現在位置: > > > > > 細かい不満はありますが、スタイリング...

カタログ情報は「カーセンサー.net」から情報提供を受けています。

『細かい不満はありますが、スタイリングとエクステリアの美しさと走りがそれらを帳消しにしてくれます。』の口コミ

  • 細かい不満はありますが、スタイリングとエクステリアの美しさと走りがそれらを帳消しにしてくれます。

    総合評価:10点満点中9点

    投稿日:2011年5月23日

    投稿者:セフィロー さん

    乗車形式:マイカー

    メーカー・モデル:日産 ティアナ
    グレード:350JM(CVT_3.5) (2005年式)

    総評
    細かい不満はありますが、スタイリングとエクステリアの美しさと走りがそれらを帳消しにしてくれます。
    満足している点
    なんといっても大胆かつ伸びやかなエクステリア。
    何度眺めても全く飽きません。
    前車(A32型セフィーロ)のデザインも大変好きでしたが、J31はそれ以上です。

    柾目の木目調パネルに代表される「和」のテイストを取り入れたクリーンかつモダンなインテリアも車内というより部屋の中にいるという感覚でリラックスできます。

    VQ35DEエンジンはトルク・パワーとも期待以上でセダンに搭載するには少々じゃじゃ馬過ぎると感じるほど(笑
    エクストロニックCVT-M6も想像以上に優秀で、ただでさえトルクフルな印象のVQエンジンの良さをいっそう引き立たせてくれます。

    乗り心地重視の車高調にしているせいか、20インチ装着でも不快感がほとんどなく、ハンドリングもまるで電制4WDを操作しているかのようで非常に安定しています。
    これは裏を返すと、J31の基本性能と車体剛性の高さあってのことだと思います。


    装備的にはDVD-ROMながらもナビが標準ですし、リヤ電動シェードだって備わっていますので気分はちょっとしたリムジンです。

    総合的に見て、あらためて「技術の日産」を見せ付けられた1台ではないかと。
    不満な点
    慣れないうちは停車時にセレクタレバーを「N」に戻そうとすると勢い余って「R」に入ってしまう点。

    VDCの特性がイマイチなじめない。

    ある程度は覚悟してましたが、CVTの割りに市街地での燃費がイマイチ。
    逆に、高速走行では3.5Lとは思えないほどかなり伸びる。

    ホイールベースが2.775mmあるわりに後席足元のスペースがいまひとつ。

    フロントシートのホールドと腰部のサポートが甘い。

    特殊なパネルを採用しているためオーディオ交換がしづらい。

    下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

    「みんカラ」から、違反報告をする