新車価格(税込)

326.2362.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

117.9339.0万円

中古車を検索

グレード情報インサイト

マイナーチェンジ一覧2件2018年12月〜フルモデルチェンジ インサイト

ユーザーレビュー105件インサイト

インサイト

  • 燃費が良い
  • 室内空間が広い
  • 操作しやすい

平均総合評価

4.5
走行性能:
4.2
乗り心地:
4.2
燃費:
4.6
デザイン:
4.6
積載性:
4.3
価格:
3.7

専門家レビュー3件インサイト

所有者データインサイト

  • グレード所有ランキング上位3位

    1. EX(CVT_1.5)
    2. EX・ブラックスタイル(CVT_1.5)
    3. EX(CVT_1.5)
  • 人気のカラー

    1. パール
  • 人気の駆動方式

    AWD
    全輪駆動
    FF
    前輪駆動
    FR
    後輪駆動
    MR
    後輪駆動(ミッドシップエンジン)
    RR
    後輪駆動(リアエンジン)
  • 男女比

    男性
    93.5%
    女性
    5.5%

    その他 0.9%

  • 人気の乗車人数

  • 居住エリア

    1. 関東地方 32.6%
    2. 近畿地方 15.1%
    3. 東海地方 14.9%
  • 年代

  • 年収

車両データと所有者データの数値はマイカーデータとPayPayカードのデータのデータを集計したもの。無回答を除く。

中古車相場 インサイト

平均値を表示しています。

インサイト

インサイトの中古車平均本体価格

232.7万円

平均走行距離39,681km

買取情報インサイト

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車、今いくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

リセール価値インサイト

走行距離別リセール価値の推移

インサイト
グレード:
EX(CVT_1.5)

5年後の売却予想価格

新車価格

349.0万円

売却予想価格

108.8万円

新車価格の 31%

年間平均走行距離
  • 5千km
  • 1万km
  • 2万km
年間平均
走行距離
2025年
1年後
2027年
3年後
2029年
5年後
2031年
7年後
5千km 152万円 130万円

109万円

新車価格の
31%

87万円

新車価格の
25%

1万km 150万円 124万円 97万円 71万円
2万km 145万円 110万円 75万円 39万円

リセール価値のデータは、弊社が独自に算出した参考データであり、将来性・正確性等を保証するものではありません。

このクルマについて インサイト

2018年12月

■2018年12月
ホンダは、ハイブリッド専用車の「インサイト」を2018年12月13日に発表、同年12月14日に発売した。

3代目となるインサイトは世界的に人気の高いミドルクラスセダンとして設定。「品格」を表現したというエクステリアデザインは上質な走りと環境性能を予感させる、流麗なシルエットに仕上げたという。ボディサイズは全長4675mm×全幅1820mm×全高1410mm、ホイールベース2700mm。シビックよりもわずかに大きく、ワイド&ローの強調されたスタイルを特徴としている。

インテリアは上質でエレガントな仕上がりを追求し、インストルメントパネル全体をシンプルな面と線で構成し、視覚的にノイズの少ない高品位な見え方を実現したという。また、リアルステッチソフトパッドをあしらうことで見た目や触感にも配慮し、先進デバイスを配置したセンターコンソール、大型2眼メーターなど、使いやすさや見やすさにこだわったデザインとした。

パワートレインにはホンダの2モーターハイブリッドシステム「SPORT HYBRID i-MMD」を1.5リッターDOHC i-VTECエンジンと組み合わせて搭載。エンジンは最高出力80kW(109ps)/6000rpm、最大トルク134Nm/5000rpm、モーターは最高出力96kW(131ps)、最大トルク267Nmを発生する。すべてのグレード(「EX・ブラックスタイル」、「EX」、「LX」)にこのユニットが搭載されており、燃費は「LX」がJC08モード34.2㎞/L、WLTCモード28.4㎞/L、「EX・ブラックスタイル」と「EX」がJC08モード31.4㎞/L、WLTCモード25.6㎞/Lを実現している。

パッケージングについてはIPU(インテリジェントパワーユニット)を小型化して後席下に配置。これによりハイブリッド車であることを感じさせない居住空間と519Lのトランクルーム容量を実現。また、「会話や音楽を妨げない、ストレスフリーの上質空間」を目指し、伝達振動の効果的な低減や防音材の適性配置を行うことですぐれた静粛性を実現したという。

安全運転支援技術「ホンダセンシング」は全タイプに標準装備。渋滞追従機能付きACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)、LKAS(車線維持支援システム)、標識認識機能、オートハイビーム機能などが備わり、安全かつ快適なドライブをサポートする。また、インターナビ+リンクアップフリー+ETC2.0車載器(ナビゲーション連動)も全タイプに標準装備としている。

※ 掲載しているすべての情報について保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格のため、掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。詳細は、メーカーまたは取扱販売店にてお問い合わせください。