ホンダ レジェンド のみんなの質問

解決済み
回答数:
24
24
閲覧数:
827
0

国産メーカーの中でホンダとダイハツのデザインは酷すぎると思います。

次期NSXはプラスチックの様な質感で、バンパーの変な尖った装飾は何の意味があるのかわかりません。
Aピラーからフロ

ントまでの短さもかっこ悪過ぎます。

S660のリアのキャラクターラインは、如何にも「こういうのを付ければスポーツカーっぽい」「何か速そうに見える」という感じで安易にデザインをしたとしか思えません。

二車種ともミニバンメーカーと化したホンダが作ったクルマですし、買う人の感性が理解できません。

アコードやレジェンドなどは、同価格帯で十分欧州車が買えますし、何でわざわざミニバンメーカーのセダンを買うのか理解に苦しみます。

三菱のプラウディアの様にホンダグループの人が買うならまだわかりますが、関係のない人がセダンを選ぶ際に、何故購入の候補にあがるのでしょうか。

ホンダのクルマを支持する方にお聞きしたいのですが、国内の他のメーカーや欧州メーカーより、ホンダのデザインの何処が優れているのか伺いたいです。

私はホンダの昭和ちっくなデザインが大っ嫌いです。

補足

ホンダのデザインを絶賛していらっしゃる方にお聴きしたいのですが、ホンダのデザインの何処が他メーカーよりも優れているのでしょうか。 一例を挙げれば、現行のアウディA4のデザインはフロントからサイドを通り、リアまで迷いのないはっきりとしたキャラクターラインが施され、そのキャラクターラインが更にトランクの繋ぎ目にまで繋がっています。 BMWの3シリーズも同じ様なデザイン処理が為されています。 デザインに賛否や酷評もされていますが、現行トヨタクラウンも、リアのキャラクターラインがはっきりと付けられ、ライト周りも複雑な処理がされており、デザインにおいて最低守らなければならかい部分が施されています。 時期ホンダNSXのリアの2段目のキャラクターラインなどは付いているのか、何処に向かって消えているのかはっきりとしていません。 光源の当たり具合に寄っては殆ど目立たない可能性もあります。 現行ホンダフィットやS660、ベゼルやクラリティのキャラクターラインも何を表現しているものなのか全くデザインの意図がわかりません。 とりあえず何か付けておけばカッコいいだろうという安易な考えでデザインがされたと思われても仕方ないと思います。

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。

ベストアンサーに選ばれた回答

日本では、
7シーターSUV(LX・QX60・QX80・MDX)より、ミニバン


ホンダは、アキュラブランドを日本に投入しない代わりに車は投入している印象を受けます。
フロントグリルは、アキュラのデザインを踏襲している感じがします。
軽スポーツのキャラクターラインは、ロータスや4Cに寄せようとしたのでしょう。結果、薄い印象を与えますが、

http://www.acura.com/#~pG2gfSUoNiURwq

その他の回答 (23件)

  • あまりに 長くて何を言ってのか分からない
    まあ スタイルなんて人に寄って好き嫌いはさまざまだから
    仕方ない 私はミニバン嫌い 中身は広くて使い勝手があるんでしょうが とにかくカッコが嫌い
    本当 日本の風景をミニバンが台無しにしていると
    思う あんなものこれ以上増えたら ぞっとする
    もっと オシャレな顔つきならまだ許せるけど
    ちなみに私は昭和のホンダの顔好きですけどね
    今の糞みたいな顔つきに比べたら 絶対良いと思うけど。

  • そもそもブランドで区切ってデザイン語る
    こと自体に違和感がありますね。
    車それぞれデザインは違うのだから、
    ホンダがダイハツがって言ってる人は
    はなから先入観まみれで見ているとしか
    思えません。
    ここのラインがこうだからこのデザインは良いってそんな話じゃなくて、車降りた後とか乗り込む時とかガラスに映った時とかふと自分の車を見た時に満足出来るのが良いデザインだと思いますよ。

  • あなたがデザインをどう思おうと自由だと思いますけれども、あまりにも批判的で、デザインの意図とか、どこが良いのか知りたいとか、そういうのは無しにしてもらえないでしょうか?
    デザインだって、ひとりに任せているわけでもなく、多くのデザイナーが関わり、採用される案も、却下されるデザインもあるはずです。
    あなたが単に人と違う感性で、デザインの悪さを主張したくてしようがないのなら、我慢して下さい。
    あなたがデザイナーで自分のデザインが却下された、腹いせでやっているとも限りません。また、あえてホンダを批判するふりをして、自分が気付けない良いところを探ろうとしているとも考えられます。そういうのズルイです。
    きっと、何この妄想?と反論したくなるでしょう。あなたの質問もそういうものと思われていますよ。

  • 私もybrgg550?と同じ意見です。
    ホンダのデザイン優れていると思います。

    車種で言えば、
    昔・NSX-R、インサイト、アコードワゴンなどなど。
    でも、全体的にカッコいいと思います。
    今・ステップワゴンやシビック、アコードなどですね。
    これも、全体的にカッコいいと思います。

  • ×:国産メーカーの中でホンダとダイハツのデザインは酷すぎると思います。

    〇:国産メーカーはデザイン酷すぎると思います。


    日本は米国との戦争に敗れ、国家の経済と成長が著しく停滞し、
    諸外国から遅れをとることになりました。
    なにしろ、米軍のB-29型爆撃機、
    通称スーパーフォートレスが昼夜問わず何百機も飛来し、
    爆弾や焼夷弾を何千、何億発も投下していくのです。
    スーパーフォートレスを撃墜するにも、我が方の戦闘機や
    地上からの機関砲の弾は届きません。
    それほどまでに非常に高度な技術をもって天高く飛んでいたのです。
    ろくすぽ自分たちの弾も当たらず、撃墜もできずに、
    自分たちの故郷、生まれ育った街を破壊の限りを尽くされ、
    大切な人をたった一人も守れずに敗れていった者の気持ちは、
    どんなものだったのでしょうか。

    荒地で再出発を強いられた国民の一人に本田宗一郎氏はいたのです。
    軍が解体され、使われなくなったラジオの発動機などが
    大量に捨てられていたのをヒントに自転車に発電機をつけて、
    長距離の移動をできるようにしたものを作ったのが、
    本田技研の始まりです。
    その後、ドリーム号なるバイクを発売し、
    マン島TTレースを視察に訪れるのです。
    そこで目の当たりにした諸外国のバイクの速度は
    とんでもないもので、ホンダが誇るドリーム号の
    最高速度の3倍以上で走っていたのです。
    これでは勝ち目はない。
    諸外国との技術の差を思い知らされたのです。

    しかし、スーパーカブは日本国内で大ヒット。
    米国でも売れれば、市場を開拓できると米国法人のホンダを
    設立しました。もちろん日本人のつくったバイクなんか売れません。

    国内では、無用な競争を防止するために、
    新規に自動車業界に参入することを許可しない法案を
    考えていました。
    これに本田宗一郎氏は激怒し、
    「おまえたちのようなボンクラがいるから日本は
    発展しないんだ!」と法案を辞めるよう、
    役所の役人に猛抗議をした上、法案が通る前に先に車を発売し、
    4輪車の製造・販売実績さえあれば法案が可決されても
    問題ないと考え、軽トラックのT360、スポーツカーの
    スポーツ360を東京モーターショウで発表したのです。
    1960年代のお話です。

    一方、米国ではすでにシボレーのインパラ、カマロ、
    それにコルベットが存在していました。
    コルベットといえばシボレー頂点のスポーツカーです。
    もちろんフォードはマスタングも持っていました。
    ACカーズは、シェルビー・コブラも造っています。
    そうです。
    米国では見る者の心理的影響も考慮して、その外見は
    美しい曲面を多用した、いわゆるカースタイリングを
    行っていたのです。

    一方、ホンダも投げやりにやっていたわけではなく、
    それはそれは大変な大変な努力を重ねて、
    やっとカタチにしたのがT360とスポーツ360です。

    戦争に勝った国のシボレー・コルベットと、
    戦争に負けた国のホンダのスポーツ360じゃあ、
    スピードもそうだけどボディの大きさもまるで違う。
    「ジャップの車は小さくてすぐ壊れる」これが
    当時の米国人の認識なのです。
    ジャップというのは私たち日本人を侮辱した言葉です。
    日本人はゴミでクズ。ウジムシ以下であるという意味です。
    馬鹿にされているのにそれでも頑張って米国人に車を売っていこう、買ってもらおうと必死に米国で営業活動を続けてきたホンダ、
    それに日産、トヨタもまったくすごいことをやっていたのです。
    まぁ、それにはやはり米国は自動車産業最大のマーケットが
    あるからに他なりません。
    米国で成功すれば世界を制することさえもできるからです。

    でも、米国のハイウェイを満足に走れる車なんか、当時の
    日本車には1車種もありませんでした。
    とても残念で悔しいことです。

    しかし、米国の車と日本車を比べると、日本車というのは、
    デザインもそうだけど、全体的に米国の10年遅れの
    技術だったのです。
    遅れているということは、追いつかないといけないわけですが、
    追いつくには「参考にする」しかありません。

    そこで海外の車を徹底的に調査、分析をしたのです。
    メルセデス・ベンツ、BMW、ポルシェ、ジャガーなど、
    あらゆる外車を研究しました。
    その成果が、1980年代に入ってようやく実になりだしたのです。
    それでも10年遅れです。

    デザインも参考にするしかありません。
    参考は参考ですから、ありがたくそのデザイン手法を参考し、
    独自の解釈をもって市販化を目指したのです。
    だから日本車は海外の車のデザインに
    似たり寄ったりのデザインなのです。

    それでも2000年代になって、
    ミニバンや軽自動車が売れるようになると、
    海外にはミニバンや軽自動車なんてありませんので、
    独自のデザインをするようになりました。
    デザインのことだけを言えば、ミニバンや軽自動車に関しては
    世界トップレベルにあります。
    でも、スポーツカーやセダンについては、
    やっぱり海外のほうが先へ進んでしまっているのです。

    そこで今、新型のNSXの線が中途半端だなんだと叩いたところで
    はじめから終わっていることに気づかされます。
    そういえば、イタリアのランボルギーニ・ウラカンと
    新型NSXを側面から見てみると、新型NSXの残念さが
    浮彫となり、なにが10年遅れで何を参考にしているのか、
    百聞は一見にしかずな状況になるんだと思います。

  • デザインの好みは人それぞれですよ。

    ホンダは自動車メーカーの中で一番かっこいいと思います。

    トヨタのデザインのほうがひどいです。
    ダイハツもひどいです。

  • 自分は国産車の中で、ホンダとダイハツのデザインは良い方の部類に入ると思っています。トヨタとかのほうが酷いです。

    ていうか、最近の車は無駄にゴテゴテし過ぎなんですよね。もっとシンプルで良いのに…とよく思います。

  • 乗ればわかりますよ。

  • 好き嫌いは個人の感性ですから嫌いなら嫌いでいいじゃない。
    あえて口に出す必要もないのでは?
    もっと大人になろうよ、ガキじゃないんだし(笑)
    あ、それともガキなのかな?

  • >理解に苦しみます。
    ↑だから答が出ているでしょう。


    あなたにはホンダ車は難しいのです。

    あなたの思考ではホンダ車を理解出来ないのです・・・。

    既に数十年も昔からですが、
    ホンダ車を選ぶ方は世界中に大勢おられますし、

    理解が不可能な思考の人にどう説明しようが
    良さを感じとれないのですからどうしようもありません。

1 2 3
「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の
「自動車」カテゴリとデータを共有しています。

あわせて知りたい

ホンダ レジェンド 新型・現行モデル

査定を依頼する

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離

※ 掲載しているすべての情報について保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格のため、掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。詳細は、メーカーまたは取扱販売店にてお問い合わせください。

ログイン

中古車探しをもっと便利に

  • 中古車お気に入り管理
  • おすすめ中古車の表示

ホンダ レジェンドのみんなの質問ランキング

あなたにおすすめのサービス

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離