現在位置: carview! > カタログ > トヨタ > MIRAI > みんなの質問 > 韓国・現代自動車、水素燃料電池車を捨て身の4...

『韓国・現代自動車、水素燃料電池車を捨て身の4...』:トヨタ MIRAI

解決済み韓国・現代自動車、水素燃料電池車を捨て身の43%OFF ・それでもトヨタMIRAIよりも300万円高い ・韓国内で売れたのは10台 ・在日割引(海外優遇)も検討 .

韓国・現代自動車、水素燃料電池車を捨て身の43%OFF

・それでもトヨタMIRAIよりも300万円高い
・韓国内で売れたのは10台
・在日割引(海外優遇)も検討

.現代自動車は2日、水素燃料電池車の「ツーソンix」の韓国国内での販売価格を1億5000万ウォン(約1600万円)から8500万ウォン (約910万円)へと43%値下げすると発表した。電気自動車に代わるエコカーとして期待される水素燃料電池車をめぐる競争で攻勢 をかける日本政府とトヨタに対抗するのが狙いだ。

現代自は「販売台数が伸びないとインフラ投資が進まないため、損失が出ても値下げすることにした。海外での販売価格を値下げすることも検討している」と説明した。

現代自は2013年初め、水素燃料電池車の量産体制を整え、販売を開始したが、販売台数は国内で約10台、海外で約200台にとど まっている。

高い成長性を狙い、日本は政府とトヨタが共同戦線を構築し、水素燃料電池車の市場拡大に取り組んでいる。トヨタは昨年12月、 「MIRAI」を発売し、価格を現代自ツーソンより安い670万円に設定した。日本政府は個人、 地方自治体、法人を問わず、水素燃料電池車に1台当たり200万-300万円の補助金を支給する。今年は主な大都市に水素スタンド100カ所を設置する予定だ。その結果、MIRAIは1500台を売り上げ、現代自の7倍以上に達した。

。。。

投げ売りで台数増やせば、インフラ拡充につながる
のですかね
水素爆発の危険ありませんか?

ベストアンサーに選ばれた回答

トヨタは、FCVにかかる特許を無償公開しました。 これで世界の自動車メーカーもFCVに本格的に参入して、価格は下がり、水素ステーションもどんどんツウられていくでしょう。現代は、一番乗りなんてカッコつけずに身の丈に合った開発をすればよかったのにね。

回答一覧

1件中 1~1件
  • 外国はどうか不明ですが、日本には非常に厳しい法律があります。
    インフラ整備するにしても、法律内に収まるように設置するには非常に厳しいと思われます。

    爆発物は近隣に住宅地などがあれば設置できません。
    スタンドでさえ、コンクリートの壁で遮蔽しなければ許可が下りません。

    確かに爆発に対する安全対策は講じるでしょうが、100%安全な物は存在しないのです。

    現在充電スタンドさえ不足している状況で、水素スタンドが普及するまでには遠い道のりとなるでしょうね。

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。