現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 乗り心地も操縦性もヨシ! 熟成されたBMW X1も後席で感じた不満とは?

ここから本文です

乗り心地も操縦性もヨシ! 熟成されたBMW X1も後席で感じた不満とは?

掲載 4
乗り心地も操縦性もヨシ! 熟成されたBMW X1も後席で感じた不満とは?

 BMW X1のプラットフォームは先代からのキャリーオーバー。熟成の域に達しており乗り心地も操縦性もイイ!! 残念だったのが後席の乗降性とシートクッションの薄さがマイナスポイントとなった。

※本稿は2023年12月のものです
文/水野和敏、写真/BMW、ベストカー編集部、撮影/池之平昌信
初出:『ベストカー』2023年12月26日号

乗り心地も操縦性もヨシ! 熟成されたBMW X1も後席で感じた不満とは?

■上質な乗り心地と高い操縦性

BMW X1はしなやかで上質な乗り心地と安心感のある操縦性を作り上げている

 ではいつものように歩くほどのゆっくりとした速度で、ステアリングを左右に大きく切ります。

 操舵に対する反応は、ずいぶんとマイルドです。反応が薄いとか鈍いということではなく、しっかりと反応はしているのですが、車体の反応が穏やかなのです。

 また、走り出して感じる路面のザラザラ感をスッといなして上質な乗り味を作り出しています。ロードノイズも小さいです。

 これはショックアブの低速域、0.03m/sec域を抜いて、フリクションを小さくし、きちんと動かしていることに加え、ブッシュ類も柔らかくして路面の凹凸振動を吸収しています。

 それにより、操舵に対する反応もマイルドになっているのです。バネは比較的硬いセッティングです。

 ショックアブを緩めた分、バネの硬さで操舵に対する車体の反応を引き出しています。これは上質な乗り味です。X3クラスの質感です。

 ただし、ペイント段差の波状路面を40km/hで通過すると、入力はスッとソフトなのですが次第に“タタン、タタン”と振動感が増幅されます。

 これはショックアブの伸び側の減衰力が強いため、連続段差で足が伸び切る前に次の入力を受けてしまうためです。特にリアサスの伸び側です。

■スポーツモードでの乗り心地の硬さも逆にイイ

操舵に対する前後のバランスは良好。以前のBMWとは違い、マイルドにトルクが付いてくる。スポーツモードは若干硬いが山道では程よい硬さだ

 速度を上げていくと、操舵に対する前後のバランスはいいですね。変にフロントがつんのめるようなことはなく、フロントの動きにリアが遅れることなく追従します。

 下り込みでブレーキングをしながらのターンインでも、フロント外輪に荷重が集中することはありません。安心感のある操縦性。このシャシーのセッティングは絶妙です。

 スポーツモードに切り替えると、やや硬さを感じますが、操舵に対するレスポンスなど全体的にしゃっきり感が増して山道では好ましいです。

 ちょっと路面のザラザラ感を感じるようになるとともに、ロードノイズも増えますが、けっして不快なほどではありません。

 2Lディーゼルターボは、以前のBMWにありがちだったドカンとトルクが立ち上がる特性ではなく、マイルドにトルクが付いてくる印象。

 アクセルの踏み加減に対し、ワンテンポ遅れてレスポンスする印象ですが、トルクの出方はリニアで加速に違和感はありません。

 これは燃費を意識したチューニングです。トルク特性はドライバーに燃費のいい運転をさせる特性です。これは「賢い」出力特性のセッティングです。

 フルブレーキを試します。初期からしっかりと制動力が立ち上がり、ノーズダイブも抑えられていて姿勢が安定しています。ブレーキのバランスもいいです。熟成された上質感を感じます。

■水野和敏 取材メモ

・プラットフォームは従来型からのキャリーオーバーながら、細部をブラッシュアップすることで、上質な乗り心地と高い操縦安定性を両立している。
・2Lディーゼルターボエンジンはドカンとトルクが盛り上がるタイプではなく、フラットトルクでアクセル開度に対しリニアにパワーが付いてくるチューニング。
・後席はドア開口部の足元部が狭く、乗降時の足の通過性がよくない。後席シートはクッションが薄く硬い。

■水野さんによるBMW X1の採点は……92点!

上質な乗り心地と操縦性のバランスが高評価。操舵に対し低速ではマイルドに、高速度ではリニアに反応する車体の反応が絶妙だ。後席の乗降性と居住性(シート周り)の悪さがマイナスポイント

 基本的には従来型のプラットフォームをキャリーオーバーして開発されているが、今回のシャシーチューニングは絶妙で、上質な乗り心地と操縦性を上手くバランスさせている点は高く評価したい。

 特に、操舵に対する車体の反応をマイルドにしながらも、ハイスピード領域ではしっかりとした操舵に対するリニアな反応を作り出している操縦性のチューニングは絶妙だ。

 2Lディーゼルターボはトルクのパンチ力はあえて抑えて燃費と滑らかさを重視したセッティングで現代的。動力性能に不満はない。

 マイナスポイントは後席乗降性の悪さと、後席居住性(シート周り)の悪さだ。

●BMW X1 xDrive 20d M Sport主要諸元
・全長:4500mm
・全幅:1835mm
・全高:1625mm
・ホイールベース:2690mm
・最低地上高:189mm
・最小回転半径:5.4m
・車両重量:1740kg
・エンジン:直列4気筒DOHCディーゼルターボ
・総排気量:1995cc
・最高出力:150ps/4000rpm
・最大トルク:36.7kgm/1500-2500rpm
・モーター出力/トルク:19ps/5.6kgm
・トランスミッション:7速DCT
・WLTCモード燃費:19.5km/L
・Fサスペンション:ストラット
・Rサスペンション:マルチリンク
・タイヤサイズ:225/55R18
・車両価格:606万円

関連タグ

こんな記事も読まれています

【正式結果】2024年F1第10戦スペインGP決勝
【正式結果】2024年F1第10戦スペインGP決勝
AUTOSPORT web
トヨタ新型「FJクルーザー」…じゃないの!? 新型「本格SUV」公開! “既視感ありまくり”デザインが大反響! カクカクすぎる「V23」中国で登場し熱視線集まる
トヨタ新型「FJクルーザー」…じゃないの!? 新型「本格SUV」公開! “既視感ありまくり”デザインが大反響! カクカクすぎる「V23」中国で登場し熱視線集まる
くるまのニュース
ジープの小型SUV『アベンジャー』、欧州受注10万台達成…日本仕様は今夏発表へ
ジープの小型SUV『アベンジャー』、欧州受注10万台達成…日本仕様は今夏発表へ
レスポンス
中国の巨大企業「ジーリー」が日本で試乗会……だが行ってみたら謎のイベント! ブランドの将来に不安しかない
中国の巨大企業「ジーリー」が日本で試乗会……だが行ってみたら謎のイベント! ブランドの将来に不安しかない
WEB CARTOP
アルピーヌがブランド初の電動モデル「A290」の日本導入を検討中とアナウンス
アルピーヌがブランド初の電動モデル「A290」の日本導入を検討中とアナウンス
カー・アンド・ドライバー
【MotoGP】アプリリア、マルコ・ベッツェッキと複数年契約。2025年シーズンはファクトリーチームでマルティンとコンビ
【MotoGP】アプリリア、マルコ・ベッツェッキと複数年契約。2025年シーズンはファクトリーチームでマルティンとコンビ
motorsport.com 日本版
国交省のスキャンツール補助金、7月30日から申請受け付け開始 研修受講費も一部補助
国交省のスキャンツール補助金、7月30日から申請受け付け開始 研修受講費も一部補助
日刊自動車新聞
[15秒でわかる]メルセデスベンツ『eアクトロス600』…大型EVトラックが量産間近
[15秒でわかる]メルセデスベンツ『eアクトロス600』…大型EVトラックが量産間近
レスポンス
【ベンツとアウディの一騎打ち】36枚もの画像とともに綴るエステートカー対決 アウディA6アバント対メルセデスE 220 dエステート
【ベンツとアウディの一騎打ち】36枚もの画像とともに綴るエステートカー対決 アウディA6アバント対メルセデスE 220 dエステート
AutoBild Japan
高速空白地帯「豊橋」が「新東名直結」に!? 将来は長野直結!?「浜松湖西豊橋道路」手続き進行中 自動車工業地帯に念願の高速道路
高速空白地帯「豊橋」が「新東名直結」に!? 将来は長野直結!?「浜松湖西豊橋道路」手続き進行中 自動車工業地帯に念願の高速道路
くるまのニュース
ケータハム『スーパーセブン600&2000』を発表…初期のスーパーセブンにインスピレーション
ケータハム『スーパーセブン600&2000』を発表…初期のスーパーセブンにインスピレーション
レスポンス
220馬力のホットハッチ アルピーヌ新型「A290」世界初公開! ブランド初のピュアEVは全長4mの5ドア・スポーツモデル
220馬力のホットハッチ アルピーヌ新型「A290」世界初公開! ブランド初のピュアEVは全長4mの5ドア・スポーツモデル
VAGUE
タクシー配車アプリの普及で「なりすまし乗車」問題勃発! 他人が乗ってお金だけ支払う最悪の事態は日本でも起こり得る!!
タクシー配車アプリの普及で「なりすまし乗車」問題勃発! 他人が乗ってお金だけ支払う最悪の事態は日本でも起こり得る!!
WEB CARTOP
日産 新型「“3列7人乗り”ミニバン」初公開に大反響! 全長“5m”級&大開口スライドドア! 利便性バッチリな「エヴァリア」フランス登場! 日本販売熱望の声も
日産 新型「“3列7人乗り”ミニバン」初公開に大反響! 全長“5m”級&大開口スライドドア! 利便性バッチリな「エヴァリア」フランス登場! 日本販売熱望の声も
くるまのニュース
コンパクトボディとエキサイティングなスポーツライディングを実現! スズキが「GSX-R1000」2025年モデルを北米で発売
コンパクトボディとエキサイティングなスポーツライディングを実現! スズキが「GSX-R1000」2025年モデルを北米で発売
バイクのニュース
現状F1最速はマクラーレン? フェラーリのサインツJr.が指摘「最も安定している。弱点が見えない」
現状F1最速はマクラーレン? フェラーリのサインツJr.が指摘「最も安定している。弱点が見えない」
motorsport.com 日本版
BMWアルピナ B8グランクーペ【1分で読めるスーパーカー解説/2024年最新版】
BMWアルピナ B8グランクーペ【1分で読めるスーパーカー解説/2024年最新版】
Webモーターマガジン
5月のSUVセールスランキング、ヤリスクロスが首位奪回!(24年5月の軽自動車を含むSUV車販売登録ランキングTOP20)
5月のSUVセールスランキング、ヤリスクロスが首位奪回!(24年5月の軽自動車を含むSUV車販売登録ランキングTOP20)
カー・アンド・ドライバー

みんなのコメント

4件
  • **********
    ボディーサイズ手頃。
    室内広々。
    走行性能問題なし。
    燃費良し。

    極めて良いクルマ。
  • qyp********
    ディーゼルとは言えWLTCモード燃費で19.5km/Lは驚異的だ。
    同クラスのアウディQ3やMBのGLAよりも圧倒的に良い。どういうことなんだろうか。

    X1の居住性が悪いって言ったらもうすぐ出てくるX2もアウディQ3SBは乗れないな。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

540.0786.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

7.9788.0万円

中古車を検索
X1の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

540.0786.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

7.9788.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村