現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 復活の「軽商用バン」まさかの“海外”生産開始へ! 三菱「ミニキャブ・ミーブ」が現地生産で尼市場に初投入

ここから本文です

復活の「軽商用バン」まさかの“海外”生産開始へ! 三菱「ミニキャブ・ミーブ」が現地生産で尼市場に初投入

掲載 18
復活の「軽商用バン」まさかの“海外”生産開始へ! 三菱「ミニキャブ・ミーブ」が現地生産で尼市場に初投入

■日本初の軽商用EVが、初の海外生産に!

 2023年2月16日、三菱自動車は、軽商用電気自動車(EV)の「ミニキャブ・ミーブ」を、2024年からインドネシアの合弁会社ミツビシ・モーターズ・クラマ・ユダ・インドネシアで生産することを発表しました。

【画像】「えっ…秘密基地みたい」アウトドア感スゴい! 三菱軽バン「ミニキャブ・ミーブ」のカスタム画像を見る(64枚)

 今回が初の海外生産となる軽商用EVのミニキャブ・ミーブとはどのようなクルマで、なぜ海外で生産することになったのでしょうか。

 ミニキャブ・ミーブは三菱が2011年から販売しているワンボックスタイプの軽商用EVです。

 世界初の量産型EVとして2009年に登場した軽乗用車(のちに小型車に規格変更)の「アイ・ミーブ」に続くモデルであり、現在、国内メーカーで唯一の軽商用EVでもあります。

 過去にはバン仕様とともにトラック仕様も存在しましたが、2017年にトラック仕様は販売を終了しています。また、バン仕様も2021年に生産休止していましたが、国内市場のEVシフト活発化を受けバン仕様のみ2022年に販売を再開しています。

 ミニキャブ・ミーブはアイ・ミーブにも搭載された駆動用バッテリーと、小型・軽量・高効率なモーターなど実績のあるEVシステムを搭載しており、駆動用バッテリーの容量は16.0kWh、最高出力は30kW(41馬力)、最大トルクは196Nmを発揮。一充電走行距離(WLTCモード)は133kmとなり、移動範囲が限定される配送業などでの使用を想定しています。

 また、この駆動用バッテリーをフロア中央に配置することで、荷室容量を犠牲にすることなくEVコンポーネントを搭載し、大容量の荷室を確保するとともに低重心化による優れた操縦安定性と良好な乗り心地を実現しています。

 ミニキャブ・ミーブのインドネシア生産について、三菱自動車の社長の加藤隆雄氏は「世界中で急速に進んでいる脱炭素社会に向けた取り組みにおいて、軽商用EVは物流における『ラストワンマイル問題』の最適解と考えております。アセアンにおけるEVへのニーズの高まりに応えるため、今回海外初の現地生産を決定しました」と説明しており、引き続きインドネシアの自動車産業の発展を後押しすると共に、同国の環境への取り組みにも貢献をしていきたいと話しています。

【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

スズキが「新型“コンパクトSUV”」を公開! 全長4.3m級ボディ&「斬新シフト」採用! 2025年に「日本発売」も予定の「eVX」尼で展示
スズキが「新型“コンパクトSUV”」を公開! 全長4.3m級ボディ&「斬新シフト」採用! 2025年に「日本発売」も予定の「eVX」尼で展示
くるまのニュース
英国伝統の二輪ブランド「ノートン」が世界展開拡大へ、3年間で6台の新モデル投入計画
英国伝統の二輪ブランド「ノートン」が世界展開拡大へ、3年間で6台の新モデル投入計画
レスポンス
YART YAMAHAのマービン・フリッツ爆速ポールポジション! ドゥカティKAGAYAMA&ホンダがトップ3に並ぶ|鈴鹿8耐トップ10トライアル
YART YAMAHAのマービン・フリッツ爆速ポールポジション! ドゥカティKAGAYAMA&ホンダがトップ3に並ぶ|鈴鹿8耐トップ10トライアル
motorsport.com 日本版
今週、話題になったクルマのニュース3選(2024.7.20)
今週、話題になったクルマのニュース3選(2024.7.20)
@DIME
NA車をパワーアップ! ブリッツ「パワスロNA」「パワコンNA」に『ヤリスハイブリッド』用が登場
NA車をパワーアップ! ブリッツ「パワスロNA」「パワコンNA」に『ヤリスハイブリッド』用が登場
レスポンス
ホンダ HRC主催のeスポーツイベント20万人を超える「Honda Racing eMS 2024」を開催
ホンダ HRC主催のeスポーツイベント20万人を超える「Honda Racing eMS 2024」を開催
Auto Prove
人気ミドルSUVが2代目に進化! ポルシェ新型「マカン」日本登場 後輪駆動モデルも発表、4グレードで予約受注開始
人気ミドルSUVが2代目に進化! ポルシェ新型「マカン」日本登場 後輪駆動モデルも発表、4グレードで予約受注開始
VAGUE
たくさん積めるしベッドも常設なトヨタ ハイエースがベースのキャンパー
たくさん積めるしベッドも常設なトヨタ ハイエースがベースのキャンパー
月刊自家用車WEB
スズキ「ジムニー」販売終了!? 900台限定「ホライゾン」が最後の仕様に? 衝撃発表がドイツで、今後はどうなる?
スズキ「ジムニー」販売終了!? 900台限定「ホライゾン」が最後の仕様に? 衝撃発表がドイツで、今後はどうなる?
くるまのニュース
驚くべき大躍進! トライアンフが国内年間販売台数、過去最高の4500台超えを達成
驚くべき大躍進! トライアンフが国内年間販売台数、過去最高の4500台超えを達成
バイクのニュース
【2024年】大学生の車購入ガイド!おすすめの車のタイプや予算は?
【2024年】大学生の車購入ガイド!おすすめの車のタイプや予算は?
グーネット
マツダのジャストサイズSUV「CX-30」、機種体系を刷新し機能を向上
マツダのジャストサイズSUV「CX-30」、機種体系を刷新し機能を向上
Webモーターマガジン
F1メカ解説|レッドブル、”砲塔”スタイルのエンジンカウルを「諦めた」わけじゃない? チームは「サーキット特有」の変更だと説明
F1メカ解説|レッドブル、”砲塔”スタイルのエンジンカウルを「諦めた」わけじゃない? チームは「サーキット特有」の変更だと説明
motorsport.com 日本版
20万人が参加したeモータースポーツの第2弾『Honda Racing eMS 2024』開催決定。人気VTuberがアンバサダーに
20万人が参加したeモータースポーツの第2弾『Honda Racing eMS 2024』開催決定。人気VTuberがアンバサダーに
AUTOSPORT web
欧州市場に日産のNISMOモデルが復活! まずは「アリア NISMO」の導入から
欧州市場に日産のNISMOモデルが復活! まずは「アリア NISMO」の導入から
THE EV TIMES
トップ4台が100分の3秒差以内! 大激戦を制したのは福住仁嶺……トヨタ陣営移籍後初のポール|スーパーフォーミュラ第4戦
トップ4台が100分の3秒差以内! 大激戦を制したのは福住仁嶺……トヨタ陣営移籍後初のポール|スーパーフォーミュラ第4戦
motorsport.com 日本版
調布&多摩から夢の「国道16号直結」実現近し!? 4車線&立体交差化「南多摩尾根幹線」最後の「未開通区間」はどうなっているのか
調布&多摩から夢の「国道16号直結」実現近し!? 4車線&立体交差化「南多摩尾根幹線」最後の「未開通区間」はどうなっているのか
くるまのニュース
プレミアムEVの入り口に、アウディの電動SUV『Q4 e-tron』にエントリー仕様「35」登場
プレミアムEVの入り口に、アウディの電動SUV『Q4 e-tron』にエントリー仕様「35」登場
レスポンス

みんなのコメント

18件
  • そのうち日本販売分もインドネシアで組み立てるんじゃなかろうか?
  • 三菱、日産、ホンダで共同で軽トラック復活させてください!
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

243.1245.3万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

21.8185.0万円

中古車を検索
ミニキャブ・ミーブの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

243.1245.3万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

21.8185.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村