現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨタ RAV4の人気グレードの選び方! 納期問題やライバルモデルとの燃費比較も調べてみた

ここから本文です

トヨタ RAV4の人気グレードの選び方! 納期問題やライバルモデルとの燃費比較も調べてみた

掲載 更新 31
トヨタ RAV4の人気グレードの選び方! 納期問題やライバルモデルとの燃費比較も調べてみた

世界的なトレンドとなっている、クロスオーバーSUVの“元祖”と呼ばれることの多い「トヨタ RAV4」。2018年に登場した現行RAV4では、シリーズ初となるハイブリッド車も登場するなど、ますます目が離せない1台となっています。

●「G」と「アドベンチャー」に大きな機能の違いはなし!
RAV4ハイブリッドには3つのグレードが用意されています。

トヨタ「RAV4」 グレードは予算と好みで選んで問題なし

X ・・・・・・・・エントリーグレード(2WD/4WD)
G ・・・・・・・・上級グレード(4WD)
アドベンチャー・・最上級グレード(4WD)

>>トヨタ RAV4のカタロググレードをチェックする
>>トヨタ RAV4ハイブリッドのカタロググレードをチェックする

駆動方式については「X」のみ2WD(FF)仕様が用意されていますが、それ以外はすべて4WD仕様となっています。

エントリーグレードの「X」であっても、「トヨタセーフティセンス」などの先進安全装備をはじめとした基本的な装備は揃っていますが、内外装のデザインが簡素化されシートがファブリックであるなど、どうしても見劣りする部分は少なくありません。

「G」と「アドベンチャー」には、どちらも必要十分な装備が用意されていますが、「アドベンチャー」には専用のフロントグリルとシートを装備。SUVらしいアグレッシブなデザインを重視する場合は「アドベンチャー」が最適なグレードと言えるでしょう。

●おすすめは「G」だが…
しかし、RAV4ハイブリッドの機能面に関しては「G」と「アドベンチャー」に大きな差はありません。つまり、「G」と「アドベンチャー」の大きな違いは、機能の差というよりは、内外装のデザインがメインです。

ちなみに、ガソリン車の「アドベンチャー」には、「ダイナミックトルクベクタリング4WD」という世界初の4WDシステムが搭載されている点がほかのグレードと大きく異なります。一方、RAV4ハイブリッドに関しては、すべてのグレードで電気式4WDシステムとなっているため機能の差はありません。

<ハイブリッド各グレードの価格>
X ・・・・・・・・・337万4000円(2WD)/362万7000円(4WD)
G ・・・・・・・・・408万5000円(4WD)
アドベンチャー・・・410万6000円(4WD)

「G」と「アドベンチャー」の価格がほとんど変わらないことからも、両車の違いは装備の差というよりはスタイルの違いであることがわかります。

というわけで十分な機能を持ち、多くの人に好かれるシンプルなスタイリングの「G」がおすすめの筆頭ですが、せっかく国産車では数少ない「タフ系」SUVであるRAV4ハイブリッドを選ぶのなら、スタイリングもアグレッシブに攻めたいという人は多いかもしれません。「G」と「Adventure」のどちらかを選ぶかは、その人の好みによって決まると言えそうです。

>>トヨタ RAV4のカタロググレードをチェックする
>>トヨタ RAV4ハイブリッドのカタロググレードをチェックする

●燃費性能はライバルに比べて遜色なし!
次に、RAV4ハイブリッドの燃費性能を見てみましょう。

X・・・・・21.4km/L(2WD)/20.6km/L(4WD)
G・・・・・20.6km/L(4WD)
アドベンチャー・・・20.3km/L(4WD)

燃料タンク容量はすべてのグレードで55Lとなっており、単純計算ではありますが、1回の給油で1000km以上の走行が可能となる計算です。

RAV4ハイブリッドと比較されることの多い「ホンダ CR-V」のハイブリッドモデルでは、2WD(FF)仕様で21.2km/L、4WD仕様で20.2km/Lとなっており、わずかではありますがRAV4ハイブリッドが勝っています。

>>ホンダ CR-Vのカタロググレードをチェックする

一方、RAV4ハイブリッドと同じプラットフォームを使用しているハリアーハイブリッドを見ると、2WD(FF)仕様が22.3km/L、4WD仕様が21.6km/Lと、ハリアーハイブリッドに軍配が上がります。

>>トヨタ ハリアーハイブリッドのカタロググレードをチェックする

パワートレインは共通している両車ですが、RAV4ハイブリッドの方が、ハリアーハイブリッドに比べて車両重量が100kgほど重いことが燃費性能にも反映されているようです。ただ、圧倒的な差というわけではなく、運転の方法によっては十分に逆転できる範囲と言えるでしょう。

これらの結果から、RAV4ハイブリッドの燃費性能はライバルと比べても遜色はないことがわかります。

●納期&値引き情報
トヨタのハイブリッド車は、現在慢性的な長納期となっており、RAV4ハイブリッドも6か月程度は見込んでおく必要がありそうです。また、まもなくマイナーチェンジを控えていることもあり、販売店によってはすでに受注停止をしているケースもあるようです。まずは販売店に確認することをおすすめします。

値引きについては、在庫の状況による部分は大きいと見られますが、15万円~20万円前後が目安となりそうです。

>>トヨタ RAV4のカタロググレードをチェックする
>>トヨタ RAV4ハイブリッドのカタロググレードをチェックする

>>トヨタ RAV4の中古車相場をグラフで見てみる
>>トヨタ RAV4ハイブリッドの中古車相場をグラフで見てみる

* * *

都市型SUVが主流となりつつある現在、従来のSUVらしいタフなスタイリングを持ちながら、ハイブリッドによる高い燃費性能を兼ね備えたRAV4ハイブリッドは、まさに唯一無二の存在と言えます。

文:ピーコックブルー
写真:
1~3、6~7枚目:RAV4アドベンチャー(ハイブリッド車)
4~5枚目:RAV4 ハイブリッド G
8~9枚目:ホンダ CR-V
10~11枚目:トヨタ ハリアーハイブリッド

こんな記事も読まれています

「乗り物マニア」をターゲットに…はとバス、多摩モノレールと京王電鉄と連携した特別見学ツアーを発表
「乗り物マニア」をターゲットに…はとバス、多摩モノレールと京王電鉄と連携した特別見学ツアーを発表
レスポンス
トライアル世界選手権出場のトニー・ボウら3選手が苗木を植樹/モビリティリゾートもてぎ
トライアル世界選手権出場のトニー・ボウら3選手が苗木を植樹/モビリティリゾートもてぎ
AUTOSPORT web
ボルグワーナー、クリーンモビリティ技術を展示…人とくるまのテクノロジー展 2024
ボルグワーナー、クリーンモビリティ技術を展示…人とくるまのテクノロジー展 2024
レスポンス
スズキがインドで新型スイフトを発売。パワートレインには新たなZシリーズエンジンを採用
スズキがインドで新型スイフトを発売。パワートレインには新たなZシリーズエンジンを採用
カー・アンド・ドライバー
フェラーリ、アップデートの狙いを説明。パフォーマンスの偏りを減らし、ドライバーに自信与えるマシンへ|エミリア・ロマーニャGP
フェラーリ、アップデートの狙いを説明。パフォーマンスの偏りを減らし、ドライバーに自信与えるマシンへ|エミリア・ロマーニャGP
motorsport.com 日本版
渋谷で何があった…警視庁で初検挙! クルマが跳ねる「ホッピング走行」が問題に!? どんな行為なのか
渋谷で何があった…警視庁で初検挙! クルマが跳ねる「ホッピング走行」が問題に!? どんな行為なのか
くるまのニュース
チーム側のGP開催数「増加反対」を受け、F1のCEOはヨーロッパとアジアでのローテーションを計画
チーム側のGP開催数「増加反対」を受け、F1のCEOはヨーロッパとアジアでのローテーションを計画
AUTOSPORT web
今週、話題になったクルマのニュース5選(2024.5.18)
今週、話題になったクルマのニュース5選(2024.5.18)
@DIME
ゼンリン パナソニックのカーナビ「Gorilla」用2024年版更新データを7月4日から発売
ゼンリン パナソニックのカーナビ「Gorilla」用2024年版更新データを7月4日から発売
Auto Prove
横浜で「カー消し相撲バトル」が開催、本物のスーパーカーも登場 5月18・19日
横浜で「カー消し相撲バトル」が開催、本物のスーパーカーも登場 5月18・19日
レスポンス
テラチャージのEV充電器、マンションの機械式駐車場に初めて導入
テラチャージのEV充電器、マンションの機械式駐車場に初めて導入
レスポンス
アンダー250万円の日産「コンパクトカー」なぜ人気? 加速感イイのがポイント? 「NOTE」の魅力とは
アンダー250万円の日産「コンパクトカー」なぜ人気? 加速感イイのがポイント? 「NOTE」の魅力とは
くるまのニュース
メルセデスAMGの「超高性能モデル」サーキットでの印象は? ルックスは迫力満点!“闘争心あふれる走り”も新型「GTクーペ」の持ち味です
メルセデスAMGの「超高性能モデル」サーキットでの印象は? ルックスは迫力満点!“闘争心あふれる走り”も新型「GTクーペ」の持ち味です
VAGUE
今度は「グレー」と「モス」の2色!WOの電動アシスト自転車「M2X」にNEWカラーが登場
今度は「グレー」と「モス」の2色!WOの電動アシスト自転車「M2X」にNEWカラーが登場
バイクのニュース
ダムドから『ジムニーシエラ』のカスタムキット「DAMD JIMNY SIERRA little 5. / little Δ.」が販売開始
ダムドから『ジムニーシエラ』のカスタムキット「DAMD JIMNY SIERRA little 5. / little Δ.」が販売開始
レスポンス
グーグル、「Android Auto」と「Automotive OS」をアップデート…米国発表
グーグル、「Android Auto」と「Automotive OS」をアップデート…米国発表
レスポンス
【Kabuto】「KAMUI-3」に10作目のグラフィック「RIDGE」が加わった!サイドにはシャープなライン  
【Kabuto】「KAMUI-3」に10作目のグラフィック「RIDGE」が加わった!サイドにはシャープなライン  
モーサイ
ソリオ買うなら必見!人気の年式やおすすめグレードまで【人気のクルマ中古購入ガイド】
ソリオ買うなら必見!人気の年式やおすすめグレードまで【人気のクルマ中古購入ガイド】
グーネット

みんなのコメント

31件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

353.8563.3万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

52.8565.0万円

中古車を検索
RAV4ハイブリッドの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

353.8563.3万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

52.8565.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村