホンダに約14.3兆円の大差をつけて1位となっています。世界的にも販売台数は上位を維持し、2018年の販売台数は1位のフォルクスワーゲン、2位のルノー・日産・三菱自動車連合に次いで第3位で1,000万台を超えています(※2)。売上規模の大きさはトヨタが28カ国/地域に51の海外拠点を持つため世界中に販売拠点を有し、170カ国/地域以上で販売されていることが理由として考えられます(※3)。日産やホンダに比べて利益率が高いのも興味深い点です。

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  • そもそも会社自体に差がありすぎるから普通の人はわざわざホンダを選ぶ訳がない。

  • レジェンドが売れようが売れようが売れまいが知ったこっちゃないが、レクサスと比較するのはおかしい。
    レジェンドは、ホンダの一車種でしかないのに、レクサスはトヨタのブランドです。
    なので、レクサスの一車種を比較対照に挙げないとね。
    そうなると、ほとんどの人がピンとこないのでは?

  • L S」の事を言っている?のかな
    d( ̄  ̄)
    なぜ?セルシオ」ではいけなかった?のか

    なぜ?レクサス」を投入する必要があったのか?
    正に☆それです

    日本人は…
    物」より<名」で買う?からね
    d( ̄  ̄)
    トヨタでは→ベンツには☆勝てないのよ

    セルシオでは→ Sクラス」に負けてしまう
    だから…
    当時、北米にあったレクサスを→国内投入したのよ

    ベンツ価格の車を売るためにね

    レジェンドは→アキュラ導入を諦めた時点で&切り捨てられた?と同じなんですよ
    シーマも☆同じ

    高額=外車→北米レクサス
    その名前が必要☆なのよ

    ベースが同じ車が…
    トヨタとレクサスでは→大きな価格差があります
    d( ̄  ̄)
    ですが…売れていますよね?

    それが☆外車効果(レクサスなんですよ

    ホンダ」じゃ→売れません
    アキュラ」なら→売れている事でしょう
    インフィニティ」も…また

    トヨタは宣伝がうまい」
    d( ̄  ̄)
    その通り☆です

5件中1~5件を表示

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。

ダイハツ ロッキ― 新自由SUVだからこそ広がる世界がある

pitte

マイカー登録はこちら

オールシーズンタイヤ 3選で雪道を走ってみた

ニュース・新車・中古価格をメーカー毎にまとめてチェック!!

新型ヤリスとRAV4 北海道の冬にはトヨタのハイブリッド 4WDがある!

車検予約・料金比較は、カービュークリア車検

プレミアムコンパクトかくあるべし。新型Audi A1 Sportbackの全方位進化に驚いた

愛車の買取相場知るなら買取カービュー

中古車ホンダ レジェンドアクセスランキング
  1. 1位 ハイブリッドEX
    ハイブリッドEX
    6,000,000円(東京)
  2. 2位
    3.5 4WD
    490,000円(埼玉)
  3. 3位
    3.5 4WD
    6,290,000円(愛知)
  4. 4位
    3.5 4WD
    5,188,000円(愛知)
  5. 5位
    3.5 4WD
    5,998,000円(埼玉)

※2020年2月26日現在(毎日更新)

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)