新車価格(税込)

165.0171.6万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

98.0115.0万円

中古車を検索

グレード情報シーポッド

歴代モデル1件シーポッド

マイナーチェンジ一覧1件2020年12月〜デビュー シーポッド

ユーザーレビュー4件シーポッド

シーポッド

平均総合評価

1.5
走行性能:
1.5
乗り心地:
1.7
燃費:
2.5
デザイン:
2.5
積載性:
1.8
価格:
2.0

中古車相場 C+pod

平均値を表示しています。

C+pod

C+podの中古車平均本体価格

108.0万円

平均走行距離750km

買取情報シーポッド

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車、今いくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

このクルマについて シーポッド

2020年12月

■2020年12月
トヨタは、超小型EV(電気自動車)「C+pod(シーポッド)」を2020年12月25日に発売。当初はEV普及に向けて検討を進めてきた法人ユーザー、自治体などを対象とした限定販売となる。個人向けへの本格販売は2022年を予定している。

C+podは人の移動における一人あたりの高いエネルギー効率を追求した2人乗りタイプのEV。日常生活における近距離移動、定期的な訪問巡回といった法人利用、都市・山間部での移動手段を想定したモデルとなる。

ボディサイズは全長2490㎜×全幅1290㎜×全高1550㎜、ホイールベース1780㎜。コンパクトなボディは最小回転半径3.9mというすぐれた取りまわし性を特徴とする。リチウムイオンバッテリーはシート足元の床下に搭載し、リヤにモーターを配置することで段差の少ない低床フラットフロアとした。高剛性の軽量ボディ、独立式サスペンションの組み合わせが上質な乗り心地と安定感のある走りをもたらすという。

モーターは最高出力9.2kW、最大トルク56Nmを発生する。最高速度は60km/hとし、総電力量9.06kWhのバッテリーによって高速道路モードを含まない「WLTCモード値クラス1」で150kmの航続距離を得ている。普通充電のみに対応し、充電時間は単相200V/16Aで約5時間、単相100V/6Aで約16時間。最大1500Wまで使える外部給電機能を標準装備しており、助手席足元に設置されたアクセサリーコンセントに加え、オプションのヴィークルパワーコネクターを普通充電インレットに差し込むことで約10時間程度の電力供給が可能という。

インテリアは1100㎜の室内幅に大人2人が並んで座れるシンプルな空間とした。インストルメントパネルにはメーターを中心とする機能系装備をホワイトのセンタートレイ上に配置。ブラック基調のインテリアとのコーディネートにより、実際のサイズ以上の広さを演出している。

安全装備については軽自動車向けの基準をもとに、新たに設定された超小型モビリティ用の安全基準に対応。万が一の事故に備え、衝突エネルギーを多くの部材へ効率よく分散吸収させることで、前面、側面、後面など、あらゆる方向からの衝突に対して安全性を追求した。歩行者への衝撃を緩和する歩行者軽減ボディも採用されている。

車両(昼夜)、歩行者(昼夜)および自転車(昼間)を検知可能なプリクラッシュセーフティを標準装備。低速走行時に壁などの障害物との衝突回避または被害軽減に寄与するインテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]も設定する。

※ 掲載しているすべての情報について保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格のため、掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。詳細は、メーカーまたは取扱販売店にてお問い合わせください。