現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 「アクシデントがなければ勝てたと思う」トヨタ、ル・マンで悔しい2位表彰台。優勝まであと一歩届かず

ここから本文です
「アクシデントがなければ勝てたと思う」トヨタ、ル・マンで悔しい2位表彰台。優勝まであと一歩届かず
写真を全て見る(1枚)

 フランス、ル・マンで開催されたWEC世界耐久選手権第4戦『第92回ル・マン24時間レース』決勝レースが、現地6月16日(日)の16時過ぎにフィニッシュを迎えた。2台のトヨタGR010ハイブリッドで出場したTOYOTA GAZOO Racingは、前年2位のセバスチャン・ブエミ/ブレンドン・ハートレー/平川亮組8号車が総合5位。予選タイム抹消によりクラス最後尾の23番手から追い上げることとなったホセ-マリア・ロペス/小林可夢偉/ニック・デ・フリース組7号車は総合2位表彰台を獲得したが、トヨタにとって2年ぶりとなる総合優勝にはあと一歩届かなかった。

記事全文を読む
【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

トヨタが予選ワン・ツー。今季初ポール獲得に「格別の気分」と小林可夢偉/WECサンパウロ
トヨタが予選ワン・ツー。今季初ポール獲得に「格別の気分」と小林可夢偉/WECサンパウロ
AUTOSPORT web
ポール獲得のトヨタ小林可夢偉「ここは抜きにくい。ベストな予選」と自信。“ル・マンの悔しさ”を結実へ/WEC
ポール獲得のトヨタ小林可夢偉「ここは抜きにくい。ベストな予選」と自信。“ル・マンの悔しさ”を結実へ/WEC
AUTOSPORT web
レース後ペナルティでパニスの優勝剥奪。AO・バイ・TFが繰り上がり第3戦イモラのウイナーに/ELMS
レース後ペナルティでパニスの優勝剥奪。AO・バイ・TFが繰り上がり第3戦イモラのウイナーに/ELMS
AUTOSPORT web
トヨタが初日首位スタート。2台ともに順調も「前回とは路面が変わっている」と可夢偉が警戒/WECサンパウロ
トヨタが初日首位スタート。2台ともに順調も「前回とは路面が変わっている」と可夢偉が警戒/WECサンパウロ
AUTOSPORT web
トヨタ、コンウェイの復帰を正式発表。WECサンパウロで再合流へ「可夢偉たちの王者獲得に貢献したい」
トヨタ、コンウェイの復帰を正式発表。WECサンパウロで再合流へ「可夢偉たちの王者獲得に貢献したい」
AUTOSPORT web
マクラフランが逆転で今季2勝目。ハイブリッド初のオーバル戦はシボレー1-2-3/インディカー
マクラフランが逆転で今季2勝目。ハイブリッド初のオーバル戦はシボレー1-2-3/インディカー
AUTOSPORT web
2024年F1第12戦イギリスGP決勝トップ10ドライバーコメント(2)
2024年F1第12戦イギリスGP決勝トップ10ドライバーコメント(2)
AUTOSPORT web
フェラーリのアップデートは「弱点克服に役立つ」とニールセン。WEC後半戦はタイトル争いに集中
フェラーリのアップデートは「弱点克服に役立つ」とニールセン。WEC後半戦はタイトル争いに集中
AUTOSPORT web
2024年F1第12戦イギリスGP決勝トップ10ドライバーコメント(1)
2024年F1第12戦イギリスGP決勝トップ10ドライバーコメント(1)
AUTOSPORT web
【F1第12戦無線レビュー(2)】「この優勝にはものすごく意味がある」3シーズンぶりの勝利を母国で飾ったハミルトン
【F1第12戦無線レビュー(2)】「この優勝にはものすごく意味がある」3シーズンぶりの勝利を母国で飾ったハミルトン
AUTOSPORT web
ハイレベルな競争は「ル・マンでもスパでも大歓迎」ピエール・グイディが語るフェラーリドライバーの役割とWEC後半戦への意気込み
ハイレベルな競争は「ル・マンでもスパでも大歓迎」ピエール・グイディが語るフェラーリドライバーの役割とWEC後半戦への意気込み
AUTOSPORT web
Moto3:古里太陽、今季2度目の表彰台に満足も「勝てるチャンスがあっただけに悔しさが残る」/第9戦ドイツGP
Moto3:古里太陽、今季2度目の表彰台に満足も「勝てるチャンスがあっただけに悔しさが残る」/第9戦ドイツGP
AUTOSPORT web
FP3はポルシェがトップ3独占。アルピーヌ、BMW、ランボルギーニのLMDh勢が上位に並ぶ/WEC第5戦
FP3はポルシェがトップ3独占。アルピーヌ、BMW、ランボルギーニのLMDh勢が上位に並ぶ/WEC第5戦
AUTOSPORT web
復帰するトヨタのコンウェイ、レーシングカーの運転は“未知数”。「まだあちこちに痛みがある」
復帰するトヨタのコンウェイ、レーシングカーの運転は“未知数”。「まだあちこちに痛みがある」
AUTOSPORT web
10年ぶりのWECブラジル戦が開幕。赤旗終了のFP1はトップ6に異なる6車種が並ぶ混戦模様
10年ぶりのWECブラジル戦が開幕。赤旗終了のFP1はトップ6に異なる6車種が並ぶ混戦模様
AUTOSPORT web
10年前の観客が一番時計/フェラーリが“ジョーカー”投入/IMSAのマシンを活用【WECサンパウロ金曜Topics】
10年前の観客が一番時計/フェラーリが“ジョーカー”投入/IMSAのマシンを活用【WECサンパウロ金曜Topics】
AUTOSPORT web
まさかの緊急着陸/ハーツのポルシェは“レンタカー”/10年前も出場した14名etc.【WECサンパウロ木曜Topics】
まさかの緊急着陸/ハーツのポルシェは“レンタカー”/10年前も出場した14名etc.【WECサンパウロ木曜Topics】
AUTOSPORT web
小林可夢偉がポール獲得。トヨタ、10年ぶりのWECサンパウロでフロントロウ独占【第5戦予選レポート】
小林可夢偉がポール獲得。トヨタ、10年ぶりのWECサンパウロでフロントロウ独占【第5戦予選レポート】
AUTOSPORT web

みんなのコメント

9件
  • ツバメゴン
    事実上勝ったようなもんやん。
    ①最後尾からの2位。実力は絶対に勝ってる。
    ②フェラーリにぶつけられて、そのフェラーリに負けた。ちょっとこれどうなのよ?ペナルティ5秒やったやん。
    ③フェラーリのショートカットの回数。ペナルティ無いの?トヨタはクリーンな走りやった。
    ④優勝の50号車、ライトずっと片目切れてた。修理指示無いの?アンセーフリリースのペナルティも無いように思ったけど。

    夜は寝たけど、他ほとんど見てて、素直に思った。だいぶ主催者側の贔屓があるわ。

    その中で、そら、予選失敗もあるし、決勝も単独スピンとかあったけど、ホイール外れへんとかもあったけど、実質勝ったようなもんやって。

    何より、全てにおいて、見てる者を楽しませてくれるレースやった。凄い興奮した。だから、ありがとう、で締めくくりたい。

    来年も見るから、頑張れ。
  • 第6護衛隊
    オイルまみれのトヨタ車をみて思ったのは馬油散布しながら走れば最強だなと言う事
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村