『1980年代だったと思うのですが、ダイハツ・シャレード...』 ダイハツ シャレード のみんなの質問 | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!

現在位置: carview! > カタログ > ダイハツ > シャレード > みんなの質問 > 1980年代だったと思うのですが、ダイハツ・...

『1980年代だったと思うのですが、ダイハツ・...』:ダイハツ シャレード

解決済み1980年代だったと思うのですが、ダイハツ・シャレード・ディーゼルに中古屋さんで試乗しましたが、あまりの騒音と振動と黒煙で買うのを止めた記憶があります。

1980年代だったと思うのですが、ダイハツ・シャレード・ディーゼルに中古屋さんで試乗しましたが、あまりの騒音と振動と黒煙で買うのを止めた記憶があります。中古車だからあの状態だったのか、いまだに腑に落ちない記憶です。あの車は何ccの車だったのでしょうか、新車でも騒音、振動、黒煙は凄かったのでしょうか?乗ってた方、教えて下さい。

ベストアンサーに選ばれた回答

新車の時は静かでしたよ。
エンジンの耐久性は低くかったですが。

回答一覧

5件中 1~5件
  • ロックグループ BALANCE起用してあのエンジン音をロックンディーゼルと言いました。ダイハツ特許のダイヤカットノズルが自慢でした。アンチなターボでターボも追加しました。あの頃はめっちゃガソリン高かったので売れました。俺はアクセル全開で後ろの車に黒煙あびせるのが楽しかったです。

  • ダイハツ・シャレード・ディーゼル車(1L直3気筒エンジン確かターボは50PS)2代目ノンターボ・ターボーの5MT(ハンドル重)・3代目ターボーの3AT(標準装備のパワステ付き)も運転(みんな人の車)したこともありますが、ノンターボ・ターボーの5MTは新車でも(ダイハツ・シャレードのガソリン車1代目ノンターボ3AT・2代目デ・トマソターボとの比較)騒音が大きく、振動(ハンドル持ったらすごい)黒煙(当たり前)、ターボーの3ATになると騒音、振動、黒煙は少なくなったようなエンジンでした。今はオイル交換は当たり前ですが、当時はオイルが入っていればいいという時代でしたので騒音、振動、黒煙がますますひどくなったことを覚えています。オイルをこまめに替えていれば印象が変わっていたかもしれませんね。

  • あの当時は乗用車のディーゼルも多種ありましたが、現在の2トン車4リッターディーゼルクラスより振動・騒音は上でしたね、
    特に顕著なのは黒煙で、トラックと言えど黒煙は皆無言ってもいい程です。

    ダイハツは3発の1リッターディーゼルでしたが、当時はセドリックをはじめあのスカイラインも6発ディーゼルモデルがあり、かなりの走りはあったものの蛸墨よろしく黒煙モクモクでした。

  • 1000cc3気筒だったはずです。
    メーカーが「ロックンディーゼル」と言っていたくらいですから
    振動は多めでした。
    このエンジンの失敗から各メーカーも小排気量ディーゼルに
    未来はないと知ったようです。

  • トヨタのディーゼルは1500だったけどダイハツのは?

    1000cc3気筒で新車から結構な振動とディーゼルノックがあったそうです。

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。