現在位置: carview! > カタログ > スバル > WRX STI > 2018年6月〜モデル

スバル WRX STI 2018年6月〜モデル グレード・価格・口コミ情報

スバル WRX STI 新型・現行モデル
マイカー登録
愛車や気になる車を登録するとマイカーページで情報の管理・収集を行うことができます。
中古車価格帯

133.8 万円 950.0 万円

中古車を検索

新車価格(税込)

386.6 万円 499.8 万円

新車見積もりスタート

車体寸法
(全長×全幅×全高)
4595×1795×1465mm〜
4595×1795×1475mm
燃料消費率 9.4km/L(JC08モード走行)
乗車定員 5名 排気量 1994cc

概要

■2018年6月
スバルは、「WRX STI」に一部改良を施して、2018年4月27日に発表、同年6月7日より発売した。

今回の改良では、サンルーフを新たにメーカーオプションで設定した。

■2018年7月
スバルは、同社のモータースポーツ統括会社であるスバルテクニカインターナショナル(STI)と共同開発したWRX STI特別仕様車「タイプ RA-R」を2018年7月19日に500台限定で発売した。

「タイプ RA-R」は、「軽さ」、「速さ」、「愉しさ」をテーマに、クルマの本質である「走る・曲がる・止まる」という性能を極限まで突き詰めた、STI創立30周年記念コンプリートカー。軽量化パーツの採用やパーツそのものの取り外しによって、グラム単位での軽量化を積み重ね、ベースモデルより約10kgの軽量化を実現したという。

またエンジンは、「S208」にも採用した329馬力のバランスドBOXERを搭載。インタークーラーの冷却効果を最大限発揮するために剛性を上げたパフォーマンスシュラウドや、圧力損失を低減してエンジンの出力性能とレスポンスを高める低背圧パフォーマンスマフラーを採用した。

足回りは、専用開発したダンパー&スプリングや、ハイμブレーキパッドを採用したbrembo製ブレーキシステムを装備。さらに、トレッドのアウト側とイン側の異なるコンパウンドの組み合わせによって、ドライ&ウェットどちらでも強力なグリップを発揮するミシュラン製「パイロットスポーツ4S」を国内クルマメーカーで初めて装備した。

なお「タイプ RA-R」の性能をフルに引き出すためのSTIパフォーマンスパーツを豊富に取り揃え、さらなるカスタマイズにも対応可能。

おすすめのグレード 比較表を見る すべてのグレードを見る WRX STI 2018年6月一部改良

※すべての新車価格はメーカー発表当時の税込価格です。

マイナーチェンジ一覧 WRX STI 2018年6月一部改良

中古車アクセスランキング WRX STI

査定を依頼する

複数社の査定額を比較して愛車を最高額で売却!

愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

  1. STEP1

    お見積り依頼

  2. STEP2

    買取店から
    電話・メールでご連絡

  3. STEP3

    査定実施

  4. STEP4

    査定額を比較し
    売却先を決定

  • メーカー

  • モデル

  • 年式

  • 走行距離(km)

歴代モデル一覧 WRX STI

※ 掲載しているすべての情報について保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格のため、掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。詳細は、メーカーまたは取扱販売店にてお問い合わせください。

/