現在位置: carview! > 新車カタログ > 日産(NISSAN) > ティーダ > ユーザーレビュー・評価一覧 > 中身は良いが販売戦略でコケた車

日産 ティーダ 「中身は良いが販売戦略でコケた車」のユーザーレビュー

三杯酢もずく 三杯酢もずくさん

日産 ティーダ

グレード:18G(CVT_1.8) 2006年式

乗車形式:家族所有

評価

4

走行性能
-
乗り心地
-
燃費
-
デザイン
-
積載性
-
価格
-

中身は良いが販売戦略でコケた車

2018.7.8

総評
メイングレードの1.5Lモデルでは
「半端に豪華っぽいナンチャッテ車」
「プwwレwwミwwアwwムwwコwwンwwパwwクwwトww」
ではあるが、1.8Lモデルであれば十分な性能を有する。
1世代限りの一発屋である上に、マイナーチェンジ後のいわゆる「後期」では
至る所が劣化・低コスト化しまくりのゴミになり下がった悲運の車。
日産お得意の「売れると分かったら手抜きして結局自爆するパターン」ですな。
満足している点
この時期に開発された1.5Lクラスのコンパクトハッチバックにしては
なかなか上々な出来栄え。
不満な点
CVT。
海外では6MTが標準で存在していたのに国内販売ではCVT。
これだから日産はダメだって言われるんだよ。
デザイン

-

走行性能

-

どノーマルでは「お上品wwww」ではあるが、
ちょっと車高を落としてやるだけで一気に化ける。
お高級志向に振り過ぎた結果、何とも言えないグニグニとした車体のブレは
いささかよろしくない。
乗り心地

-

この世代、この価格帯の車にしてはかなり凝ったシートであると断言できる。
市街地レベルからワインディング、高速巡行まで
疲れることなく移動できる。
適度な保持性もよろしい。
‥それゆえに作るのにカネがかかるってんで、統廃合されたノート(笑)は
あんな無様な糞になってしまったのだが。
積載性

-

案外、結構載せられる。
前期には標準のトノカバー(後期はこれもOP扱いとか馬鹿だろ)も
ラゲッジスペースの目張りになっているので、
一目見た限りではそれほど荷物は載らないように見えるというギャップもまたミソ。
燃費

-

10km/L~12km/Lと、それなり・そこそこではある。
最近のエコカー(笑)と比べると燃費は良くないが。


燃費が気になるなら歩けば?
価格

-

故障経験
定期点検を行っているせいか、特に故障は発生していない。

下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

「みんカラ」から、違反報告をする

日産 ティーダ 新型・現行モデル