新車価格(税込)

626.0729.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

229.0629.0万円

中古車を検索

グレード情報TT ロードスター

ユーザーレビュー15件TT ロードスター

TT ロードスター

  • バランスが良い
  • 運転が楽しい
  • 加速が良い

平均総合評価

4.6
走行性能:
4.8
乗り心地:
4.8
燃費:
4.8
デザイン:
4.9
積載性:
4.0
価格:
3.9

所有者データTT ロードスター

  • グレード所有ランキング上位3位

    1. TT ロードスター 2.0 TFSI クワトロ_RHD_4WD(AT_2.0)
    2. TT ロードスター ファイナルエディション_RHD_4WD(AT_2.0)
    3. TT ロードスター 2.0 TFSI クワトロ_RHD_4WD(AT_2.0)
  • 人気のカラー

    1. グレー
  • 人気の駆動方式

    AWD
    全輪駆動
    FF
    前輪駆動
    FR
    後輪駆動
    MR
    後輪駆動(ミッドシップエンジン)
    RR
    後輪駆動(リアエンジン)
  • 男女比

    男性
    95.5%
    女性
    4.4%

    その他 0.0%

  • 人気の乗車人数

  • 居住エリア

    1. 関東地方 29.5%
    2. 近畿地方 15.9%
    3. 九州・沖縄地方 11.3%
  • 年代

  • 年収

車両データと所有者データの数値はマイカーデータとPayPayカードのデータのデータを集計したもの。無回答を除く。

中古車相場 TTロードスター

平均値を表示しています。

TTロードスター

TTロードスターの中古車平均本体価格

368.5万円

平均走行距離35,833km

買取情報TT ロードスター

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車、今いくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

リセール価値TT ロードスター

走行距離別リセール価値の推移

TT ロードスター
グレード:
TT ロードスター 2.0 TFSI クワトロ_RHD_4WD(AT_2.0)

5年後の売却予想価格

新車価格

605.0万円

売却予想価格

194.8万円

新車価格の 32%

年間平均走行距離
  • 5千km
  • 1万km
  • 2万km
年間平均
走行距離
2025年
1年後
2027年
3年後
2029年
5年後
2031年
7年後
5千km 228万円 211万円

195万円

新車価格の
32%

178万円

新車価格の
29%

1万km 224万円 200万円 176万円 152万円
2万km 217万円 178万円 139万円 100万円

リセール価値のデータは、弊社が独自に算出した参考データであり、将来性・正確性等を保証するものではありません。

このクルマについて TT ロードスター

2019年6月

■2019年6月
アウディジャパンは、「TT ロードスター」に大幅なアップデートを施して、2019年4月24日に発表、同年6月10日に発売した。

今回の一部改良では、軽量かつ高剛性なアルミニウムとスチールの複合構造ASF(アウディスペースフレーム)のボディに、ターボ付2.0リッター直噴ガソリンエンジン(2.0 TFSI)を搭載した。

スタンダードモデルのエクステリアは、従来のSラインエクステリアのデザインを取り入れ、バンパー、サイドスカート、リアディフューザーのデザインを変更。またシングルフレームグリルはマットブラックペイントの立体的な3Dハニカムメッシュグリルを採用した。

オプションのSラインパッケージ装着車は、バンパー、サイドスカート、リアディフューザーのデザインを一新。テールライト下にはエアアウトレットを模したデザインエレメントを追加した。シングルフレームグリルは、グロスブラックペイントの立体的な3Dハニカムメッシュグリルを採用した。

インテリアは、従来ではSラインパッケージ装着車のみの設定だったエクステンデッドアルミニウムルックインテリア(ウインドウスイッチ/ペダル)を、オプションのコンフォートパッケージに新設定。またレザーパッケージに、ドアアームレストやセンターコンソールも同色となるカラーエクステンデッドレザーを新採用した。Sラインパッケージ装着車ではシートをSスポーツシートに変更した。表皮素材はアルカンターラとレザーの組み合わせで、ダイヤモンドステッチを配し、スポーティさ、プレミアム感を向上した。

ボディカラーは、ターボブルー(Sラインパッケージ)、パルスオレンジ、コスモブルーメタリックの3種類の新色を追加した。

■2020年9月
アウディジャパンは、2020年で生産を終了する「TT ロードスター」に特別仕様車「TT ロードスター ファイナルエディション」を設定して、2020年7月14日に発表、同年9月15日に50台限定で発売した。

「TT ロードスター ファイナルエディション」は「TT ロードスター 45 TFSI クワトロ」をベースに、2019年に発売した世界限定モデルの「TT 20イヤーズ」と共通のアイテムをはじめ、初代TTを彷彿とさせる特別装備を多数採用。ボディカラーは「TT ロードスター」のコンセプトカーに採用されていたドロミテグレーを彷彿とさせる専用色のナノグレーメタリックを設定した。また、初代TTのホイールを意識したシンプルなデザインの専用5スポーク19インチアルミホイールを組みわせた。

そのほか、電動調整機能ボルスター付Sスポーツシートやアームレスト、センターコンソールなどをイエローステッチの入るブラウンのモカシンレザーで統一。ドリフトアンスラサイトのデコラティブパネルの採用のほか、シートサイド゙&センターコンソールにはアンスラサイトファインペイントフィニッシュを施した。さらにアウディサイドアシストやリアビューカメラなどの運転支援システムを含むコンフォートパッケージやマトリクスLEDヘッドライト、エアスカーフ、初代TTのインテリアパーツを手掛けたBang & Olufsenのサウンドシステムなどを装備した。

※ 掲載しているすべての情報について保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格のため、掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。詳細は、メーカーまたは取扱販売店にてお問い合わせください。