現在位置: carview! > 新車カタログ > トヨタ(TOYOTA) > カリーナ > みんなの質問(解決済み) > ひと昔前のトヨタ車で、Cではじまるネーミング...

トヨタ カリーナ のみんなの質問

解決済み
回答数:
3
3
閲覧数:
807
0

ひと昔前のトヨタ車で、Cではじまるネーミングが多いのはなぜでしょうか?

クラウン、カローラ、セリカ、カリーナ、コロナ、カリブ、センチュリー、チェイサー、クレスタ、セルシオ、、、、、。

Cではじまらない車種は確か、ランクルとスプリンターくらい。
Cのネーミングは何か特別なこだわりがあっての命名だったんでしょうか。
自分ガキ頃、不思議に思っていたことをふと思い出しました。

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。

ベストアンサーに選ばれた回答

Cで始まる固有名詞は覚えやすいということです。
クラウン、コロナ、カローラが大ヒット→全部C→ゲン担ぎ。

もう一つの理由は、「冠(かんむり)」にこだわっているからです。


クラウン→王冠
コロナ→太陽のかんむり
カローラ→花のかんむり
カムリ≒かんむり
・・・・・
って感じです。

質問者からのお礼コメント

2012.4.13 22:38

C以外はOEMだったんですね。
Cにこだわり出した由来も理解できました。
他の皆さんもありがとうございました。

その他の回答 (2件)

  • クラウンやコロナが売れに売れたので、ゲンを担いでいるようです。

  • Cで始まる名称の車はトヨタ直轄工場で生産、それ以外はダイハツや関東自動車などの
    トヨタ系列会社の工場で生産されていると聞いた事がありますが・・・・・
    例えば、スターレットはダイハツ、カローラはトヨタ、スプリンターは関東自動車と。

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の
「自動車」カテゴリとデータを共有しています。

あわせて知りたい

トヨタ カリーナ 新型・現行モデル

トヨタ カリーナのみんなの質問ランキング