現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 欧州 中国製EVに追加関税、最大38.1%上乗せ 「身内」から強い反発も

ここから本文です
欧州 中国製EVに追加関税、最大38.1%上乗せ 「身内」から強い反発も
写真を全て見る(1枚)

メーカーごとに税率を個別設定

欧州連合(EU)に輸入される中国製の電気自動車(EV)は、欧州における競争条件を平準化するために最大38.1%という高い追加関税を課せられることになった。

【画像】えっ…「欧州車ブランド」も関税対象に?【中国生産のスマート#3、ミニ・エースマンを写真で見る】 全38枚

EUの行政執行機関である欧州委員会は、「中国当局との話し合いで効果的な解決策が見いだせない場合」、既存の10%の関税に上乗せする形で新たな関税を7月4日から適用すると発表した。

EUのヴァルディス・ドンブロフスキス通商担当委員は以前、「競争は公正でなければならない」と述べている。

追加関税については過去数か月にわたって議論が繰り返されてきた。

記事全文を読む
【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

BYD「欧州ブランドになる」 ハイブリッド車を猛プッシュ、来年3車種を欧州投入 現地生産も
BYD「欧州ブランドになる」 ハイブリッド車を猛プッシュ、来年3車種を欧州投入 現地生産も
AUTOCAR JAPAN
EV覇権の地政学! 背後にチラつく中国の巧みな「欧米分断戦略」とは
EV覇権の地政学! 背後にチラつく中国の巧みな「欧米分断戦略」とは
Merkmal
EV需要落ち込み アウディQ8 eトロン「工場閉鎖」を検討、早期生産終了の可能性も
EV需要落ち込み アウディQ8 eトロン「工場閉鎖」を検討、早期生産終了の可能性も
AUTOCAR JAPAN
トランプ氏再選で揺らぐ「EV市場」 深まる米中対立、開発出遅れの日本車メーカーはむしろ救われるのか?
トランプ氏再選で揺らぐ「EV市場」 深まる米中対立、開発出遅れの日本車メーカーはむしろ救われるのか?
Merkmal
ジャガー 2車種を廃止、ラインナップはFペイスのみへ 次世代EVへ移行
ジャガー 2車種を廃止、ラインナップはFペイスのみへ 次世代EVへ移行
AUTOCAR JAPAN
新興企業はいかにして自動車を作ったか 運と情熱 英イネオス・オートモーティブCEOインタビュー
新興企業はいかにして自動車を作ったか 運と情熱 英イネオス・オートモーティブCEOインタビュー
AUTOCAR JAPAN
ドイツプレミアムブランドが中国で苦戦 景気低迷や価格競争激化 NEVで巻き返したいものの…
ドイツプレミアムブランドが中国で苦戦 景気低迷や価格競争激化 NEVで巻き返したいものの…
日刊自動車新聞
2024年版 「こりゃ欧州で売れるかも…」コスパ優秀な最新EV 10選 「乗りたい」と思える電気自動車
2024年版 「こりゃ欧州で売れるかも…」コスパ優秀な最新EV 10選 「乗りたい」と思える電気自動車
AUTOCAR JAPAN
スマート・フォーツー復活へ 後継車開発まもなく始動? 新型「#2」採算性が課題に
スマート・フォーツー復活へ 後継車開発まもなく始動? 新型「#2」採算性が課題に
AUTOCAR JAPAN
トランプ再選がもたらす「自動車関連企業」への影響! 押さえておくべき“2つのポイント”とは
トランプ再選がもたらす「自動車関連企業」への影響! 押さえておくべき“2つのポイント”とは
Merkmal
2024年版 最新の格安EV 10選 英国で「コスパ」の高い電気自動車は?
2024年版 最新の格安EV 10選 英国で「コスパ」の高い電気自動車は?
AUTOCAR JAPAN
【小・少・軽・短・美】 スズキの行動理念 製造からリサイクルまで10年先を見据えた技術戦略を発表
【小・少・軽・短・美】 スズキの行動理念 製造からリサイクルまで10年先を見据えた技術戦略を発表
AUTOCAR JAPAN
これまでと印象が「まったく」違う! アウディQ6 e-トロンへ試乗 航続距離600km以上
これまでと印象が「まったく」違う! アウディQ6 e-トロンへ試乗 航続距離600km以上
AUTOCAR JAPAN
むしろ2024年にピッタリ! ホンダ・インサイト アウディA2(2) 軽く小さいクルマは走りも楽しい
むしろ2024年にピッタリ! ホンダ・インサイト アウディA2(2) 軽く小さいクルマは走りも楽しい
AUTOCAR JAPAN
【自治体や企業、一般顧客へのリース形式】 ホンダ新型燃料電池自動車「CR-V e:FCEV」発売
【自治体や企業、一般顧客へのリース形式】 ホンダ新型燃料電池自動車「CR-V e:FCEV」発売
AUTOCAR JAPAN
367馬力のスポーティセダン アウディ新型「S5」初公開 内装も大幅アップグレード
367馬力のスポーティセダン アウディ新型「S5」初公開 内装も大幅アップグレード
AUTOCAR JAPAN
テスラ 新型「自動運転タクシー」発表、10月まで延期 土壇場でデザイン変更
テスラ 新型「自動運転タクシー」発表、10月まで延期 土壇場でデザイン変更
AUTOCAR JAPAN
何でもかんでも「昔は良かった」ワケじゃない クルマはまだ楽しめる 英国記者の肌感
何でもかんでも「昔は良かった」ワケじゃない クルマはまだ楽しめる 英国記者の肌感
AUTOCAR JAPAN

みんなのコメント

167件
  • boo********
    安かろう悪かろうが高かろう悪かろうになるね。
    高くて危ないクルマなんか誰も買いたくないよな。
  • war********
    テスラはドイツに生産移管するのにドイツメーカは中国にこだわる異様さ。中国様様でメルケル路線の左派政権。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

531.3725.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

278.0550.5万円

中古車を検索
モデル3の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

531.3725.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

278.0550.5万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村