サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 新型アウディTTに公道試乗、3モデルそれぞれの個性に迫る

ここから本文です

新型アウディTTに公道試乗、3モデルそれぞれの個性に迫る

新型アウディTTに公道試乗、3モデルそれぞれの個性に迫る

写真はTTSクーペ 2.0 TFSI クワトロ

230psのTTとロードスター、286psのTTSを導入

それまで誰もが世に問うことのなかったまさに”独創”という言葉が相応しいスタイリングで、世界に衝撃を与えた初代モデルが登場してから17年。そんなタイミングで、再度装いも新たになった3代目のアウディTTが、いよいよ日本の道を走り始めた。

日本仕様として導入される新型は、クーペとロードスターという2タイプのボディに、最高230psを発するエンジンを搭載するTTと、同じく286psを発するTTSというこちらも2グレードの展開。ただし、日本ではTTSはクーペのみとされ、FWD仕様は最もベーシックなTTクーペのみに設定。他はすべて、クワトロと称するアウディ得意の4WD仕様とされている。

ヨーロッパ市場には全モデルにMTが用意されるものの、日本に導入されるのは6速Sトロニックを謳うDCTを搭載したバージョンのみ。ちょっとばかり複雑だが、これがこのほど日本へと上陸なった、新型TTシリーズのバリエーション展開ということになる。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します