サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > アウディ、TTシリーズのマイナーチェンジを本国で発表。デザインや機能を向上

ここから本文です

アウディ、TTシリーズのマイナーチェンジを本国で発表。デザインや機能を向上

アウディTTのマイナーチェンジが本国で発表された。今回の改良では、デザインや機能の向上、および装備の充実により、スポーティカーとしての商品力の向上が図られている。

エクステリアは、アウディのシンボルであるシングルフレームグリルが従来のものより立体的な形状となり、またフロントスポイラー両脇のエアインテークが大きくなったことでワイド感を強調したデザインとなった。

リアについてはリアコンビネーションランプの下に新たにエアアウトレットが設けられ、フロント同様にワイドな印象を強めている。またディフューザー形状のリアバンパーが採用されたのも新しい。

また細かなところでは、フューエルリッドを開けるだけで、フィラーキャップを取り外すことなく、そのまま給油ノズルを差し込むことが可能となった。これは初代TTからヒントを得たデザインだそうだ。

インテリアは、新デザインのスポーツシートを採用する。シートの種類は標準タイプとS lineスポーツパッケージで異なる形状のものが用意され、またオプションでサイドサポート調整機能も用意される。

オープンモデルのTTロードスターでは、トップの色がブラックとグレーを選択可能。重量は39kgという軽量設計を実現しつつ、防音効果の高い素材の採用により、走行中のノイズの軽減が図られている。

なおTTのマイナーチェンジモデルは、欧州では2018年の第4四半期に発売される予定。価格はTTクーペが3万5000ユーロ(約459万円)から。TTロードスターは3万7500ユーロ(約492万円)から設定される。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します