フォルクスワーゲン ゴルフ ヴァリアント 「さすがはVWですね。」のユーザーレビュー

aribel aribelさん

フォルクスワーゲン ゴルフ ヴァリアント

グレード:オールスター_RHD(DSG_1.2) 2016年式

乗車形式:マイカー

評価

5

走行性能
-
乗り心地
-
燃費
-
デザイン
-
積載性
-
価格
-

さすがはVWですね。

2016.8.7

総評
Golf-ⅣとⅤ以降 VW から離れていました。
今回の購入車種選定に際し プジョー308SWd、BMW118d も検討いたしましたが、Golfの1.2Lエンジンはガソリンエンジンの最終章と思えるほど熟成されているとの印象を持ったことに加え、安全装備の充実、走行の安定性と燃費、密閉度や静粛性、後々のメンテナンスの信頼度から Variant-Allstar を選びました。

満足している点
1.価格は低めですが装備が充実しています。

2.蛇足ですがドアの閉まる音がいいですね。

3.Allstar専用のボディカラーは見栄えがします。

4.その他、VW は他のドイツ車に比べ技術力等、信頼度に勝るように思います。
詳細は省きますが、Audi の事故に繋がりかねない2007年のリコールはお粗末でしたし、2012年~2013年の BMW に至っては、(ディーラーは色々と言い訳を言っていましたが、)事実上のリコールに等しいメンテの連絡が多すぎ、一つの修理が完了して車が戻った途端に次の修理案内のハガキが BMWの日本法人から届くのには呆れました。
不満な点
1.Allstarの装備は盛り沢山ですが、ついでにもう一つ 「後方死角の検知機能」も着けて欲しかったです。

2.ホイールが豪華なのは結構ですが、細かなデザインの為 掃除が少し大変です。
個人的にはもう少しシンプルな方が好みです。
デザイン

-

走行性能

-

1.試乗で同じスペックのコンフォートラインに数日乗せて貰い、結果として Allstar の購入を決めました。

2.過去に所有した GTI や Audi-Sライン、直前まで乗っていた BMW-Mサス のようなスポーツ性は感じられませんが、燃費も良く、ゆったりと高速をロングドライブするのには最適の車だと思います。

3.1.2L(105馬力、17.8Kgm)のTSIエンジンはカタログを見る限りパワフルとは言えませんが、欧州車は数字で判断出来ないと言われる通り 高速での加速は秀逸で、ドイツ車特有のブレーキとカシッとしたハンドリングもさすがは VW ですね。
乗り心地

-

1.「高速走行安定性」
極めて安定しています。
リヤサスがトレーリングアームとのことですが、常識的な走りの範囲内では 言われなければ4リンクとの違いは分かりませんでした。

2.「乗り心地」
やや硬めのサスペンションはロールも少なく、コーナーでの特性に優れています。
205/55R16のタイヤサイズとのマッチングも良いようです。

3.「静粛性」
一般道でのエンジン音は皆無と言ってよいほどで、過去に乗った車の中で一番静かです。また、当然ですが不快な振動も有りません。
積載性

-

ゴルフバッグなど十分に積めます。
燃費

-

1.購入した Allstar は VW のマニュアルに従い、市中でのタイヤとブレーキの慣らしを行いました。アイドリングストップを使用しない この間の燃費はリッター13.5kmでした。  

2.その後、所用を兼ね高速道路を中心に日帰り600kmのエンジンの慣らし走行を行いましたが、殆んどブレーキを使わないおとなしい運転であった為、こちらはリッター22.0kmの好成績を示してくれました。

3.a. これから徐々に回転を上げていきますが、慣らし完了後は高速道路でリッター25km以上は行くと思います。b. (2018.5追記)ACC使用の高速道560Kmの法定速度内走行で、25~26Km/Lの数値が出ました。  

4.エンジンオイルとフィルターについては、走行3,000kmあたりで一回目の交換をしようと思います。
価格

-

故障経験
Golf-Ⅳ は5,000Km走行の頃 ウインドウが下がったままになった故障が有りましたが、Allstar は今のところ有りません。

下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

「みんカラ」から、違反報告をする

フォルクスワーゲン ゴルフ ヴァリアント 新型・現行モデル