アウディ A4 (セダン) のみんなの質問

解決済み
回答数:
21
21
閲覧数:
8,377
0

追突事故(10-0)の被害者です。

事故で私の車両が大破してしまい補償額で困っています。

被害車両は平成8年式スバルインプレッサWRXタイプRA・STIバージョンⅢで問題はこの車に250万円位の費用を掛け競技車両に改造してます(違法な改造は一切しておらずそのまま車検も通る仕様)そこで問題なのが車両が全損し高価な部品も多数破損してしまいしたので妥当な保障を知りたくて知恵袋の皆さんにお力をお借りしたいと思います。

発生日時:平成27年12月28日
車両は走行不能となり保険会社に請求し翌々日レンタカーを出してもらいました。
補償内容が心配で翌1月12日に装着部品のカタログ等をA4ファイルにまとめ保険会社の担当者に郵送し1月28日に車両代40.9万円+対物全損時修理費50万円と回答がありましたが修理しないと対物全損時修理費が払う事が出来ないと説明がありました。
フレームが曲がって大破した車もこの予算内では治らないだろうし、見た目は治っても競技の走行に使えるほど直るとも思えませんので別の車種で買い替えを検討したいと思いますがその場合40.9万円しか補償されないと言う事です。
時価額の交渉はどうすれば良いのか?希少車種の為、中古車市場に同じ車両がありません通常の仕様と違いエンジン・ミッション等が競技仕様になっており検索結果0件でした。
破損した部品代に相当する金額(経年損耗)などを考慮しても車両を含め100万円以上の補償を望んでいます。

どなたかいい知恵をお願い致します。

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。

ベストアンサーに選ばれた回答

カスタムパーツ、工賃全て計上して下さい。エンジン、ミッションO/H済みならそれらも全て計上して下さい。全て定価で。
細かい所まで全てです。
それで、修理しますと言ってみてください。見積書あれば。
修理するかはあなたの都合で大丈夫です。
全損なら車両+パーツ代等を請求してみてください(工賃含む)
車検残も全てです。
但し、減価償却分は減額されます。
基本的には証明出来れば出ます。
領収書があれば完璧です。
この事故で出た損害は全て請求出来ます。


私は車種、年式、走行不明のカスタムハーレーに乗っていて、貰い事故で80:20だったのですが修理代で150万弱出ました。
友人は100:0の全損で230万出ました。1960年代のカスタムハーレーで。

絶対とは言えないので参考迄に。
諦めずに強気で頑張って下さいm(._.)m

その他の回答 (20件)

  • 去年の10月に相手の進路妨害での9,1の全損級の事故起こしましたが、改造公認の軽の旧車と条件最悪で結構修理代を出し渋られる車両なのに 弁護士特約使ったら結構融通聞いてくれましたよ(修理代全額出た)
    1度証券見てみてはいかがですか?

  • ちょっと行動が遅すぎるのではないでしょうか?もう、保険屋の言う額しか出ないと思います。今から言っても、どこからか入れ知恵されたとしか判断されません。そのような特異な改造をしてある車で、もし事故に遭わされたらと考えていたなら(考えていなかったからしようがないですが)、部品取り付け状態の写真を残しておいて、改造費用も部品詳細も仕様書なるものを作っておく、事故後は速やかに保険会社と縁のある自動車屋さんなどに保管してもらい、すぐ見積もりしてもらう。でないと、ノーマル車両の状態としてしか判断されないと思います。年式から、値打ちゼロではないでしょうか?割れてしまった外装部品とか、どんなのが付いていたとか、わからないし。事故後に架空の部品が付いていた事にされたりとかもあるので、あなたが被害者で一番嫌なのですが、保険屋も嫌な相手と思っている事でしょう。

  • まあ保険屋がどういう根拠で算定したのかわからないけど

    (動産の付合)
    民法第二百四十三条 所有者を異にする数個の動産が、付合により、損傷しなければ分離することができなくなったときは、その合成物の所有権は、主たる動産の所有者に帰属する。分離するのに過分の費用を要するときも、同様とする。

    つまりとりつけたパーツが本体と完全に一体となり、本体を破損しなければ分離できない場合にのみ、そのパーツは車両の価格を形成するということです

    つまり本体車両を破損せずとも取り外せるものは、付属品の域をでないということです

    で、おそらく保険会社は、付属品は車両本体と一体を成してはいない、とみなしているものと思われます。なので附属品は本体車両から独立した残存価格で計算されるのではないかと思われます

    そして付属品も含めて保険の対象となるという契約内容の場合は、個々のパーツの残存価格を計算し、その合計が全損の上限を超えていれば、全損の上限分しか出ない・・・ということでしょう

    附属品は結局消耗品ですから、まあ、あまり高額な補償は望めないような気がしますがねえ・・

  • 車ではないですが、以前SSバイクに乗っている時に10:0の事故で当方のバイクが廃車になった経験があります。
    その時は車両代が時価で75万と提示されたのですが、私も質問者様と同じようにかなり手を加えてあったので納得がいかず、何度も相手方保険会社の担当の方と連絡を取りました。
    結果から言うと、自分の場合は車両代に25万上乗せされ、合計100万が支払われましたね。
    やはり、考慮されるかはわかりませんが、市場での流通が少ないことや、後付けのパーツがたくさんあることを根気よく訴えれば多少の増額は見込めると思います。
    ただ、やり過ぎると脅しのようになってしまうので注意が必要ですが。
    私の場合は窓口担当の一番上の方と話をつけて、以上のような結果になりました。

  • 交通事故処理に詳しい弁護士さんに依頼しましょう。

    自分の自動車保険が車両価格100万以上で加入しているなら保険会社がその価値を認めているって理由になるので交渉しやすいです。
    車両価値50万に改造パーツなど上乗せして加入していると思いますが???

    逆に50万で加入しているのに相手の賠償だから100万ってのは分が悪いです。

  • 保険会社に納得できないと連絡し、この車になんの部品をどれだけつけて、手を入れるのにいくらかかってるかを伝える。

    すると、減価償却がどうのこうの言われて、全額は出ないが、金額が出されるが、それも納得できないことを伝える。

    最終的に、同党の中古部品を使っても良いから、掻き集めて、同等の車を作ったものを持って来れるんか?とか言うて、現実に同じ車を作れるかを問い合わせる。

    そうやって少しでもごねるしかありません。
    それでも、当たり前ですが新車価格、新品部品全ての金額、今までかかってる工賃まではなかなか出ません。

    いかに、ちゃんと保証してもらうかはあなた次第ですが、いつも世話になってる車屋があるなら!そことも話をしながら進めた方が良いです。

  • 裁判するしかないでしょうね。

    これは古い車だが、非常に高額な改造費用が掛かっており、実際の価値はもっとある、という事を証明しなければなりません。
    改造にかけた費用の明細はありますか?。
    法律の上では損害の立証責任は損害を被った側にあります。
    改造にかけた費用、改造した時期を考慮した減価償却、ノーマルな車体の時価額等々積み重ねた上で裁判前の交渉はした方が良いでしょうね。

    単純に高価だった車、で現在も市場で見つかるようなものであれば交渉もしやすいでしょうが、改造した競技車両(車検は通るにしても)に対して単純に認められるかどうかは不明です。どこまで認められるかは立証資料・請求内容・裁判官次第かと。正直言って手間を考えると裁判しても長引くでしょうね。

    代車(レンタカー)を借りているのであれば早期解決を求め、代替期間の代車費用を請求してみるとか(大した額にはならないと思いますが。)

    後は質問者加入の保険に弁護士特約は付いてませんかね。
    それを使用して、弁護士に相談、訴訟するのもアリかもしれません。

    そういったモノが使えない場合でも法テラス等の無料法律相談等利用してみては如何でしょうか。

  • >ココが保険の不条理なトコなんですよね

    なんか変な回答がありますね。
    保険会社は「法律(時価又は修理代の低い方が賠償義務)」と「加害者との契約」に基づいて支払っているだけなんですよね。

    だから保険会社は何もおかしくないのに、こんな回答をするんですから。不条理に原因があるとすれば、それは保険会社でなく法律です。(個人的には不条理とは思いませんが)

    本来は加害者本人が払うべきなんですが、保険が絡むと感覚がおかしくなる人が多い。仮に購入当時1億円した物で、今はボロボロでほとんど価値がないものでも一応機能している物を誤って壊してしまった場合、保険の不条理などと言う人は、1億円払えといわれたら「ハイ、そうですね。」とでも言うのでしょうかね。

    また不必要(趣味を否定しているわけではありません。改造しなくても車の本来の機能は果たせる、という意味です)な改造は、リスクも背負うという事です。


    納得できなければ裁判すればいいですよ。

  • ココが保険の不条理なトコなんですよね。
    たとえ200万もらっても300万もらっても同じ物は手に入らないのに、限定でないノーマル車の時価か形だけの修理代金のどちらか低い方を加害者側の保険会社が選択できるというこの不条理。保険会社は各社の理論で押して来るので埒が明かなければ民事で加害者に損害賠償請求するしかありません。それが面倒ならどこか痛いと言って人身扱いにしてアッチが痛いコッチが痛いと半年~1年医者にさんざん通院して慰謝料をがっぽりもらうしかありません。それでも現車を買い直すまでは届かないと思いますけどね。

  • とりあえずゴネれるだけゴネろとしか言えません。
    言いなりになってはダメですよ。
    自分の保険会社も交えて出来るだけぶんどってください。
    被害者なんですからね。

1 2
「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の
「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
アウディ A4 (セダン) 新型・現行モデル

査定を依頼する

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離

※ 掲載しているすべての情報について保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格のため、掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。詳細は、メーカーまたは取扱販売店にてお問い合わせください。

ログイン

中古車探しをもっと便利に

  • 中古車お気に入り管理
  • おすすめ中古車の表示

アウディ A4 (セダン)のみんなの質問ランキング

あなたにおすすめのサービス

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離