現在位置: carview! > 新車カタログ > トヨタ(TOYOTA) > ラウム > ユーザーレビュー・評価一覧 > 車弄りへのきっかけとなった車-Z15ラウム

トヨタ ラウム 「車弄りへのきっかけとなった車-Z15ラウム」のユーザーレビュー

ぽり士 ぽり士さん

トヨタ ラウム

グレード:C_パッケージ(AT_1.5) 1997年式

乗車形式:過去所有

評価

4

走行性能
-
乗り心地
-
燃費
-
デザイン
-
積載性
-
価格
-

車弄りへのきっかけとなった車-Z15ラウム

2017.3.10

総評
EXZ15という型番なので4WD車です。
車台番号もかなり早い番号で果たして大丈夫かな?と当初思ってたのですが、深刻なトラブルは皆無で次車のアクアまで6年ぐらい乗り続けました。

オーディオ交換、HID取付、タコメーター取付日、オイル交換などなど…この車で色々弄ってみたり経験してみたりしました。

その結果、アクアではあんなことに…。
満足している点

走る分のスペックとしては普通かそれ以下かもしれません…。
ですが乗り降りしやすい、リアシートの足下は無駄に広々で窮屈ではないなど何気に座る分には申し分ないです。
不満な点
リアスライドドアの室内側のハンドルが変で、内側から開ける場合ちょっとしたコツが必要で、初めての人を乗せた場合スライドドアを開けることができず結局ドライバーが降りて開けるという面倒くささ。
(後に改良したとのこと、あとパワースライドドアはありませんでした)

足がフニャフニャでカーブで踏ん張れない。

あと兎に角、坂が登れない。
デザイン

-

走行性能

-

ゼロ発進は凄く鈍いです。
2WDも4WDも同じ5E-FE型エンジン積み、4WD車は馬力落として中低トルクを上げているとのことですが、かえってそれが仇になったのかなんだかニブチン。
ラウムを車検にだしたとき出た代車も同じラウムで2WD車だったのでそれを乗ったときは感触が全然違うと感じてた記憶があります。
乗り心地

-

リアシートに座る分には悪くなかったです
積載性

-

ラゲッジはそんなに広くなく、沢山は詰めませんでした
(もっともシート倒せばそれ以上に詰めましたが)
モノを積むよりも人が快適に乗れるというところを重視している様なところがある車なので、そこを割り切れれば十分実用範囲だったかも。
燃費

-

4WDなので悪い方です。
高速走りっぱなしで良くて15km/Lぐらいだったかなぁ。
価格

-

故障経験
縁石ヒットしてパンクを2回程、嗜みました。

あとはパワーウインドウスイッチ陥没。

下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

「みんカラ」から、違反報告をする

トヨタ ラウム 新型・現行モデル