現在位置: carview! > 新車カタログ > ホンダ(HONDA) > インサイト > 専門家レビュー・評価一覧

ホンダ インサイト 専門家レビュー・評価一覧

マイカー登録
ホンダ インサイト 新型・現行モデル
3 件中 1~3件を表示

※掲載内容は執筆日時点の情報です。

  • 西村 直人
    西村 直人
    自動車ジャーナリスト
    評価

    4

    デザイン
    5
    走行性能
    4
    乗り心地
    4
    積載性
    4
    燃費
    5
    価格
    4

    日本にジャストサイズの流麗系セダン

    2022.1.17

    年式
    2018年12月〜モデル
    総評
    ホンダ・ハイブリッド歴の礎である初代インサイト。2シーターだった初代の弱点を克服し2代目は5名乗りに。3代目の現行モデルでは手貼り処理したステッチ入りのソフトパッドを面積の大きなグローブボックスに用いるなど、これまで足りなかった上質さを高めた。市場の声を真摯に反映した正常進化型の正統派セダン。まだ間に合う。是非ともディーラー試乗を!
    満足している点
    美しい外観と南アフリカ原産の植物「カラーリリー」を模した独創の内装設計。3代目となる現行モデルはとりわけ上質になった。それでいてホンダ初の量産ハイブリッドカーであるインサイトの名に恥じない高い実用燃費数値を両立。地味派手という言葉がぴったりだ。セダンボディだがヒップポイントは人間工学上、理想とされる600mmに近く乗り降りも楽だ。
    不満な点
    不満はほとんどない。強いて上げれば4WDのラインアップがあれば良かったが、このクラスは設定しても選択率は10%以下なのでコスト高のみを招く。声を大にして言いたいのはホンダ内におけるインサイトの扱いだ。セダンボディはセールスし辛いだろうが、これだけ良い性能があるのにアピールがとても弱い。残念ながら2022年内に販売終了を迎える。
    デザイン
    全幅こそ1820㎜と若干広めだが、全長は5ナンバーサイズ。全高も1410㎜で低すぎないから乗降性も良好だ。ミニバン、SUV全盛のホンダラインアップのなかで地味に映るが、じつはスタイリッシュなセダン。なだらかなルーフラインに対して前後輪のフェンダーは力強く盛り上がり全体のバランスを保つ。インテリアも白色が選択できるなど優雅だ。

    続きを見る

  • 工藤 貴宏
    工藤 貴宏
    自動車ジャーナリスト
    評価

    4

    デザイン
    4
    走行性能
    4
    乗り心地
    4
    積載性
    4
    燃費
    5
    価格
    3

    色っぽさを備えた実用的ハイブリットセダン

    2021.10.29

    年式
    2018年12月〜モデル
    総評
    大きすぎないハイブリッドセダンが欲しい。走りが爽快で、美しいデザインと広いトランクは外せない条件……。そんな人にオススメできるモデルだ。もう少し安ければ……そこだけが惜しい。
    満足している点
    ハイブリッドの燃費のよさと爽快な走り、そして広いトランクなど、美点は多い。しかし、あえて注目したいのはデザイン。気品と美しさがあって、ハイブリッド云々ではなくカッコよさで選びたくなるセダンだ。
    不満な点
    しいて言えば、価格はやや高いように思える。最大のライバルはトヨタ「カローラ」のハイブリッドモデルであり、本当はプリウスと価格面で勝負できるといいのだが……。ただ、カーナビ標準装備を考えると決してコスパは悪くない。
    デザイン
    スポーツカーのような超小型の3ドアハッチバックにはじまり、ファミリーユースにジャストな5ドアハッチバック、そして中型サイズのセダンとフルモデルチェンジのたびにボディタイプを変化させてきたインサイト。現行モデルはシビックセダンの先代モデルとボディシェルを共用するが、ガンダムチックな先代シビックとは対照的に、流麗なデザインで上品。プロポーションもいいし、艶やかな曲線の使い方が色っぽい。

    続きを見る

  • まるも 亜希子
    まるも 亜希子
    自動車ジャーナリスト
    評価

    4

    デザイン
    4
    走行性能
    5
    乗り心地
    5
    積載性
    5
    燃費
    5
    価格
    5

    実は超実用性が高い優等生セダン

    2021.10.29

    年式
    2018年12月〜モデル
    総評
    大袈裟な豪華装備は用意されていませんが、後席までしっかり快適な装備とスペースがあり、エレガントな内外装と効率的で気持ちのいい走りがすべて手に入る、大きすぎないセダンとしてとてもいいチョイスだと思います。
    満足している点
    ひとつひとつ丁寧に仕上げたことが伝わってくるような、心地いい空間となっているインテリア。ダッシュボードなど手が触れやすいところにスエードなどホッとするような素材を使っているのも魅力的です。
    不満な点
    シフトレバーではなく、ボタンを押してDやRを切り替えるタイプ。突起物がないので収納やスイッチなどの使い勝手はよくなりますが、慣れないうちは夜間によくボタンの位置が見えないなど、好き嫌いが分かれそうです。
    デザイン
    迫力や押し出し感とは無縁のような、穏やかでエレガントさが印象的なデザイン。初代と2代目からすると、大きくなりすぎたボディとも思えますが、セダンらしいフォーマルな雰囲気とスポーティなエッセンスが絶妙です。

    続きを見る

1

インサイトを見た人はこんな車と比較しています

※ 掲載しているすべての情報について保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格のため、掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。詳細は、メーカーまたは取扱販売店にてお問い合わせください。

ユーザーレビューを投稿する

ユーザーレビューを投稿する

※自動車SNSサイト「みんカラ」に遷移します。
みんカラに登録して投稿すると、carview!にも表示されます。

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!