『トヨタにbBがあるのにスバルからデックス、ダイハツから...』 ダイハツ クー のみんなの質問 | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!

現在位置: carview! > カタログ > ダイハツ > クー > みんなの質問 > トヨタにbBがあるのにスバルからデックス、ダ...

『トヨタにbBがあるのにスバルからデックス、ダ...』:ダイハツ クー

解決済みトヨタにbBがあるのにスバルからデックス、ダイハツからクーを販売する必要性はあるのでしょうか?

トヨタにbBがあるのにスバルからデックス、ダイハツからクーを販売する必要性はあるのでしょうか?それぞれのカタログを見ましたがエンジン、足まわり、タイヤサイズ等全て同じですよね?顔まわりを少し変えただけだし見る度に疑問に思います。おそらくbBが一番売れてるとおもうので他二台は必要ないような気がします。まぁ「bBがいいけどスバル党だからなぁ~」って人にはもってこいなんでしょうね。各メーカーの狙いがしりたいです。

ベストアンサーに選ばれた回答

確かにbBが一番売れているでしょう
ただ、この車はCOOの顔を買えてトヨタマークが付いただけを知らない方がトヨタ車だと喜んで買うからです。


COOから派生したのがbBとDEXです。
もし他の2台か、bBからの派生車ならDEXはトヨタからのOEMと発表されますが、現にラクティスのOEMなトレジアが子会社のダイハツ以外でトヨタ初のOEMと発表されました。

派生車のbBだけが残ることはないですね。
まぁ、こんな安物には興味ないんで

回答一覧

1件中 1~1件
  • OEM(Original Equipment Manufacturing)を実施すると、供給を行う側と供給を受ける側の双方にメリットがあります。供給を行う側にとっては、他社製品の生産も請け負うために施設稼働率が向上し、製造コストを抑制できます。一方、供給を受ける側としては、開発・管理に関するコストを抑制できるため、安価で製品を調達できます。双方に共通するメリットは、市場に応じた製品投入の機会ロスを避けることです。
    一般に、生産には強いが販売力の劣る企業は、製品供給側に適しており、生産には弱いが販売力の強い企業は、供給を受ける側に適しているといえます。

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。