現在位置: > > > > > 最近、小排気量車は三気筒が多いですが、往年のダ...

『最近、小排気量車は三気筒が多いですが、往年のダ...』:ダイハツ シャレード

解決済み最近、小排気量車は三気筒が多いですが、往年のダイハツシャレードは登場が早過ぎたのでしょうか?スバルジャスティも。 トヨタスターレットやホンダシティや日産マーチは四気筒でした。

最近、小排気量車は三気筒が多いですが、往年のダイハツシャレードは登場が早過ぎたのでしょうか?スバルジャスティも。

トヨタスターレットやホンダシティや日産マーチは四気筒でした。当時は三気筒じゃ振動とか大丈夫?って感覚がありましたが、やはりフリクションロスは四気筒よりは少かったのでしょうか?

ベストアンサーに選ばれた回答

シャレード1000に乗ってましたが、別に不具合は感じませんでした。
シャレードの前は、チェリー1000に2台に乗ってましたが、シャレードの燃費がはるかに良く、振動も差があったようには記憶してません。

ダイハツは軽主体でしたので、コスト関連、燃費関連、他社と同じ思想ではまずいとかで差別化を図ったのではと思います。

回答一覧

2件中1~2件を表示

  • 昔も今も、直3の振動対策は難儀ですよ。

    ダイハツとスバルは振動解析に関して
    多少優れていたからでしょ。
    足りない部分は排気量に比較して
    大容量のエンジン・マウントで誤魔化す。

    でも何より商品だから、時代に合わせて
    売れるモノを作らないとねぇ。
    こっちの方が企業には大事。

    一般人には、気筒数が多い方が
    何となく良いモノに思えるでしょう。

    バランサー無しの条件なら4気筒の方が
    振動対策、楽だし。

    序でに、ボクは何回も書いてるケド、
    排ガス規制も厳しくなると、その対策が
    1L・4気筒ではヤリ難く、電脳が発達した
    今はバランサーを設計する方が楽なの。
    (1L・4気筒は過冷却)

    排ガス対策に関連して、エンジン各部の
    精度も上がってるの。
    と謂う事は、それだけで振動も減らせる。

  • 昔の3気筒と今の3気筒はまったく別の視点で設計されているもの。

    昔の3気筒は、もともと2気筒だったエンジンの性能アップを目指して造られたもので、今の3気筒は多気筒エンジンのダウンサイジングとして設計されています。
    むろん振動抑制技術も点火技術も燃焼効率技術も当時とは比べものにならない技術革新があるからこそ現代のエンジンとして実現しているワケですが、それは昔の3気筒エンジンの延長上にあるものではなく、全く新しい発想で設計されているものと考えるべきでしょう。

    たまたま気筒数が同じだと言うだけで中身は全くの別物ですから、同じ土俵で比較すること自体がナンセンスだと思います。

2件中1~2件を表示

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。

マイカー登録はこちら

東京モーターショー2019carview!特集

pitte

愛車の買取相場知るなら買取カービュー

車検予約・料金比較は、カービュークリア車検

ネットで選ぶワンランク上のあんしん中古車

ニュース・新車・中古価格をメーカー毎にまとめてチェック!!

みんカラサーキットチャレンジ♯7 意外と手軽な富士の楽しみ方

東京モーターショー2019carview!自動車特集

中古車ダイハツ シャレードアクセスランキング
  1. 1位 1.6 デ・トマソ
    1.6 デ・トマソ
    500,000円(福岡)
  2. 2位
    1.6 デ・トマソ
    390,000円(群馬)

※2019年10月16日現在(毎日更新)

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)