現在位置: > > > > > 「カワイイ」だけじゃない

カタログ情報は「カーセンサー.net」から情報提供を受けています。

『「カワイイ」だけじゃない』の口コミ

  • 「カワイイ」だけじゃない

    総合評価:10点満点中8点

    投稿日:2019年2月16日

    投稿者:朝比奈そら さん

    乗車形式:愛車

    メーカー・モデル:スズキ アルトラパン
    グレード:X(CVT_0.66) (2008年式)

    総評
    とにかくデザイン、イメージと車体ベースの良さが噛み合ったよいクルマだと思います。カワイイだけじゃなく車の性能もしっかり真面目に作られています。軽自動車というとどうしても
    貧乏くさいイメージが付きまといますがラパンに関してはオーナーの生活スタイルを演出する車というよりは家具、例えるなら無印良品の製品のようなナチュラル、モダンなイメージをうまく取り入れています。無理に背伸びして高級車っぽく仕上げてみたり豪華装備をつけなかったのは正解だと思います。軽自動車は安っぽいのではなく「安い」のですから表面だけ高級そうにしてもボロが出ますし、何よりも乗っているオーナーがそれを一番よく感じると思います。無理せず背伸びせず、安っぽさを逆に武器にする、そんな車作りの成功例がこのラパンだと言えると思います。
    満足している点
    今の軽自動車は一昔前と比較にならない程よく出来ていますので、軽自動車、という先入観を消してくれた点を挙げていきます。

    まずシートの出来がとても良い。最初はぺらぺらのクッションが柔らかすぎる安物のソファーのようなシートだろうと予想して乗りましたが、若干硬めの腰のあるベースで座面も余裕があり正しい運転姿勢をとることができます。6時間座りっぱなしの長距離移動でも身体が痛くなることはありませんでした。

    次に燃費。かなり歴史のあるK6AエンジンですがCVTと組み合わせることでなかなかの燃費で走ってくれます。高速80キロ巡行で27キロ程、郊外の信号の少ない国道メインで24キロ程、信号の多い下道メインでも15~17キロ程走ります。

    車体の安定感。700キロと今となっては軽量の車体なので軽特有のピョコピョコした動きを予想していましたが全くそんな挙動はなく、重厚というと大げさですが1.5Lのセダンに近いような落ち着きがあります。恐らくシャシーのベースが大きめの車種なのではないでしょうか。エンジンに車体が勝っている、そんな印象です。

    見た目。どれだけいい車でも見た目が残念で売れないクルマがたくさんあります。ラパンは成功した例でしょう。棘がある言い方ですが、ちょっとうさぎのエンブレムを張り付けてモダン、クラシックを演出しただけでこれだけ売れてファンも獲得できるのです。見た目、雰囲気が大事なのがよくわかります。
    不満な点
    軽自動車なので仕方ないといえば仕方ないのですが、やはり車内騒音が大きめです。加速時のエンジン音、CVTの唸り音、ギャップ通過時のタイヤが路面を叩く音など、車内は相当にぎやかです。それでも巡行時はそれなりに静かですのでここは我慢するべきなのでしょう。また、スズキ車の弱点なのか足回りの異音が目立ちます。

    これは一長一短なのですが、フロントウインドウをかなり立ててあるので前方上方の視界がとても悪いです。小さい交差点の信号が見えないことも。ただ、立ったウインドウのおかげで前方の解放感や直射日光をかなり防げることを考えるとここは何とも言えない部分ではあります。

    下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

    「みんカラ」から、違反報告をする

口コミを書く

口コミを投稿する(外部サイト)

※自動車SNSサイト「みんカラ」に遷移します。
みんカラに登録して投稿すると、carview!にも表示されます。

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)