現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > レンジローバーイヴォークに人気オプションを標準装備した日本限定お買い得モデル登場! 特別仕様車「ブロンズコレクション キュレーティッド フォー ジャパン」を発表

ここから本文です

レンジローバーイヴォークに人気オプションを標準装備した日本限定お買い得モデル登場! 特別仕様車「ブロンズコレクション キュレーティッド フォー ジャパン」を発表

掲載
レンジローバーイヴォークに人気オプションを標準装備した日本限定お買い得モデル登場! 特別仕様車「ブロンズコレクション キュレーティッド フォー ジャパン」を発表

 この記事をまとめると

■レンジローバーイヴォークに特別仕様車「ブロンズコレクション キュレーティッドフォージャパン」が登場

輸入車が「オシャレ」「個性的」と言われるのは思い込み? 国産車と何が違うのかをデザインのプロが検証

■クラウドとエボニーのによるコンビカラーのレザーシートを採用

■人気のオプションを標準装備したことで車内環境が充実

 スタイリッシュSUVに加わった日本限定の特別仕様車

 ランドローバーが2011年にコンパクトSUVとして発表したレンジローバーイヴォーク。ランドローバーらしい高い悪路走破性とSUVらしからぬスタイリッシュなフォルムを兼ね備えたモデルとして爆発的な人気を博したことはご存知の通り。2019年には2代目モデルが登場しており、スタイリッシュさはそのままにさらに精悍な顔つきでモダンに生まれ変わっている。

 そんなレンジローバーイヴォークに特別仕様車「ブロンズコレクション キュレーティッドフォージャパン」が発表された。ベースとなったのは「ブロンズコレクション」で、装備をより豪華にした日本のみの限定車だ。

 コリンシアンブロンズペイントのルーフに、サテンダークグレイの20インチアロイホイールが特徴で、これは特別仕様車のレンジローバーSV セレニティから発想を得たもの。エアバルブキャップには、ブランドロゴやユニオンジャックがプリントされたスタイルバルブキャップを採用し、エクステリアのアクセントになっている。

 内装には、クラウドとエボニーのコンビカラーとなるレザーシートを採用。運転席が12ウェイ、助手席は10ウェイの電動式になっており、乗る人にあわせた理想的な乗車姿勢を提供してくれる。そのほか、エボニーとスエードクロスのヘッドライニング、サテンクロームのパドルシフト、スポーツペダルカバー、プレミアムキャビンライティングといったスポーティで華やかな装備に加え、ワイヤレスデバイスチャージング、シートヒーター、ウィンドヒーターがついたコールドクライメートパックなどの快適装備も備わり、高級感とおもてなしに溢れた車内空間を作り上げた。

 走行性能を高める装備としては、走行状況に合わせてダンパーの減衰力を自動調整してくれるアダプティブダイナミクスを標準装備。どんな道でも車体をフラットな体制に維持することで、ランドローバーらしい快適性と悪路走破性を両立した。

 そのほかの特別装備としては、ドライブレコーダーも標準装備となった。駐車時の車両の監視や衝突事故などの万が一の際には、記録媒体として大いに役に立ってくれることだろう。

 ランドローバー・レンジローバーイヴォーク「ブロンズコレクション キュレーティッドフォージャパン」のボディカラーは、3色を用意。価格は、ソウルパールシルバー、サントリーニブラックが829万円、カルパチアングレイが833万円。販売台数はそれぞれ65台、20台、65台となり、合計150台の限定モデルとなる。

 ランドローバー・レンジローバーイヴォークに新たに設定された「ブロンズコレクション キュレーティッドフォージャパン」は、人気のオプションを標準装備としたことで、お買い得度の高いモデルとなっている。ただし、台数に限りがあるのでご購入希望の方は早めにディーラーに連絡することをおすすめする。

【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

フォード、サインツとロマに託す新型ラリーカー『ラプターT1+』発表。2025年のダカールに投入へ
フォード、サインツとロマに託す新型ラリーカー『ラプターT1+』発表。2025年のダカールに投入へ
AUTOSPORT web
外車の白サビ問題が根深すぎる!! そもそもどうやって防げばいい!?
外車の白サビ問題が根深すぎる!! そもそもどうやって防げばいい!?
ベストカーWeb
北米スバル、最高出力680PS/922Nmを誇る“怪物”WRX『プロジェクト・ミッドナイト』を初公開
北米スバル、最高出力680PS/922Nmを誇る“怪物”WRX『プロジェクト・ミッドナイト』を初公開
AUTOSPORT web
「零戦」にカリフォルニアで会える! 世界唯一「栄エンジン」搭載の動態保存された機体は一度は見るべし!【ルート66旅_60】
「零戦」にカリフォルニアで会える! 世界唯一「栄エンジン」搭載の動態保存された機体は一度は見るべし!【ルート66旅_60】
Auto Messe Web
お得です!!! ETC2.0カードで追加料金なしに道の駅へ立ち寄れる!? 「一時退出・再進入」とは?
お得です!!! ETC2.0カードで追加料金なしに道の駅へ立ち寄れる!? 「一時退出・再進入」とは?
ベストカーWeb
角田裕毅、グッドウッドでRA272をドライブへ。ニューウェイ、RB17を語る【SNSピックアップ今週のF1界】
角田裕毅、グッドウッドでRA272をドライブへ。ニューウェイ、RB17を語る【SNSピックアップ今週のF1界】
AUTOSPORT web
「一挙両得」を狙ったスポーツサルーン BMW 5シリーズ ベスト・ハイブリッド賞 AUTOCARアワード2024
「一挙両得」を狙ったスポーツサルーン BMW 5シリーズ ベスト・ハイブリッド賞 AUTOCARアワード2024
AUTOCAR JAPAN
面白さで他を「圧倒」 ランボルギーニ・ウラカン・ステラート ベスト・ドライバーズカー賞 AUTOCARアワード2024
面白さで他を「圧倒」 ランボルギーニ・ウラカン・ステラート ベスト・ドライバーズカー賞 AUTOCARアワード2024
AUTOCAR JAPAN
J SPORTS、2024年鈴鹿8耐の決勝を完全生中継。オンデマンドでは7月19日 予選2回目から連日ライブ配信
J SPORTS、2024年鈴鹿8耐の決勝を完全生中継。オンデマンドでは7月19日 予選2回目から連日ライブ配信
AUTOSPORT web
レッドブル&ニューウェイが手がけたハイパーカー『RB17』が初披露。V10エンジン搭載で最高1200馬力
レッドブル&ニューウェイが手がけたハイパーカー『RB17』が初披露。V10エンジン搭載で最高1200馬力
AUTOSPORT web
心斎橋に"フェラーリ通り"誕生!? 「コーンズ大阪 プレオウンドショールーム」オープン コーンズが狙う相乗効果とは
心斎橋に"フェラーリ通り"誕生!? 「コーンズ大阪 プレオウンドショールーム」オープン コーンズが狙う相乗効果とは
AUTOCAR JAPAN
地元出身リンナマエが快挙。最終パワーステージで9.3秒差を逆転しGRヤリス・ラリー2がERC初勝利
地元出身リンナマエが快挙。最終パワーステージで9.3秒差を逆転しGRヤリス・ラリー2がERC初勝利
AUTOSPORT web
1180万超え!? 新型「高級2ドアクーペ&高級オープンカー」発表! 精悍ライトに進化の流麗スタイル「4シリーズ」BMWから日本上陸
1180万超え!? 新型「高級2ドアクーペ&高級オープンカー」発表! 精悍ライトに進化の流麗スタイル「4シリーズ」BMWから日本上陸
くるまのニュース
「完走できないとわかっていた」メルセデスF1、ラッセルのトラブルを第1スティントから監視。予防措置でリタイアを決断
「完走できないとわかっていた」メルセデスF1、ラッセルのトラブルを第1スティントから監視。予防措置でリタイアを決断
AUTOSPORT web
高級シューティングブレークで欧州進出! BYD傘下「デンツァ」追加関税にめげずグローバル展開を強化
高級シューティングブレークで欧州進出! BYD傘下「デンツァ」追加関税にめげずグローバル展開を強化
AUTOCAR JAPAN
日産「240Z」乗りがシボレーC5「コルベット」を増車した理由とは?「あと30年は乗り続けたいですね」
日産「240Z」乗りがシボレーC5「コルベット」を増車した理由とは?「あと30年は乗り続けたいですね」
Auto Messe Web
ハイレベルな競争は「ル・マンでもスパでも大歓迎」ピエール・グイディが語るフェラーリドライバーの役割とWEC後半戦への意気込み
ハイレベルな競争は「ル・マンでもスパでも大歓迎」ピエール・グイディが語るフェラーリドライバーの役割とWEC後半戦への意気込み
AUTOSPORT web
【値上げしてもまだまだお買い得】 アウディRS3セダン 今や希少な純ガソリン高性能車の価値
【値上げしてもまだまだお買い得】 アウディRS3セダン 今や希少な純ガソリン高性能車の価値
AUTOCAR JAPAN

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

699.0964.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

120.0895.0万円

中古車を検索
レンジローバーイヴォークの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

699.0964.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

120.0895.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村