現在位置: > > > > > ゲームの中のスーパーカー

カタログ情報は「カーセンサー.net」から情報提供を受けています。

『ゲームの中のスーパーカー』の口コミ

  • ゲームの中のスーパーカー

    総合評価:10点満点中6点

    投稿日:2019年3月3日

    投稿者:ととろのとと さん

    乗車形式:試乗

    メーカー・モデル:BMW i8
    グレード:不明 (2018年式)

    総評
    乗る前は期待に胸を膨らませていました。
    尖った外観や、ガルウィングのドア。カーボンシェルというスーパーカー
    そのものの成り立ちを見て、期待せずにいられませんでした。

    PHEVということもあり、テスラ寄りの電気自動車的な乗り味なのか、
    それともアストンマーティンのような純然たるガソリンエンジンのスポーツカー
    寄りの車なのか。もしくは今まで触れたことのない未知のスポーツーカー的な
    乗り味なのか、と想像を膨らませていたのですが…。

    いざ乗ってみて、拍子抜けしました。
    スーパーカー然とした外観とは裏腹に、運転が非常に楽です。
    というよりも楽すぎます。まるでスポーツカーの形をしたプリウスを運転している
    かのような安楽で癖のない運転感覚。-裏を返せば刺激のない白物家電のような
    特徴のない運転感覚に拍子抜けしました。

    スポーツカーに乗っているという高揚感はありません。
    まるでゲームの中で車を運転しているようで、運転しながら眠くなってしまいました。

    様々なモードや機能を駆使して積極的に運転したら感じ方もまた違うのかもしれません。
    満足している点

    ・尖った外観
    未来的なスポーツカー然とした外観は好みが分かれそうですが、
    ここまでデザインされているのは素晴らしいと思います。

    ・運転の楽さ
    免許を取り立ての方でも緊張せずに運転出来るような
    楽な運転感覚。これは利点でもあり欠点でもあると思います。
    不満な点

    ・外観と運転感覚のミスマッチさ
    外観はスポーツカーですが、中身は安楽なシティコミューター。
    いわゆる近場移動の足的な性格です。それにしては乗り降りの困難さや、
    ガルウィングを採用したせいで、駐車場所が非常に限られる(左右に車が駐まると
    乗り降り出来ません)など、ミスマッチな部分が目立ちます。

    ・外観と内装のミスマッチさ
    未来的な外観とは裏腹に、内装は非常に地味です。
    従来のBMWそのもの。BMWユーザーは乗り換えてもすんなり運転出来る
    利点の反面で、もう少し特別感が欲しいと思いました。

    ・ひょこひょこと落ち着かない乗り味
    路面が少しでも荒れていると、ひょこひょこと落ち着かない
    荒さが顔を出します。

    ・運転がゲーム感覚
    ゲームの中の車を運転しているような、車と自分の体が乖離している
    ような感覚。メリハリのない加速感や、ハンドリングなどがどこかデジタル
    的でした。そのせいか運転しながら眠くなってしまいました。

    下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

    「みんカラ」から、違反報告をする

口コミを書く

口コミを投稿する(外部サイト)

※自動車SNSサイト「みんカラ」に遷移します。
みんカラに登録して投稿すると、carview!にも表示されます。

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)