現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 米国で新登場セレナ顔の5MT小型セダン「日産ヴァーサ」こういうの! こういうのがほしい!!

ここから本文です

米国で新登場セレナ顔の5MT小型セダン「日産ヴァーサ」こういうの! こういうのがほしい!!

掲載 5
米国で新登場セレナ顔の5MT小型セダン「日産ヴァーサ」こういうの! こういうのがほしい!!

 「小型のセダン」は、日本では絶滅危惧種だが、巨大な自動車マーケットをもつ北米や中国では、いまも一定の人気を維持しているカテゴリだ。機能やデザインはもちろんだが、特に価格設定が重視されているモデルが多く、ライバルとの競争も激化している。

 そんななか、異次元の価格設定をしてきたのが、2023年9月に2024年モデルが発表となった日産の「ヴァーサ」だ。

米国で新登場セレナ顔の5MT小型セダン「日産ヴァーサ」こういうの! こういうのがほしい!!

文:立花義人、エムスリープロダクション
写真:NISSAN

16,130ドルという驚異の価格で登場

 2023年9月26日、アメリカテネシー州ナッシュビルにおいて、小型セダン「ヴァーサ」の2024年モデルが発表された。現行型ヴァ―サは2019年4月にモデルチェンジした3代目。今回発表となったのはその改良モデルだ。

 この「ヴァーサ」は、日本でもかつて「ティーダ ラティオ」という名前で販売されていたモデルだ。ティーダは、コンパクトクラスでありながら上質な内外装デザインと雰囲気が特徴的なモデルだったが、現行型のヴァーサにもその流れはしっかりと継承されており、小型ながら魅力的なモデルに仕上がっている。

 今回発表されたヴァーサで強調されていたのは「価格」だ。ベーシックなグレード「S」の5速MT仕様が16,130ドル(日本円で約240万円)という設定で、これはアメリカで販売される新車の中で、もっとも安い価格だという。しかしヴァーサがすごいのは価格だけではない。クルマ社会である北米で受け入れられるためのデザインや質感、機能もしっかりと織り込まれている。

2024年モデルのヴァーサ。もっともベーシックなグレード「S」5速MTの価格は16,130ドルとお買い得だ

日本で販売されていた、ティーダ ラティオ(2004年~2012年)。2004年に、「コンパクトの質をシフト(変革)する」というキャッチコピーで登場した、ティーダのセダン版だ

[usedcar-search brand_cd="1015" body_cd="6,11" car_cd="10151041" keyword="ティーダラティオ" limit=30]

すっきりとバランスのいいスタイル、基本的な先進安全装備は全車標準装備

 北米日産には、ヴァーサの他にも、セントラ、アルティマ、マキシマといったセダンがラインアップされている。SUVが主流となりつつある昨今ではあるが、北米では依然としてセダンの人気も高く、どのモデルもスタイリッシュで、素直にカッコいいと思えるデザインが多い。ヴァーサも、特に現行型はセダン専用デザインのため、日本で販売されていたティーダ ラティオのようなハッチバックベースのずんぐりとした雰囲気がなく、すっきりとしていてバランスがよく、カッコよく仕上がっている。

 2024年モデルのヴァーサには、アリアやセレナにも採用された新しいVモーショングリルである、横基調のクロームパーツで表現された最新のデザイン言語が採用されている。ただこれは、すでに2023年モデルのヴァーサにも採用されており、2024年モデルでは外観自体に大きな変更はない模様だ。

 インテリアは、高級感というほどではないものの、車格のわりには上質だ。Sグレードだとクロームパーツがほとんどなく簡素にみえるが、ボトムフラットのステアリングや、ゆったりとしたダッシュボードパネルの曲面が上質な印象を与えるため、チープには感じられない。

 装備面では、エマージェンシーブレーキや車線逸脱警報、ハイビームアシストなど、基本的な先進安全運転支援システムは全車標準装備となる。上級グレードにはワイヤレス充電システムやニッサンコネクト、8インチのタッチスクリーンディスプレイオーディオシステムなどが用意される。

ヴァーサのインテリア。上級グレードだと質感は悪くないが、ベーシックなグレードだとクロームが少なくシンプルになる

5速MTで軽快なドライブを楽しみたいのなら、これで十分!!

 原油高、原材料費高騰という昨今の状況を差し引いても、この内容とデザインで16,130ドルという価格はかなり魅力的。スポーツカーではないのでパワフルな走りは期待できないが、5速MTで軽快なドライブを楽しみたいのなら、これで十分。軽自動車という規格のない北米では、このクラスがいわばクルマの入門編となる。価格が安いだけではなく、クルマの楽しみ方をしっかり提供できるモデルでなければ、このカテゴリでは生き残れない。

 デザインとデザインと性能を申し分なく仕上げた上に、圧倒的な低価格で登場した2024年モデルのヴァーサは、北米の人々の期待にしっかりと応えることができるモデルに仕上がっているといえるだろう。

日産の最新デザイン言語は、小型セダンにもなかなかマッチしている

◆      ◆     ◆

 ヴァーサは、日本の道路環境で走らせても扱いやすいサイズだ。ヴァーサが日本に導入されることはないだろうが、ぜひ日本の道でも乗ってみたいクルマだ。

こんな記事も読まれています

5シリーズ買うなら必見!人気の年式やおすすめグレードまで【人気のクルマ中古購入ガイド】
5シリーズ買うなら必見!人気の年式やおすすめグレードまで【人気のクルマ中古購入ガイド】
グーネット
女性ドライバーの増加が唯一の救い! トラックドライバー不足を生む3つの要因とは
女性ドライバーの増加が唯一の救い! トラックドライバー不足を生む3つの要因とは
WEB CARTOP
衝撃の「銀ピカ」アウディに東京モーターショーは騒然! のちのR8に繋がるアブス・クワトロの衝撃
衝撃の「銀ピカ」アウディに東京モーターショーは騒然! のちのR8に繋がるアブス・クワトロの衝撃
WEB CARTOP
ハミルトン、トラブルまみれの開幕戦もメルセデスW15のポテンシャルに期待感「ここからマシンを築いていける」
ハミルトン、トラブルまみれの開幕戦もメルセデスW15のポテンシャルに期待感「ここからマシンを築いていける」
motorsport.com 日本版
「黒いタイムズ」ってだけじゃない 実は細かい看板等の“景観ルール”とは? 逆に“かなり派手”になることも!?
「黒いタイムズ」ってだけじゃない 実は細かい看板等の“景観ルール”とは? 逆に“かなり派手”になることも!?
乗りものニュース
スズキが新型「軽バン」発売! CVT新設&ターボ復活に喜びの声続々! でもターボにMTなし!? 新型「エブリイ」の反響は?
スズキが新型「軽バン」発売! CVT新設&ターボ復活に喜びの声続々! でもターボにMTなし!? 新型「エブリイ」の反響は?
くるまのニュース
ポルシェ「911GT3」で滑走路を送迎!? 米国デルタ航空が“特別なお客さま”のための新サービスを実施 その反響とは
ポルシェ「911GT3」で滑走路を送迎!? 米国デルタ航空が“特別なお客さま”のための新サービスを実施 その反響とは
VAGUE
レッドブル&HRC密着:ハードを温存したライバルを見て有利を確信。ソフトでのロングランを完遂、1-2を達成
レッドブル&HRC密着:ハードを温存したライバルを見て有利を確信。ソフトでのロングランを完遂、1-2を達成
AUTOSPORT web
フィアット、新グローバルプラットフォームで新型車攻勢へ…2024年から毎年1車種ずつ
フィアット、新グローバルプラットフォームで新型車攻勢へ…2024年から毎年1車種ずつ
レスポンス
ボルボ・カー・ジャパン、PHV「XC60リチャージ」に黒基調の特別仕様車を設定
ボルボ・カー・ジャパン、PHV「XC60リチャージ」に黒基調の特別仕様車を設定
日刊自動車新聞
カタールで苦戦のトヨタ勢、ペースで上位に及ばずも6位&9位のダブル入賞「これが精一杯」/WEC開幕戦
カタールで苦戦のトヨタ勢、ペースで上位に及ばずも6位&9位のダブル入賞「これが精一杯」/WEC開幕戦
AUTOSPORT web
あぶなくないよ!赤一色テールがトレードマーク、最後の「レパード」発売!【28年前の今日、こんなことが…】
あぶなくないよ!赤一色テールがトレードマーク、最後の「レパード」発売!【28年前の今日、こんなことが…】
LE VOLANT CARSMEET WEB
初代『スプリンターカリブ』は『カローラクロス』の源流なのか?【懐かしのカーカタログ】
初代『スプリンターカリブ』は『カローラクロス』の源流なのか?【懐かしのカーカタログ】
レスポンス
終盤3度の接触で大勝ムードが一転、予定外のピットも。「本当に苦労した」と開幕戦優勝のエストーレ
終盤3度の接触で大勝ムードが一転、予定外のピットも。「本当に苦労した」と開幕戦優勝のエストーレ
AUTOSPORT web
ボッシュ マイクロソフトと協業を発表。生成AIの活用によって、新たな世界が切り開かれる
ボッシュ マイクロソフトと協業を発表。生成AIの活用によって、新たな世界が切り開かれる
Auto Prove
ホンダ新型「和製スーパーセダン」登場! 斬新すぎる“2ドア仕様”に称賛の声! 2026年市販化もある「サルーン」とは
ホンダ新型「和製スーパーセダン」登場! 斬新すぎる“2ドア仕様”に称賛の声! 2026年市販化もある「サルーン」とは
くるまのニュース
【特集「やっぱりドイツ車が好き!」(6)】巧妙なるシナリオ作り。楽しむ世界観の多様性【ポルシェ 911ダカール/911 GT3 RS】
【特集「やっぱりドイツ車が好き!」(6)】巧妙なるシナリオ作り。楽しむ世界観の多様性【ポルシェ 911ダカール/911 GT3 RS】
Webモーターマガジン
4/6開催のジャパンラグビー リーグワン「静岡ブルーレヴズ vs. 三重ホンダヒート戦」でバイクイベント開催決定!/ライダー無料招待キャンペーンを実施
4/6開催のジャパンラグビー リーグワン「静岡ブルーレヴズ vs. 三重ホンダヒート戦」でバイクイベント開催決定!/ライダー無料招待キャンペーンを実施
バイクブロス

みんなのコメント

5件
  • ********
    こういうのが欲しい!でも買おうとは思わない。

    がライターの本音。
  • 藍流頓瀬奈
    もし三菱がランエボを復活させるとしたらこれをベースにするのが早道になっちゃうんだろうな…
    なにぶん三菱にはセダンそのものが無い。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

149.9188.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

9.976.9万円

中古車を検索
ティーダの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

149.9188.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

9.976.9万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村