現在位置: carview! > 新車カタログ > BMW(BMW) > X1 > 専門家レビュー・評価一覧 > BMWで一番バランスが優れたSUV

BMW X1 「BMWで一番バランスが優れたSUV」の専門家レビュー ※掲載内容は執筆日時点の情報です。

工藤 貴宏
工藤 貴宏
自動車ジャーナリスト
評価

4

デザイン
3
走行性能
4
乗り心地
3
積載性
4
燃費
4
価格
2

BMWで一番バランスが優れたSUV

2021.10.29

年式
2015年10月〜モデル
総評
ある意味、BMWのSUVのなかでもっともパッケージングが優れているといっていいかもしれない。車体サイズと後席や荷室の広さとのバランスがいいのだ。日本でも使いやすい車体サイズで、日常に寄り添ったBMWのSUVと考えた場合、魅力度はナンバーワン。
満足している点
後輪駆動ベースではないとはいえ、BMWらしい軽快なハンドリングはやっぱり運転する歓びを満たしてくれる。そして、BMWというブランドからは意外かもしれないが、後席や荷室の広さといったパッケージングも良好。
不満な点
BMWがこだわってきた後輪駆動ではなく、エンジンやプラットフォームがMINIと同じ……というのは、気にしても仕方がない。それよりも新車として考えた場合、デビューから6年が経過して内外装デザインや機能面で少し鮮度が落ちたことが気になる。
デザイン

3

2015年にデビューした2代目は、初代に比べてプロポーションのまとまりがよくなった。FRシャシーを使った初代はボンネットが長く(それはそれでシューティングブレーク的な独自の魅力もあったが)、プロポーションとしてはちょっと不自然。いっぽう2代目はボンネットを短くしてキャビンが前に出たことでスタイルのバランスが取れている。
走行性能

4

現行型デビュー時には「FFのBMWなんて…」という声も聞こえ、たしかにFRのようなアクセルでコントロールするダイナミックな走りができないのは事実。しかし、峠道などを走ると“さすがBMW”と納得のハンドリングを味わうことができる。ハンドルを切った後の反応や、スッと曲がっていくノーズの入り方はなかなかの爽快感だ。エンジンはディーゼルの低回転トルクの力強さが魅力。
乗り心地

3

良好。SUVながらも車高や重心の高さに起因するサスペンションの硬さや不自然な揺れはなく、ロングドライブも快適だ。後席の足元スペースが広いのも快適性を高めてくれる。
積載性

4

後席使用時の荷室容量は505Lと、このクラスにしては広めに確保。さらに、後席に130mmのスライド機能を用意、床下には100Lの収納スペースを用意するなど、実用性を高める仕掛けが組み込まれるのも知っておくべきポイントだ。
燃費

4

18.4km/LというディーゼルエンジンのWLTCモード燃費はもちろん、14.3km/Lをマークするガソリン車(sDrive 18i)の燃費もなかなかのもの。燃費性能は良好なのでロングドライブも気軽に行ける。扱いやすさではディーゼル優勢だ。
価格

2

2021年11月現在、ガソリン車は467万円、ディーゼル車は503万円から。国産のCセグメントSUVに比べると高めだが、欧州ライバルに比べるとそれほど高いわけでもない。むしろ、この価格でBMWのSUVが手に入ると思えば魅力的だ。
工藤 貴宏
工藤 貴宏
自動車ジャーナリスト
1976年生まれ。クルマ好きが高じ、大学在学中に自動車雑誌の編集部でアルバイトしたことをきっかけに、そのまま就職。そして編集プロダクションを経てフリーランスの自動車ライターに。日々新車を試乗し、日夜レポートを書く日々も気がつけば10年以上。そろそろ、家族に内緒でスポーツカーを買う癖はなんとかしないと。
BMW X1 新型・現行モデル