サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨタ新顔「プリウス」の登場から1年! 歌舞伎顔をヤメた成果はどうだったのか

ここから本文です

トヨタ新顔「プリウス」の登場から1年! 歌舞伎顔をヤメた成果はどうだったのか

■歌舞伎顔をヤメた「プリウス」はどうだった?

 トヨタの看板モデル「プリウス」は、2018年12月17日にビッグマイナーチェンジをおこなってから約1年。一時期は、デザイン面の影響により、人気が低迷したといわれるほどでしたが、2019年の販売では比較的に好調を維持しています。

ガソリンなんて気にしない! 国産車燃費激悪ランキングワースト3!

 ハイブリッド車のパイオニア的存在ともいえるプリウスの販売事情とは、どのようなものなのでしょうか。

 初代プリウスは、世界初の量産ハイブリッド車として1997年に発売されました。その後、2代目(2003年)、3代目(2009年)、そして現行モデルとなる4代目(2015年)とハイブリッド性能の進化や時代に合わせたデザインへの改良とともに、歴史を重ねています。

 とくに、3代目モデルでは、年間販売台数を31万5669台(2010年)、31万7675台(2012年)と過去にもあまり例がない30万台超えを2度も達成。名実ともに「売れているクルマ」でした。

 2015年には、現行型となる4代目モデルにフルモデルチェンジがおこなわれます。このプリウスは、新プラットフォームのTNGAを採用した第一弾モデルとして華々しくデビューしました。

 しかし、「歌舞伎顔」ともいわれる垂れ下がったヘッドライトやテールライトのデザインなどについて、日本のユーザーからは不評が相次ぐ結果となったのです。

 また、同社のコンパクトハイブリッド車「アクア」(2011年)や日産の電動パワートレイン車「ノート e-POWER」(2016年)の登場などもあり、新車販売台数の上位には位置しているものの過去と比べて「プリウスブランド」の勢いは落ちています。

 最近の軽自動車を除く新車販売台数では、2017年にピーク時より大幅に減少しつつも16万912台で年間首位に輝きます。
 しかし、2018年には11万5462台となり、首位「ノート」と2位「アクア」に続く3位と販売台数の下降傾向は止まりません。さらに、月間販売台数で見ても冒頭のように首位からは遠ざかっていました。

 そんななか、プリウスブランドの低迷を打開するために、トヨタは歴代「プリウス」でも類を見ないほどの大幅なマイナーチェンジを前述の2018年12月17日に実施したのです。

 マイナーチェンジでは、「歌舞伎顔」とも揶揄され不評だった前後のデザイン変更や、衝突回避支援パッケージ「トヨタセーフティセンス」を全車標準装備したほか、夏場のシート蒸れを解消する吸い込み式のベンチレーションを新たに前席へ採用するなど日常の使い勝手の向上も図られています。

 マイナーチェンジに至った経緯について、トヨタ広報部は次のように話します。

「デザイン面では、従来モデルオーナーからも“抵抗があった”という声が確かにありました。クルマを選ぶ段階でも『デザインが残念』という声が多かったようで、デザインを変えなければということで変更して、プリウスの良いところを見てもらうためにも、『好んで頂けるデザイン』にしています」

※ ※ ※

 発売後、徐々に販売台数を伸ばしていき、2019年4月の登録車販売台数では、売れているクルマのイメージが定着化していた日産「ノート」を破り、トヨタ「プリウス」が約16か月ぶりに首位の座を奪還しました。

 その結果、2019年上半期(1月から6月)の販売台数は7万277台を記録し、6か月のランキングでも首位になります。

 その後も5月から7月の登録車販売台数で首位を維持。8月、9月にはトヨタ「シエンタ」、10月にはトヨタ「カローラ」に首位を奪われるものの、安定的な台数を保っています。

 直近の販売状況について、販売店のスタッフは次のように話します。

「プリウスは、マイナーチェンジ以前からそれほど低迷しているモデルではありませんでした。ただ、日産『ノート』が好調だったことや、3代目プリウスに比べると勢いが落ちていたこともあり、全体的なイメージとして低迷している印象があったのかもしれません。

 しかし、2019年の春から夏にかけては、ほかを抑えて販売が好調でした。これは、もちろん2018年12月のマイナーチェンジの影響があります。

 なかでも、デザインの面で現行型の4代目モデルを敬遠されていたお客さまは少なからずいらっしゃいました。そこに、デザイン変更+安全・快適装備の充実という付加価値を点けたことで、ご年配のお客さまが『プリウスからプリウス』へ乗り換えをされているようです」

■プリウスがシニア層から人気の理由とは

 初代モデルが登場してから22年。4代目となったいまでも圧倒的な新車販売台数を誇り、街中でも見かけることの多いトヨタ「プリウス」。最近では、ニュースなどにより、プリウスのユーザーにはシニア層が多いという印象を持っている人もいます。

 なぜ、プリウスはシニア層からの人気が高いのでしょうか。

 高齢者からの人気がある理由として、一番に挙げられるのが「燃費の良さ」です。4代目となる現行プリウスのエントリーグレード「E」では、39.0km/L(JC08モード以下同様)となり、プリウス初となる電気式4WDシステム「E-Four」を採用した4WD車も、34.0km/Lの低燃費を実現しています。

 プリウスのユーザー層や人気の理由について、トヨタ広報部は次のように話します。

「具体的なプリウスのユーザー層はお答えできないのですが、プリウスを購入する65歳以上のシニア層は、全体の約36%を占めています。65歳以上の購入比率が高いクルマはプリウスのほかにも存在しますが、65歳以上のクルマの購入台数でいえばプリウスが最多です。

 プリウスはシニア層だけでなく幅広い年齢層に人気があるクルマです。人気の理由としては、『燃費の良さ』『サイズ感』『運転のしやすさ』『人気が定番化しているクルマ』であると考えています」

※ ※ ※

 グレードの展開は、「E/S/A/Aプレミアム」の4つで構成されています。エントリーモデルのEグレードの価格(消費税込み)は 256万5200円からで、最上級グレード「Aプレミアム “ツーリングセレクション”」が334万5100円です。

 トヨタの販売店によると、「燃費だけでなく安全性も重視したいという場合には、AグレードかSグレードに安全装備を追加するというパッケージをおすすめしています」と説明しています。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します