サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 往年の名車が集まった! ソリチュードリバイバル

ここから本文です

往年の名車が集まった! ソリチュードリバイバル

往年の名車が集まった! ソリチュードリバイバル

コースインしていく1954年ポルシェ550スパイダー。カレラパナメリカーナ出場時のカラーリングを施された極初期の550で、ミドシップに収めた1.5リッター空冷エンジンはまだOHVだった。ドライバーは元ワークスのハンス・ヘルマン。後方は後期型の550A。

ソリチュードリバイバルとは?

自動車発祥の地であり、自動車レース発祥の地でもあるヨーロッパでは近年、かつて開かれていたレースやラリーのリバイバルイベントが盛んにおこなわれている。イタリアのミッレミリアやフランスのルマンクラシック、あるいはヒストリックモンテカルロラリーといったイベントがよく知られているが、旧いモノや歴史あるモノを大事にし、ヒストリックカー、つまり旧いクルマを愛でる人の数が半端でなく多い土地柄のこと、その他にもヨーロッパ中でほとんど週末ごとにそういったイベントが開かれているといっていい。

そんななかのひとつ、7月下旬にドイツで開かれたソリチュードリバイバルというイベントを取材してきたので、その様子を報告しよう。

メルセデスベンツとポルシェの本拠地がある自動車の街、南ドイツのシュトゥットガルト。1903年のこと、郊外の丘の上に建つソリチュード城に向かって、街からモーターサイクルで駆け上がるヒルクライムが開かれたのがこのイベントの始まりだった。1922年になるとそれは城の周囲の公道を閉鎖したレースに発展、やがてそこに2輪だけでなく4輪のレースも加わり、ある時期には再び2輪だけになるなどの紆余曲折を経ながら1965年まで続けられたのがドイツ語でソリチュードレンネン、英語でいえばソリチュードレースなのだった。

そのなかでもたぶん最も華やかだったのが、2輪と4輪の両方が走った1956年から1965年までの最後の10年間で、その時期には地元のスポーツカーメーカー、ポルシェの活躍に、沿道を埋め尽くした観客が大いに湧いたらしい。その時期に地元のヒーローとして人々を熱狂させたのが、今回ポルシェミュージアムから送り込まれた550スパイダーや804F1といった50年代半ばから60年代初頭に掛けてのレーシングポルシェと、それを操ったハンス・ヘルマン、ヘルベルト・リンゲなど、腕っこきのワークスドライバーたちだった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら