現在位置: carview! > 新車カタログ > トヨタ(TOYOTA) > アリオン > ユーザーレビュー・評価一覧 > 古き良き昭和の香りを残す日本のセダン

トヨタ アリオン 「古き良き昭和の香りを残す日本のセダン」のユーザーレビュー

白くま@BM5FP 白くま@BM5FPさん

トヨタ アリオン

グレード:A18(CVT_1.8) 2009年式

乗車形式:マイカー

評価

3

走行性能
3
乗り心地
3
燃費
-
デザイン
3
積載性
5
価格
-

古き良き昭和の香りを残す日本のセダン

2020.10.28

総評
あえて言うならば「無個性」じゃないでしょうか?ツールとして使うのであればなにも不満はないでしょう。5ナンバーサイズで取り回しもよく、小柄なセダン型の割には室内も広く。
1800cc車なので特別パワーがあるわけでもないが非力さも特に感じない。個人的に言えばセダンが好きで、警察車両が好きだけどクラウン高ぇ!って理由でアリオンにした人なので散々否定的な事を書きましたがまぁまぁ気に入ってはいます。自分の特殊な趣味の観点から見るなら全然アリですが、車としてオススメ出来るかと聞かれるとちょっと怪しい部分はかなりあります(笑)
満足している点
セダンであるということ。ミニバンやSUVが流行る中まだ新車で買えるセダンであること。
最近の車に多い近未来チックなデザインでなくエクステリアもインテリアも昭和のセダンが好きな人でも受け入れやすいものであること。豪華版カローラとも言える車種(今は下剋上されちゃいましたが)なので1人での移動手段としては極めて実用的でありながらほんの少しの高級感が味わえる。
不満な点
これは260前期の話だが内装の艶消しウッド調パネル。せっかくウッド調なのに全く豪華さがない。そりゃ黒いプラよりは遥かにマシなんだけども。よく調べずに買った自分が悪いのだがGパケやSパケではない素のグレードなので革巻きステアリングやHIDライト、オプティトロンメーターなどが一切装備されない点。そしてこれは恐らくはボディカラー「ライトブルーメタリック」のせいなのだがどこから見てもおじいちゃんやおばあちゃんが乗っているようにしか見えない為かめちゃくちゃ煽られる。
デザイン

3

外装はこれまたやっぱり「ごく普通」が1番しっくり来るんじゃないでしょうか?ただ4ドアクーペ風デザインにするはいいがトランク周りのデザインというか形状はもう少しどうにかならなかったのかと。似たようなデザインでも18クラウンはちゃんとしてるじゃないか。
内装はウッド調パネルに当時流行りのゲートシフト、そしてソフトパッド?(多分ソフトパッドではない気がする)っぽい柔らかい素材のダッシュボード。パッと見モケットに見えるシート表皮など価格の割には高級感はある方かと。
走行性能

3

1800ccなので特に不満なく走れます。CVTのラバーバンドフィールも出始めの頃のCVTに比べればかなり違和感なくなってると思います。操舵性はかなりユルユルです。ターゲットにしている世代が世代なのであれで正解だとも思いますしそもそも飛ばす車ではないのでいいのではないかと。ただ直進安定性はどうにかして欲しかった。市街地より高速の方が疲れます。
乗り心地

3

かなり柔らかい乗り心地です。しかしながら細かい段差などは受け止めきれないようでタイヤが浮くような感覚がします。
静粛性はなかなかのものです。高級車には敵いませんがセダンらしく快適に過ごせます。
積載性

5

噂によるとフルフラットになるみたいです。実際に試した事がないので分かりませんが。
トランクはかなり広いと思います。趣味のオモチャやら色々と満載してますがまだまだ余裕はあります。
燃費

-

燃費走行は疲れるので特に意識していないので不明。
価格

-

故障経験
個体差なのかもしれませんが左リアのドラムブレーキが減速する際ずーっとキコキコ異音を発しています。ディーラー言わくグリス切れらしいのですが注油しても2ヶ月程度でまたグリス切れを起こすのならそれはそれで問題かと。
後は信号待ちでドライブレンジのまま停止しているとエンジンの回転数が極端に低くなる(500回転くらいまで落ちる)。バッテリー上がり以降直らない症状でコンピュータの再学習やスロットル周りの清掃、エアクリーナーの交換など思い付く限りをやったが未だに解決せず。

下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

「みんカラ」から、違反報告をする

トヨタ アリオン 新型・現行モデル