現在位置: carview! > カタログ > ランドローバー > レンジローバーイヴォーク > レビュー・評価一覧 > 10万キロを共にして・・レビュー初投稿

ランドローバー レンジローバーイヴォーク 「10万キロを共にして・・レビュー初投稿」のレビュー

ヘイルウッド ヘイルウッドさん

ランドローバー レンジローバーイヴォーク

グレード:ピュア_RHD_4WD(AT_2.0) 2013年式

乗車形式:マイカー

評価

5

走行性能
-
乗り心地
-
燃費
-
デザイン
-
積載性
-
価格
-

10万キロを共にして・・レビュー初投稿

2015.9.4

総評
デザインオリエンテッドな車ですから、
どこを走っても、どこに停めても、
誰が乗っても、誰を乗せても・・・カッコ良いシーンを提供してくれます。


ランドローバー社のレンジローバーですから、
自分にしか出来ない旅や冒険を企てたとき、存分にサポートしてくれる車です!!
この価格帯でそれらを両立できる車は、唯一無二だと思います。

みんカラ・ECJ(RANGE ROVER EVOQUE CLUB JAPAN)の皆さんと共に、
  イヴォークライフを楽しみましょう(^o^)/
満足している点
満足している点は、なんといってもデザイン性です。
ウェッジシェイプ、クラムシェル構造、フライングルーフ、マッチョなプレスラインは独特です。



駐車場に戻った時など、いまだにその存在感に圧倒されます。
デザインだけでなく、四駆専門メーカーが創りあげた四駆なので、上記の通り走行面でも満足です。

まだまだ希少な車種ですから、対向車や並走車、通り掛かりの方にめっちゃ注目されます。
親しみやすい英国車なので、車のことでよく声をかけられます。



まさに伝統あるメーカーが創った革新的な車だという事が実感できます。
不満な点
デザイン上、マッドガードは無いので(オプションでありますが)跳ね上げ感は抜群です(^o^)ゞ



若干ですがアイドリング時に直噴エンジン特有のムラがあります。
大きすぎるドアミラーには賛否ありますが、慣れてきますととても見やすく、バックもしやすいです。
また死角が広くなりがちな右折時には頭を動かして確認するなど、安全上の癖が身につきます。
デザイン

-

走行性能

-

SUVとしてみれば加速感、パワー感は十分です。



タイヤが四隅に配置され前後のオーバーハングが短いため、一般道や駐車場で扱い易いです。
乗り始めは幅(1.9m)が広く感じますが、慣れてくると気になりません。
全長(4.36m)は短いので狭い林道などでUターンするときなど、扱いやすいです。
SUVの割には高さ(1.63m)が低く抑えられていて、枝が追いかぶさった林道なども走りやすいです。
ホイールベースの短さ(2.66m)はオフロードでは案外有効です。



それらのサイズ比率が扱い易さに貢献していると同時に、紛れもなく秀逸なデザインを実現しています。
乗り心地

-

一般道での乗り心地はSUVらしく硬めに感じる分、高速道路ではしっかり安定しています。
強風雨天の時の安心感も抜群です。
シート形状とインテリア環境が優れているので、遠乗りはとても楽です。
もちろんエアコンも寒暖ともに強力です。



釣りや昆虫採集で山道やガタガタの林道などを多用しますが、極端な場所でない限りオフロード走行性能も十分です。
シートを最上部にセットしますと、コマンドポジション的な見晴らし操作も楽しめます。
砂や雪上で専用のテレインレスポンスを選択しますと、柔らかくスムースな走行感が味わえます。


悪路の急坂に必須なヒルディセントコントロールも重宝します。
静粛性はあまりありませんが、四駆としてはまずまずではないでしょうか。

積載性

-

トランクルームは広くないので、沢山は積めませんが、ちょっとしたアウトドアテーブルやチェア+折りたたみ自転車1台くらいなら大丈夫です。
バスロッド等は特にロッドホルダー無しで数本は積めます。

燃費

-

一般道8~9km/L、遠乗り10~12km/Lは、近年の車としてはいまひとつ。。。



でもイヴォークの場合、燃費よりも楽しさが勝っています。
価格

-

故障経験
乗り出し2年弱、パンク1回、キズ少々ですが、10万キロ・ノントラブルです。



これもひとえにマイDさん(J&L岡山さん)の整備の賜物です。

下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

「みんカラ」から、違反報告をする

ランドローバー レンジローバーイヴォーク レビュー・評価一覧

マイカー登録
ランドローバー レンジローバーイヴォーク 新型・現行モデル