現在位置: carview! > カタログ > スバル > WRX STI > 2014年8月〜モデル

スバル WRX STI 2014年8月〜モデル グレード・価格・口コミ情報

スバル WRX STI 新型・現行モデル
マイカー登録
愛車や気になる車を登録するとマイカーページで情報の管理・収集を行うことができます。
中古車価格帯

133.8 万円 950.0 万円

中古車を検索

新車価格(税込)

379.1 万円 411.5 万円

新車見積もりスタート

車体寸法
(全長×全幅×全高)
4595×1795×1475mm 燃料消費率 9.4km/L(JC08モード走行)
乗車定員 5名 排気量 1994cc

概要

■2014年8月
スバルはWRXをインプレッサから独立させる形でフルモデルチェンジし、WRX S4とWRX STIを設定して2014年8月25日に発売した。

WRX STIはパワーとコントロールの究極バランスを目指し、「ピュアパワー・イン・ユア・コントロール」をテーマに開発された。シリーズ内のS4が快適性やイージードライブに配慮したモデルであるのに対し、STIはWRCラリーやニュルブルクリンク24時間レースでの活躍を背景に、ピュアスポーツモデルとして開発された。

外観デザインはインプレッサをベースにしたものながら、全幅やトレッドを開発するなどしてより精悍なイメージに仕上げている。インテリアは基本的にインプレッサというかレヴォーグ系のものとされている。

搭載エンジンは水平対向4気筒2.0リッターだが、S4に搭載された新世代のFA20型ではなく、従来から搭載しているパワー志向のEJ20型が選択された。動力性能は227kW/422N・mを発生する。組み合わされるトランスミッションは6速MTのみの設定で、CVT車の設定はない。

インプレッサに対して剛性を高めたボディを採用するとともに、ステアリングの取り付け剛性を高めてレスポンスを向上させ、操舵に対して遅れのない自然な操舵フィールを実現する。S4に対しても一段とレスポンスに優れたステアリングとされている。

またサスペンションのジオメトリーを最適化することで、リヤタイヤのグリップをしっかりと確保して安定したコーナリングを実現するほか、フラットなライド感覚も備えている。コーナリングでの操縦安定性はS4を上回るもので、コーナリングの安定にはアクティブトルクベクタリングも貢献している。

安全装備はABSや横滑り防止装置のVDC、デュアルSRSエアバッグなどで、残念ながらアイサイトの設定はない。5速MTに組み合わせることのできるアイサイトがまだ開発されていないからだ。

グレードはSTIとSTIタイプSで、タイプSにはビュシュタイン製のショックアブソーバーやBBS製の18インチ鍛造アルミホイールなどが採用されている。


おすすめのグレード 比較表を見る すべてのグレードを見る WRX STI 2014年8月デビュー

※すべての新車価格はメーカー発表当時の税込価格です。

マイナーチェンジ一覧 WRX STI 2014年8月デビュー

中古車アクセスランキング WRX STI

査定を依頼する

複数社の査定額を比較して愛車を最高額で売却!

愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

  1. STEP1

    お見積り依頼

  2. STEP2

    買取店から
    電話・メールでご連絡

  3. STEP3

    査定実施

  4. STEP4

    査定額を比較し
    売却先を決定

  • メーカー

  • モデル

  • 年式

  • 走行距離(km)

歴代モデル一覧 WRX STI

※ 掲載しているすべての情報について保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格のため、掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。詳細は、メーカーまたは取扱販売店にてお問い合わせください。

/