現在位置: carview! > カタログ > フィアット > 500(チンクエチェント) > レビュー・評価一覧 > ・試乗とはいえ、こんなに運転して楽しく、なお...

フィアット 500(チンクエチェント) 「・試乗とはいえ、こんなに運転して楽しく、なおかつ気分を高揚させるツインエアー500は素晴らしい。 ・今の時代を十分に考えながら、クルマ本来の楽しさを」のレビュー

アウレリア アウレリアさん

フィアット 500(チンクエチェント)

グレード:-

乗車形式:試乗

評価

3

走行性能
-
乗り心地
-
燃費
-
デザイン
-
積載性
-
価格
-

・試乗とはいえ、こんなに運転して楽しく、なおかつ気分を高揚させるツインエアー500は素晴らしい。 ・今の時代を十分に考えながら、クルマ本来の楽しさを

2011.5.20

総評
・試乗とはいえ、こんなに運転して楽しく、なおかつ気分を高揚させるツインエアー500は素晴らしい。
・今の時代を十分に考えながら、クルマ本来の楽しさを、ガソリンエンジンとオートマチックだけで成立できるのか? そして実用性は両立できるのか?
・今回の試乗で、一つの答えを実感しました。
・もはや日本ではクルマを白物家電や電車のように使いたい人の方が多いのだと思います。けれども日常生活の中でクルマが移動の楽しさを感じさせてくれればとてもステキな事だと思います。
試乗ではありますが、深い感銘を受けました。創り手の意志や高い志が伝わって来たように思いました。
・大きな利益がないのに、こんなに魅力的なクルマを輸入してくれるインポーターに敬意を表します。
満足している点
・日本では、ボディデザインのほうが受けているようで、オジンの私は購入意欲が湧かなかった。しかし、ツインエアーが発表され、歴史的なプロフィールをくすぐられ、かねがね試乗したいと思っていました。
・900CC 2気筒…このエンジンと現代の500のボディのバランスはどうなんだろう?
・今どきの軽自動車でも、2気筒なんてありえない。ターボが付いていても、ましてや360クランク。軽自動車でも3気筒はアイドリングなど振動大きい。とても心配で、予想される不満点はクリヤーできるかと、心配していました。
・ディーラの方は、横に乗らず、自由に乗って下さいと言う。免許証の確認も、見せるだけでOKでした。
・恐る恐る走り出すと…ネガティブなはずの2気筒エンジンが、ボディと理想的に調和している!エンジンの鼓動感が確かにあり、軽量・コンパクトでキュートなボディを軽快に加速させます。心配していた不快な振動も、なくはないが、納得できるレベルです。
絶対的かつ総合的な性能ではきっとポロが勝っていると思います。では500の魅力は?
試乗して、積極的にデュアロジックのレバーをカチカチやってみて下さい。うまく手が届くように作ってあります。積極的にシフトして、エンジンやクルマとの対話を感じて下さい。私は運転中のクルマとの一体感に、この頃では希なくらい好感を抱きました。
500というボディ、ツインエアー2気筒そして、デュアロジックの変速機がいかにこのクルマのキャラクターを魅力的にしているか…。
一般受けするCVTだったら、決して試乗すらしなかったと思います。
でもデュアロジックは積極的に乗り手との対話を求めてきます。消極的な運転態度では、ギクシャクと不満を訴えてきます。
セミオートマテックでも、さすがはイタリアン!
庶民的なサイズに本来のクルマ好きの魅力を高濃度に凝縮してくれました。
だって、普通の狭い路地や少しの直線がある農道をイキイキと楽しく走れるんですから!そんなところがいい。
不満な点
・2ドアとか、ATがギクシャクするとか、不満を感じるとすれば、直ちに迷うことなく他のクルマに行くと良い。
・不満が多くても、このクルマにしかない魅力を感じる人がオーナーになるべきです。その潔さがよい。
・車両重量が1t未満でないこと。こんなに楽しくて質素なクルマこそ、税金は安くあるべき。
デザイン

-

走行性能

-

乗り心地

-

積載性

-

燃費

-

価格

-

故障経験

下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

「みんカラ」から、違反報告をする

フィアット 500(チンクエチェント) レビュー・評価一覧

フィアット 500(チンクエチェント) 新型・現行モデル