現在位置: carview! > カタログ > フィアット > ティーポ > 口コミ・評価一覧 > こらはフィアット社の傑作だと言い切る! 機能...

カタログ情報は「カーセンサー.net」から情報提供を受けています。

『こらはフィアット社の傑作だと言い切る! 機能性と運転する楽しさを高次元で両立させた イタリアの優れた実用車 ずんぐりしたボデイは決して軽くはな』の口コミ

  • こらはフィアット社の傑作だと言い切る! 機能性と運転する楽しさを高次元で両立させた イタリアの優れた実用車 ずんぐりしたボデイは決して軽くはな

    総合評価: 2.0

    投稿日:2011年8月19日

    投稿者:ムッシュ・ベーロ さん

    乗車形式:マイカー

    メーカー・モデル:フィアット ティーポ
    グレード:2.0 16v LHD 5MT (1992年式)

    総評
    こらはフィアット社の傑作だと言い切る!
    機能性と運転する楽しさを高次元で両立させた イタリアの優れた実用車

    ずんぐりしたボデイは決して軽くはないし、細かい不満はあっても、エンジンが良いだけに全て許せてしまう典型。
    「回すのが楽しい♪」とは正にこのことを言う。

    既にまともな個体は存在しないだろうが、
    もし何処かに温存されていたなら また欲しい!
    満足している点
    *1番はやはりエンジンの音と回り方。
     アルファのTS16vよりも格段に官能的で芳醇な味わいがあった。
     硬質であり芸術的な回り方をするこれぞ4気筒の傑作エンジン!
     下野さんが「フェラーリのV8を半分にしたような味わい」というようなコメントを
     されてましたが、きっとそうなんだろうな…。

    *5ナンバー枠に収まる巧みにデザインされた使い易い荷室と大きなキャビン。
     ファミリーが実用に使える良く考えられたデザイン。

    *あっちこっちに貼られたサソリのバッジ^^;

    *少しくらいヤンチャな走りをしてもドッシリ構えて受け止めてくれる肝っ玉かあさん的な安心感。
    不満な点
    *背の高い実用車ゆえスポーティな運転姿勢がとれない。

    *腰下が重い感じでドタバタしたしなやかではない足回り。

    *この時代のイタ車の例に漏れず、内装の樹脂パーツ表面が経年でベトベトに溶ける。

    *パッと見 ウーノと間違えられた華のない没個性エクステリア。

    *せっかくの多連メーター(水温、油圧、油温など)が小さくて見づらい。

    下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

    「みんカラ」から、違反報告をする