現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ホンダ N-BOXの安全性を強化、同時に福祉車両も同様の改良を実施

ここから本文です
業界ニュース 2019.10.3

ホンダ N-BOXの安全性を強化、同時に福祉車両も同様の改良を実施

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ホンダは、軽自動車「N-BOX」を一部改良し、2019年10月4日に発売。同時に福祉車両「スロープタイプ」も同様の改良が施された。

 今回の改良では、「Honda SENSING」の衝突軽減ブレーキ(CMBS)に、横断自転車への対応を実現。また、夜間の歩行者検知も進化させた。リヤワイドカメラは従来の30万画素から100画素へと性能を高め、視認性を向上。さらに従来4WDのみに採用していた「運転席&助手席シートヒーター」、ターボ車のみに採用していた「左右独立式リヤセンターアームレスト」を標準装備とし、快適機能をさらに充実させている。

    【Believe ニュース】最新の福祉車両や福祉にまつわるホットな情報をお届け!

●価格帯
・G スロープ Honda SENSING:157万5640円~169万6640円
・G スロープ L Honda SENSING:169万9040円~182万0040円
・G スロープ Lターボ Honda SENSING:189万5600円~201万6600円
・カスタム G スロープ L Honda SENSING:189万8840円~201万9840円
※消費税は非課税

 

ホンダ N-BOXの安全性を強化、同時に福祉車両も同様の改良を実施はBelieve - ビリーヴ ジャパンで公開された投稿です。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Believe Japan )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します