サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > スバル STIが手掛けた2モデル、WRX S4 tSとXV ハイブリッド tSに試乗

ここから本文です

スバル STIが手掛けた2モデル、WRX S4 tSとXV ハイブリッド tSに試乗

S207より少しだけ快適性が高められたS4 tS

このクルマのココロは、昨年10月に発売されたスバルWRX STI S207の2ペダル版だそうである。S207は発売日に即日完売したマニア垂涎の究極のWRXである。

もっとも、ベースモデルありきのコンプリートカーなので、S207との差異がトランスミッションにとどまらないのはご想像のとおりだ。S207が伝統のEJエンジン搭載の“STI”だったのに対して、今回は同じWRXでも、最新鋭の直噴FAエンジンを積む“S4”がベース。エンジンと駆動系が別物なのに加えて、今回はスバル自慢のアイサイト(最新版たるver.3)もなかば自動的に標準搭載となる点も、いかにも今っぽいコンプリートカーとしての大きな売りだろう。

内外装やシャシー関連はS207に準じる内容となるが、エンジン本体には手が加えられていないために、商品名が“tS”となる。これはいつものSTIコンプリートカーの文法にのっとったネーミングである。19インチのダンロップ製スポーツマックスRTタイヤ、STI独自の“フレキシブル~”系部品によるボディ&サブフレーム強化対策、リアのピロボールブッシュ、専用スプリングと専用ビルシュタイン製ダンパー(フロントはダンプマチックII)、そしてブレンボ製ブレーキ……といったマニアな専用部品群のリストは、前記のとおりS207と基本的に同じだ。

ただし、シャシーの微妙なチューニングは「2ペダルという性格を考えて少しだけ快適性に振った」のだそうで、日常生活では少しわずらわしい(?)ステアリングのクイックレシオは採用されず、サスペンションのチューニングもS207と微妙にちがう。さらに、タイヤも吸音スポンジを内蔵してロードノイズを低減した新タイプを履く。スポーツマックスRTという銘柄は変わらず、吸音スポンジの有無以外のグリップ性能やケース剛性はS207のそれと同じとか。ということは、S207でもこれに履き替えるだけで、性能はそのままに静粛性だけがアップする品だそうだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します