サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「足のいいやつ」から「いぶし銀」へ!! 消えゆく名門アリオンの想い出 トヨタ営業マンが見た内助の功

ここから本文です

「足のいいやつ」から「いぶし銀」へ!! 消えゆく名門アリオンの想い出 トヨタ営業マンが見た内助の功

 トヨタは2021年3月末をもって、プレミオ・アリオンを生産終了する。全チャネルでの車種併売がスタートし、ラインナップの整理が進んでいる。

 アリオン生産終了の一報を受け、筆者は一抹の寂しさを覚えた。今回は、元トヨタディーラー営業マンの筆者が、これまでアリオンが残してくれた財産と、生産終了後の影響について、アリオンとの想い出とともに考えていく。

本当に出るのか?? そろそろ準備完了か? 今年最大の注目車ランクル300直前情報

文/佐々木亘 写真/TOYOTA

【画像ギャラリー】2021年3月に約50年の歴史に幕を下ろすトヨタカリーナ、そしてアリオンをみる

「足のいいやつ」で一世を風靡した知られざるスポーティセダン

「足のいいやつ」のキャッチコピーで親しまれたカリーナ。日本初のDOHCターボエンジンを搭載した「GT-TR」などでも話題に

 50歳以上の方にはアリオンというよりも、カリーナと言ったほうがしっくりくるだろう。「足のいいやつ」というキャッチフレーズでおなじみの、スポーティセダンだ。

 2001年にカリーナは、バトンをアリオンへ渡す。スポーティセダンの系譜は受け継がれ、兄弟車のプレミオにはない、専用のエアロパーツやTRD sportivoのローダウンスプリングが用意されていた。(2016年マイナーチェンジ時に廃止)

 アリオンの2019年登録台数は年間4997台、月平均は400台程度で、一般ユーザーの購入はめっきりと減り、法人中心の販売が主となる。現行ラインナップの中では、かなり控えめな存在となっていた。

 筆者はトヨタ店にいて、平成20年代の後半以降、「アリオンを見に来た」という来店客には、ほとんど会ったことがない。試乗車や展示車がない販売店も多かった。そんなアリオンだが、私が最も多く販売したトヨタ車である。

 知名度も人気も小さく見えるが、隠れた魅力の多いクルマだった。それを表立って主張しないところもまた、奥ゆかしいアリオンらしさと言えるかもしれない。

プリウスの代わりに? 現場で実感したアリオンの多彩な役割

現行型アリオン(販売期間:2007年~2021年3月/全長4590mm×全幅1695mm×全高1475mm)

 アリオンは、主にトヨタ店で販売されており、取り回しの良い5ナンバーサイズセダンは、多くのユーザーに愛された。車種としては目立たないポジションにいることが多いのだが、さまざまなユーザーの受け皿となり、トヨタ店を支える縁の下の力持ちだったのだ。

 ひとつ、アリオンにまつわるエピソードを紹介しよう。

 今から約10年前、来店客の目当てはプリウスやアクアといったハイブリッドだった。プリウスもアクアも、黙って売れるクルマだったが、同クラスのガソリン車と比べ50万円ほど高い車両価格がネックとなり商談が進まないことがある。

 実際、年間走行距離が少ないユーザーには、必ずしもハイブリッドが経済的に優れているとは限らない。本体価格50万円の差を埋めるまでに、燃料費の削減と税制優遇があっても、10年以上乗り続ける必要があることも珍しくなかった。

 そこで私は、ユーザーがハイブリッドのメリットを受けづらいのであればと、プリウスを第一候補としていた商談の進展しない家族に、アリオンを勧めてみた。

初代アリオンより室内が広くなったため、ゆとりのある空間が実現できた。さらに木目調のインテリアで高級感のある雰囲気となっている

 5ナンバー、ノンハイブリッドのアリオンだ。しかし、プリウスと比較すると良いところも多くある。室内は広く、木目調のパネルやメッキパーツなどを行儀よく並ぶ。

 さらに、後席シートがリクライニングするなど、快適性も高い。そして価格はプリウスよりも30~50万円ほど安価だ。走行距離が少ないユーザーなら、プリウスを買うよりも満足度が高いクルマになるのではないかと、私は感じていた。

後席のリクライニング機能でゆったりとした空間を実現。シートアレンジも可能で、フルフラットにすることもできる(※一部グレードではできない)

 この提案は的中し、その家族はアリオンを契約していった。その後も、プリウスからアリオンへ検討車種を変える提案は、多くのユーザーに受け入れてもらった。

 また、アリオン購入者の多くが、納車後も、「あの時、アリオンを勧めてくれてよかった」と言ってくれる。

 その後も、私はアリオンを多くのユーザーに紹介し、どんどんと売れていった。先輩営業マンからは、「またアリオンか? よく売れるな」と驚かれたことを思い出す。

 アリオンには、目立ったネームバリューや特筆すべき特徴は少ないかもしれない。売り手側でさえアリオンの存在を忘れていただろう。しかし、一度存在を知り、実際に触れて乗ってみると、不思議としっくりくる。

 プリウスなどの、主力販売車種で受け止めきれなかったユーザーを、余すところなく拾い上げ、満足させてしまう。これが「アリオン」の知られざる魅力である。

アリオンはトヨタのファンをつくる

初代カリーナから約50年の歴史で幕を下ろすアリオンは、「トヨタのファンを多く増やすクルマ」であり、貴重な存在であった

 トヨタが目指した80点主義、つまり、ファンの最大公約数を大きくするクルマ作りが、アリオンからは強く感じられた。コンパクト、ラグジュアリー、コンフォート、リーズナブルと、アリオンの良さは多岐にわたる。

 しかし、現在では、時代の変遷により、最大公約数が小さくなってきているのを感じざるをえない。引き際としては今がベストタイミングなのだろう。

 アリオンは初めから80点主義のクルマではなかった。どちらかというと、少し尖って目立ったクルマだったように感じる。

 尖ったクルマが、段々と形を変え、多くのユーザーにフィットする形になっていった。アリオンは目立つことを止め、内助の功に徹する。

 結果、クラウンやランクルのような、車種のファンではなく、トヨタのファンを大きく増やすクルマになっていった。

 自身が去った後も、しっかりとファンを残す。アリオンはそういうクルマだ。メーカーのファンを作ってくれるクルマは貴重な存在である。

 今後トヨタとしては、現在のラインナップから、次世代のアリオンを作り出す動きが急務となるだろう。アリオンが連れてきたファンを手放さないように。

 名車カリーナ、そしてアリオンは約50年の歴史に幕を下ろす。いぶし銀の活躍を見せた彼らは、去り際も静かだ。多くのトヨタファンを作ってくれたアリオンを、労いの拍手で送別してあげたい。

【画像ギャラリー】2021年3月に約50年の歴史に幕を下ろすトヨタカリーナ、そしてアリオンをみる

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します