現在位置: carview! > 新車カタログ > ホンダ(HONDA) > インサイト > 専門家レビュー・評価一覧 > 色っぽさを備えた実用的ハイブリットセダン

ホンダ インサイト 「色っぽさを備えた実用的ハイブリットセダン」の専門家レビュー ※掲載内容は執筆日時点の情報です。

工藤 貴宏
工藤 貴宏
自動車ジャーナリスト
評価

4

デザイン
4
走行性能
4
乗り心地
4
積載性
4
燃費
5
価格
3

色っぽさを備えた実用的ハイブリットセダン

2021.10.29

年式
2018年12月〜モデル
総評
大きすぎないハイブリッドセダンが欲しい。走りが爽快で、美しいデザインと広いトランクは外せない条件……。そんな人にオススメできるモデルだ。もう少し安ければ……そこだけが惜しい。
満足している点
ハイブリッドの燃費のよさと爽快な走り、そして広いトランクなど、美点は多い。しかし、あえて注目したいのはデザイン。気品と美しさがあって、ハイブリッド云々ではなくカッコよさで選びたくなるセダンだ。
不満な点
しいて言えば、価格はやや高いように思える。最大のライバルはトヨタ「カローラ」のハイブリッドモデルであり、本当はプリウスと価格面で勝負できるといいのだが……。ただ、カーナビ標準装備を考えると決してコスパは悪くない。
デザイン

4

スポーツカーのような超小型の3ドアハッチバックにはじまり、ファミリーユースにジャストな5ドアハッチバック、そして中型サイズのセダンとフルモデルチェンジのたびにボディタイプを変化させてきたインサイト。現行モデルはシビックセダンの先代モデルとボディシェルを共用するが、ガンダムチックな先代シビックとは対照的に、流麗なデザインで上品。プロポーションもいいし、艶やかな曲線の使い方が色っぽい。
走行性能

4

e:HEV(イー・エイチ・イー・ブイ)というちょっと呼びにくいネーミングのホンダ式ハイブリッドシステムは、エンジンがほぼ発電機になり、多くの領域でモーターだけが駆動力を生み出す(高速ではエンジンのパワーをダイレクトに伝える領域もあるが範囲は狭い)。その走行感覚は爽快のひとこと。スムーズで伸びやかなモーターならではの感覚は、加速がクセになりそうなほどだ。
乗り心地

4

強固に作られたボディに加えて重量のかさむバッテリーを低い位置に積む低重心の効果もあって、良好な乗り心地。ファミリーセダンとして後席に座る人から不平や不満が出ないと言い切れるほど、快適性は高い。
積載性

4

トランク容量に「ハイブリッドだから」という言い訳はいらない。奥行きも深さも、非ハイブリッド車と同じレベルの寸法を実現しているのだから立派だ。VDA式計測による容量はなんと519Lで大型スーツケースを3個積載可能。後席を倒さなくても床の奥行きが900mmあり、後席を倒してトランクスルーにできるのも美点。これだけ広い荷室を確保できた理由は、駆動用バッテリーを後席座面下に収めたからだ。
燃費

5

WLTCモード燃費値は24.4〜28.4km/L。ハイブリッドモデルだけあって、それなりに車体の大きなセダンながら良好だ。アクセルを踏み過ぎないように心がければ、実燃費でも20km/L程度までは期待できる。
価格

3

ベーシックなグレードの「LX」で335万5000円から。ハイブリッド専用車ということもあってリーズナブルとは言いがたいが、ガソリン車である現行型シビックが319万円からと考えれば、ハイブリッドが備わりこの価格は納得できる範囲内。カーナビも標準装備する。
工藤 貴宏
工藤 貴宏
自動車ジャーナリスト
1976年生まれ。クルマ好きが高じ、大学在学中に自動車雑誌の編集部でアルバイトしたことをきっかけに、そのまま就職。そして編集プロダクションを経てフリーランスの自動車ライターに。日々新車を試乗し、日夜レポートを書く日々も気がつけば10年以上。そろそろ、家族に内緒でスポーツカーを買う癖はなんとかしないと。
ホンダ インサイト 新型・現行モデル