フォルクスワーゲン Tロック 新車情報・カタログ

フォルクスワーゲン Tロック 新型・現行モデル
マイカー登録
愛車や気になる車を登録するとマイカーページで情報の管理・収集を行うことができます。
中古車価格帯

245.0 万円 418.0 万円

中古車を検索

新車価格(税込)

394.3 万円 626.6 万円

新車見積もりスタート

新車見積もり依頼&ご成約でPayPayギフトカード10,000円相当プレゼント
  • アクセスランキング 161
  • 総合評価 4.1
  • ユーザーレビュー (詳細) 53
  • みんなの質問 (詳細) 6
車体寸法
(全長×全幅×全高)
4,245×1,825×1,590mm〜
4,250×1,825×1,590mm
燃料消費率 17.2〜19.5km/L(JC08モード走行)
15.5〜18.6km/L(WLTCモード走行)
乗車定員 5名 排気量 1,497〜1,968cc

概要

■2022年7月
フォルクスワーゲン ジャパンは、クロスオーバーSUV「T-Roc(ティーロック)」を2022年7月25日にマイナーチェンジを実施、同日より販売を開始した。

T-Rocは欧州デビューから4年で全世界累計販売台数が100万台を超え、日本では2020年7月に導入を開始。輸入車SUVカテゴリーにおいては「T-Cross」に次ぐ、第2位の売れ行きを見せているクロスオーバーSUVだ。

今回のマイナーチェンジではダッシュボードやドアトリムにステッチを施したソフト素材やレザレットを新たに採用するなど、インテリアの改良によって内装の質感が大幅に向上。インフォテイメントディスプレイはタブレットのように配置され、全グレードに標準装備されるデジタルメータークラスターやタッチコントロール式のエアコン操作パネル、新デザインのステアリングホイールなどにより、モダンで先進的なインテリアを創出したという。

エクステリアデザインもリニューアルが行われ、クロスオーバーデザインをより印象的なものとした。前後のバンパーの意匠変更やライトまわりのデザインを刷新。フロントグリルにはエンブレムを挟んで左右に一本のLEDストリップを設置し、フロントエプロンには新デザインの六角形のデイタイムランニングライトが装備された。

ハイパフォーマンスモデルとして「R」も導入されており、「T-Roc R」はフロントおよびリヤデザインに加え、19インチアルミホイール、ブルーにペイントされた大型ブレーキキャリパーなどの専用アイテムを装備した。搭載される2.0TSIエンジンは最高出力300psを発揮し、わずか2000回転で400Nmのトルクを発生する。0-100km/h加速は4.9秒をマークする。

ボディカラーは新色の「ペトローリアムブルーメタリック」をはじめ、「アスコットグレー」、「パイライトシルバーメタリック」、「キングズレッドメタリック(有償オプションカラー)」に加え、T-Roc R専用色として「ラピスブルーメタリック(有償色)」を含む9色展開。ボディカラーによってルーフカラーをブラックもしくはホワイトに選択することも可能だ。

おすすめのグレード 比較表を見る すべてのグレードを見る Tロック 2022年7月マイナーチェンジ

※すべての新車価格はメーカー発表当時の税込価格です。

歴代モデル一覧 Tロック

ユーザーレビュー Tロック

平均総合評価 4.1点(53件)
走行性能
4.3
乗り心地
3.8
燃費
4.5
デザイン
4.1
積載性
3.7
価格
3.4

ピックアップレビュー

  • ドイツで一番売れているSUVは伊達じゃない ※2021年統計による結果

    2022.1.25

    abeo abeoさん

    グレード:TDI スポーツ_RHD(DSG_2.0) 2020年式

    乗車形式:マイカー

    評価

    4

    走行性能
    5
    乗り心地
    4
    燃費
    4
    デザイン
    5
    積載性
    5
    価格
    4
    満足している点
    ・運転が上手くなったと勘違いできるレベルの運転のしやすさ。 ・一度乗るとやめられないトルクフルなエンジンとその燃費。 ・油温75度を超えてからの排気音(厳密にいうと吸気音)がカーン!…となかなかの音を鳴らすこと ・温まったディーゼルエンジンのらしからぬレスポンスの良さ。 ・当たりがついたブレーキの効きの良さ ・馴らし終了後のブレーキダストの少なさ ・都内の商業施設の機械式駐車場でNGくらわない全高 ・何気に強い雪道走行
    不満な点
    ・シートヒーター選べたらなぁ ・ステアリングヒーター選べたらなぁ ・ミリ波レーダーセンサーのセンシングがDセグと比べ少し雑い感じを受ける <わかっていたけど・・> ・グレードによりセンターアームレストとドアアームレストが布仕様な件。アフターパーツなどで対応できますが、汚れやすい部分なので元からレザーで良いように思ったり。 ・助手席ドアミラーが日本仕様はアンダーミラー付きな分、上に上がったデザインとなっており、左右対称になっていない点。その結果、若干死角が多め。
    乗り心地
    フロントストラット、リアトレーリング・・と平凡な組み合わせですが、上手く動いています。 ただし、問題はタイヤの空気圧。 RラインとSportのそれを見ると違和感を感じる方もおられると思いますが、ロードインデックスが低くそれを補うために空気圧が高くなってます。 転がり性が変わるとはいえ、それが挙動としても軽くなるのでドイツ車っぽくなくなります。 なので空気圧ラベルにある「乗りごごち重視」の空気圧を推奨。 それにするとどっしり感が増し、また細かい振動なども軽減。 リアのトレーリングの粘りも良くなります。 そのリアサス形状の都合、舗装路であれば特に挙動に乱れは起きないとおもいますが、荒れた路面などでは追従性の悪さを感じます・・が、問題になることは無いでしょう。 シティSUVですからね。

    続きを見る

  • アクセル踏めば不満が帳消しになる車です

    2021.11.10

    Leroro Leroroさん

    グレード:TDI Rライン_RHD(DSG_2.0) 2021年式

    乗車形式:マイカー

    評価

    5

    走行性能
    5
    乗り心地
    4
    燃費
    5
    デザイン
    5
    積載性
    4
    価格
    4
    満足している点
    ちょうどよいステアリングサイズで、質感も良い。 (クイックな操舵感がなんとも心地よい。Rlineエンブレムにうっとり) ディーゼルのトルクフルな加速がなんとも爽快。高速走行では存分に力を発揮してくれる。 (次男もグイグイ引っ張る兄貴肌) 電動パーキングブレーキ超便利。 (急こう配での坂道ドキドキ発進がスムーズ) DSGで家族が乗るときはエコやコンフォートでおとなしく。独りのときはスポーツへと用途に合わせ乗り味をチェンジでき、快適なドライビングが楽しめる。 (家族の前では仮面を被る。笑) コックピットパネルが利便性に長けている。ステアリングコントローラーの操作にて、簡潔に情報を取り出せるのでドライビングも安全。 (運転席のドアを開閉、始動時などのパネル演出で高揚感に包まれる) エンジン切った後、稀に聞こえてくるエンジンファンの音が愛おしい。 (最初は風邪でもひいたかと戸惑いましたが、理由が分かり安心しました。笑)
    不満な点
    サンバイザーに駐車券挟むところがない (開けばあった!) ドリンクホルダーが肘置き伸ばすと使えない。 (社外品つけようかな) 施錠開錠するとき、音無し、大人しい。 (ガチャ、インパネに映し出される「ようこそ」が最高のもてなし) なぜ助手席のダッシュボード中にETC(驚) (一度入れたら抜くことないし、いいか) シートが電動じゃないって、しかもシートヒーターもない。これって、お値段以下。 (シート倒すのに、お茶缶開けるみたいにクルクル廻し、四十肩が悲鳴をあげる) ウインカーとワイパーレバーが逆。 (慣れるまで時間かかりそう。リアワイパーまでゆらゆらしてる。車線変更の3回点滅はうれしい。) 車内からテールゲート開けれるのは便利だけど、閉めるには、わざわざ車外に出ないとだめって、どうなのよ。 (まっいいか。ポーターさんよろしく) 駐車するとき、もうちょっとアシスト欲しい。 (日産アラウンドビューモニターが有能すぎ) かゆいところに手が届かないというのか、国産を乗り継いだユーザーからするとカルチャーショックですね。
    乗り心地
    タイヤが大きいため、凹凸拾います。

    続きを見る

新着順レビュー

  • ディーゼルは煩い

    2022.7.10

    メロンパンダ メロンパンダさん

    グレード:- 2021年式

    乗車形式:マイカー

    評価

    3

    走行性能
    5
    乗り心地
    3
    燃費
    5
    デザイン
    2
    積載性
    5
    価格
    3
    満足している点
    軽油の安さ
    不満な点
    内装はハードプラスチックでチープ。 GOLF7.0(CL)の内装の方が良くできている。 2速から3速へのギアチェンジは2,000回転以上にならないと切り替わらず、結構耳障りなエンジンで煩くて耳が痛くなる。 Discover Proかと思ってたらDiscover Mediaになっていて、GOLF7.0より使い勝手が悪くなった! スマホがないと音楽も聞けない! メーターに地図表示すると、メインモニターには映らないので、瞬時に切り替えが出来ない!
    乗り心地
    19インチでも乗り心地は悪くなくて、全然許容できるレベル。でもディーゼルは耳障りな周波数(60Hz以下)なので、ファームアップでシフトアップの回転数を下げて欲しい!

    続きを見る

  • 軽快なスニーカーのよう

    2022.6.19

    あどば~ん あどば~んさん

    グレード:TDI スポーツ_RHD(DSG_2.0) 2020年式

    乗車形式:試乗

    評価

    4

    走行性能
    5
    乗り心地
    4
    燃費
    5
    デザイン
    3
    積載性
    -
    価格
    2
    満足している点
    運動性能と燃費、軽快な走り心地
    不満な点
    内装質感、ディーゼルノイズ(十分静かではあるが)
    乗り心地
    VWらしい質感高い乗り心地と軽快感が両立 ディーゼルノイズは気になると気にならないの間くらい(笑

    続きを見る

  • まさにコンパクトSUV

    2022.6.5

    ’koto’ ’koto’さん

    グレード:TDI スタイル デザインパッケージ_RHD(DSG_2.0) 2021年式

    乗車形式:マイカー

    評価

    3

    走行性能
    4
    乗り心地
    3
    燃費
    4
    デザイン
    4
    積載性
    4
    価格
    2
    満足している点
    -
    不満な点
    好みの問題だけどワーゲン全体だと思うがFF駆動のリアのサスペンションが固く感じる。 ドア、ダッシュボードはソフトレザーにしてほしかった。 スペアタイヤは無くても良いのでは⁉️ ※ナビゲーションの2画面表示が無くなったのが非常に残念❗️ グレードが上がるとすぐにホイルもサイズアップするのは勘弁してほしい。
    乗り心地
    リアサスペンションがやはり固く感じのはリアの荷重の軽さかな? 停車時のエンジン音が少し気になる。

    続きを見る

ユーザーレビュー一覧を見る

専門家レビュー Tロック ※掲載内容は執筆日時点の情報です。

  • 7代目ゴルフをベースにしたSUVモデル

    2022.1.17

    西村 直人
    西村 直人
    自動車ジャーナリスト
    評価

    3

    デザイン
    3
    走行性能
    3
    乗り心地
    3
    積載性
    4
    燃費
    4
    価格
    3
    年式
    2020年7月〜モデル
    満足している点
    世界中の自動車メーカーが趣向を凝らしたSUVを揃えるなか、質実剛健なゴルフをベースにしたTロックはまさに実用主義のSUVである。日本市場は前輪駆動のみとなるが、それでも豪雪地帯でなければ十分な走行性能をもつ。加えて、輸入車ブランドのなかでは価格も高すぎず、ボトムグレードでも先進安全技術の数々を備えている。
    不満な点
    百花繚乱のSUVからあえてTロックを選ぶ理由がなかなかみつからない。それは性能が悪いのではなく、一部分に特化したところが見いだしにくいからだ。ゴルフ同様に道具として使い倒せば安定した各性能に素晴らしさを実感するが、普段の買い物や年数回の長距離走行では魅力を引き出しにくい。
    デザイン
    先代ゴルフがベースだが外装デザインはTロック専用。平面基調のパネルに切れ長のヘッドライト、そして前バンパー下部左右にはデイタイムランニングライト機能をもたせたLEDを備える。兄貴分にあたるティグアンと弟分のTクロスに準じたSUVの出で立ちだ。全高が高く見えるが1590mmに抑えられた。インテリアも7代目ゴルフとの共通項が多い。

    続きを見る

  • 見た目はポップ、中身は堅実

    2021.9.30

    伊藤 梓
    伊藤 梓
    自動車ジャーナリスト
    評価

    4

    デザイン
    5
    走行性能
    4
    乗り心地
    4
    積載性
    4
    燃費
    4
    価格
    4
    年式
    2020年7月〜モデル
    満足している点
    フォルクスワーゲンというと、良いクルマだけど真面目すぎて遊び心が感じられないモデルもある。しかし、T-ROCはその殻を破って、見た目がポップで可愛らしくなっているところに好感が持てる。その上で、走行性能はとても真面目で誰でも扱いやすいところは◯。
    不満な点
    他のモデルにも言えるが、フォルクスワーゲンのSUVラインナップが似ているので、どれがどれだがはっきり認識しづらいところはある。T-ROCのデザインが一番ポップなので、もっとも小さいT-Crossと間違えやすいような気がする(私だけ?)。
    デザイン
    T-ROCは、フォルクスワーゲンのSUVの中で、もっともコンパクトなT-Crossともっとも大きなティグアンの間のモデルになる。デザインは、シンプルで真面目なフォルクスワーゲンの中でも、ポップで遊び心を感じる。2トーンカラーが選べるところも◯。

    続きを見る

専門家レビュー一覧を見る

みんなの質問 6 Yahoo!知恵袋で質問してみる Tロック ※「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。

みんなの質問の一覧を見る

所有者データ Tロック

  • 人気のカラー

    1. 47.1%
    2. 14.2%
    3. 10.0%
  • 人気の排気量

    1,500cc
    12.6%
  • 居住エリア

    1. 関東地方
      42.4%
    2. 近畿地方
      16.5%
    3. 東海地方
      14.7%
  • 男女比

    男性
    88.1%
    女性
    10.5%
    その他
    1.2%
  • 年代

  • 年収

※車両データと所有者データの数値はマイカーデータとYahoo! JAPANカードのデータを集計したもの。無回答を除く。

中古車アクセスランキング Tロック

中古車相場 Tロック

フォルクスワーゲン Tロック
平均価格 333.7万円
平均走行距離 9,736km

平均値を表示しています

もっと詳しく見る

査定を依頼する

複数社の査定額を比較して愛車を最高額で売却!

愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

  1. STEP1

    お見積り依頼

  2. STEP2

    買取店から
    電話・メールでご連絡

  3. STEP3

    査定実施

  4. STEP4

    査定額を比較し
    売却先を決定

  • メーカー

  • モデル

  • 年式

  • 走行距離(km)

Tロックを見た人はこんな車と比較しています

フォルクスワーゲンを見た人はこんな車と比較しています

※ 掲載しているすべての情報について保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格のため、掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。詳細は、メーカーまたは取扱販売店にてお問い合わせください。

/