現在位置: carview! > 新車カタログ > トヨタ(TOYOTA) > カリーナ > みんなの質問(回答受付終了) > 『あぶない刑事』シリーズはもっともまで日産が...

トヨタ カリーナ のみんなの質問

回答受付終了
回答数:
1
1
閲覧数:
104
0

『あぶない刑事』シリーズはもっともまで日産がスポンサー(厳密には車両 協力)で、悪人サイドには新車販売から10年前後程度の旧型のトヨタ車が

主に使われる(破壊やパンクなどを伴うアクションを見越して。)んですが、
一部にS120&130クラウンやZ10&20ソアラ、T160カリーナ
ED、E90カローラとあの頃のトヨタではまさに飛ぶ鳥落としの看板格で、
かつ前者と対照的に新車発売から2~3年前後程度しか経ってない車も登場
してました。

同時期の同型車に乗るトヨタ乗りの人たちや、そこに同調する一般の人たち
(車に興味はないがブランドに対しての信念を持つ)は劇中でのあの演出を
“ネガキャン”(日産がスポンサーの看板を笠に日テレや東映と結託したなど)
とは思ってなかったんでしょうか。

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。

回答一覧 (1件)

  • あぶ刑事の使用車両設定はその前にあった西部警察からのつながりを考えないと理解できません。
    西部警察の放映当時は 今の人からすると考えられないかも知れませんが、圧倒的なスカイライン人気があったのです。日産が作ったスカイラインのオーナーのイメージが実際に社会に定着していました。イメージとはハイクラスのステータスがありながら車の運転にも長けており時にはスポーツ走行も行う。いわゆるカッコイいオトナです。今でいうとBMW M5くらいのステータスをスカイラインが持っていたのです。だからトヨタいくらマークII、チェイサーの内装を豪華にしても全く敵わなかったのです。その状況の中で渡哲也(大門刑事)が乗る車はスカイライン以外に考えられなかったのです。もしこの時トヨタがスポンサーになって大門刑事がチェイサーに乗っていたら視聴者は質問者さんが言われる違和感を覚えたでしょう。この後トヨタは2リッター専用の軽量6気筒エンジンを積んだ回頭性の良いマークII 3兄弟によりスカイラインの牙城を崩していくのですが、石原軍団が使う車は日産車というイメージが浸透していたので、あぶ刑事でも何の違和感もなく視聴者は見ていたのです。

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の
「自動車」カテゴリとデータを共有しています。

あわせて知りたい

トヨタ カリーナ 新型・現行モデル

トヨタ カリーナのみんなの質問ランキング