サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「チンク」の誕生日を「田んぼアート」でお祝い! 500ファン感涙のフィアットピクニックが開催

ここから本文です

「チンク」の誕生日を「田んぼアート」でお祝い! 500ファン感涙のフィアットピクニックが開催

 今年は倍率10倍のシークレットイベントとして開催

 毎年7月4日は、フィアットのファンやイタリア車好きにとってはちょっと特別な日。1957年のこの日、後にイタリアの国民車と呼ばれることになる歴史的な名車、ヌォーヴァ500こと2代目フィアット500が発表された日だからだ。

優等生だらけのいまでも「乗り手」を選ぶ「クセモノ」! 恋人になれればドハマリする「人見知り」系クルマ5選

 今も世界中で好調な売れ行きを見せている現行フィアット500も、それにちなんで2007年のこの日、盛大なイベントともに発表されている。7月4日はチンクエチェントのバースディなのだ。

 そんなところからFCAジャパンでは、毎年この時期に公式的なバースディ・イベント、『フィアット・ピクニック』を開催している。全国のフィアット・オーナー達が楽しみにしている、年に一度の盛大なイベントだ。

 今年はちょうど日曜日だったこともあって、まさに7月4日その日の開催となった。が、日本はいまだ出口の見えないパンデミックとの戦いの真っ最中。感染症拡大防止対策のため、10倍の倍率をクリアできたオーナーさん以外には開催場所を知らせない、ある種のシークレット・イベントとして行われた。

 開催場所は、新潟県燕市の市役所駐車場。フィアットが燕市とコラボレーションし、地元の農家の方々などの協力で制作している“田んぼアート”に隣接した特設会場だった。春先に植えた苗がちょうど色づきはじめたタイミング。田んぼアートをフィアット・オーナーに見て楽しんでもらおう、ということだろう。

 この田んぼアートは、FCAジャパンのマーケティング本部長、ティツィアナ・アランプレセさんが旗振り役となってフィアットが2014年から取り組んでいる『フィアット×メイド・イン・ジャパン・プロジェクト』の取り組みのひとつ、アグリ・アート・プロジェクトの一環。「農業体験を通じて環境意識の向上を図るとともに、サステナブルな未来に思いを込めて”食・文化・アート・デザイン”の融合を実現させよう」というものだ。

 カラフルな苗を植え分けることで、これから日本に導入されるチンクエチェントのBEVをメインに、富士山と東京タワーと鳥居で日本を、ローマのコロッセオとピサの斜塔でイタリアを表現し、両国の結びつきを示した図柄を形成。それはお見事! のひと言。8月下旬頃までは誰もが無料で観覧することができるそうで、またフィアット×メイド・イン・ジャパン・プロジェクトの公式サイトでは田植えから完成までの様子を動画で観ることができるので、御覧いただけけるといいな、と思う。

 話題の500eをいち早くファンにお披露目

 そしてこの日のイベントのもうひとつのハイライトは、500eことチンクエチェントのEVが、サプライズで会場に展示されたことだろう。

 まだ日本仕様がどうなるかも確定していないということで、クルマの仕様をはじめとした具体的なことは何ひとつアナウンスされなかったが、生憎の空模様の下、会場にいたフィアットのオーナー達は熱い視線でクルマを見つめ、カメラやスマホを向けていた。

 そう、この日は残念なことに雨だったのだ。が、キャンセルはほとんどなく、81組204人のフィアット・ユーザー達が参加。

 フィアットが参加者へのプレゼントとして配布したオリジナル・タープを張ったその下でゆったりした時間を過ごしたり、傘の花々の下でテノール歌手の柴田泰孝さんの歌う美しいカンツォーネに耳を傾けたり、と空になど全く負けずに1日を楽しんでいたのが印象的。

 昨年はオンラインでの開催だったこともあって、年に一度のフィアット・ピクニックの開催をどれだけ心待ちにしていたのかが窺い知れた。

 来年はもっとオープンに開催されることを祈りたい。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します