現在位置: carview! > カタログ > スバル > XVハイブリッド > 2013年6月〜モデル

スバル XVハイブリッド 2013年6月〜モデル グレード・価格・口コミ情報

スバル XVハイブリッド 新型・現行モデル
マイカー登録
愛車や気になる車を登録するとマイカーページで情報の管理・収集を行うことができます。
中古車価格帯

58.0 万円 253.0 万円

中古車を検索

新車価格(税込)

257.0 万円 286.2 万円

新車見積もりスタート

車体寸法
(全長×全幅×全高)
4450×1780×1550mm 燃料消費率 20.0km/L(JC08モード走行)
乗車定員 5名 排気量 1995cc

概要

■2013年6月
スバルは乗用車由来のSUVであるXVをベースにシリーズの最上級モデルとなるXVハイブリッドを2013年6月24日に発売した。

外観デザインはXVをベースにしながらも、クリアブルーのレンズを使った専用のヘッドライトやアルミホイールなどがXVとの違いを際立たせている。インテリアも専用のブルーメーターやハイブリッド用のディスプレー、シルバーアルカンターラのシートなどが用意される。

ハイブリッドシステムはスバルが独自に開発したもので、水平対向2.0リッターの自然吸気エンジンをベースに、リニアトロニックCVTと電気モーターを組み合わせて搭載し、シンメトリカルAWDのハイブリッド車とした。

2.0リッターエンジンは110kW(150ps)/196N・mのパワー&トルクを発生し、これに10kW/65N・mを発生する電気モーターが組み合わされる。駆動方式はAWDのみの設定だ。燃費はベースのガソリン車が15.8km/Lであるのに対し、20.0km/Lと大幅な向上を見ている。これによってエコカー減税は免税扱いとなる。

電池はニッケル水素電池で容量は5.5Ahと少なめだが、逆に制御系も含めてラゲッジスペースの床下に効率良く搭載することで、重量バランスに優れた使い勝手の良いハイブリッド車に仕上げている。

重量の増加するハイブリッド車に合わせて、ボディやシャシー、サスペンションなどを作り込み、ステアリングのギア比を変更したり、遮音材を追加して静粛性を高めるなどの対応が図られている。

電池の搭載量が少ないこともあって、ドライバーが自由な意志でEVモードを選択して走ることはできないが、発進や低速走行はEVモードとなり、アクセルを踏み込むなどすると加速時には必要に応じてエンジンが始動してハイブリッド走行に入る。エンジン効率の良い走行シーンで充電し、減速時にはエネルギー回生を行い、停車時にはアイドリングストップ機構が働く。

アイサイトの搭載車には、ECOクルーズコントロールを装備し、全車速追従機能付きクルーズコントロールが作動するときに、EC走行を最大限活用することで実用燃費を高めるような設定とした。

グレードは入門グレードが2.0i、充実装備グレードが2.0i-L、そして最上級グレードの2.0i-Lアイサイトという3グレードの構成となる。

おすすめのグレード 比較表を見る すべてのグレードを見る XVハイブリッド 2013年6月デビュー

※すべての新車価格はメーカー発表当時の税込価格です。

マイナーチェンジ一覧 XVハイブリッド 2013年6月デビュー

中古車アクセスランキング XVハイブリッド

査定を依頼する

複数社の査定額を比較して愛車を最高額で売却!

愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

  1. STEP1

    お見積り依頼

  2. STEP2

    買取店から
    電話・メールでご連絡

  3. STEP3

    査定実施

  4. STEP4

    査定額を比較し
    売却先を決定

  • メーカー

  • モデル

  • 年式

  • 走行距離(km)

歴代モデル一覧 XVハイブリッド

※ 掲載しているすべての情報について保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格のため、掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。詳細は、メーカーまたは取扱販売店にてお問い合わせください。

/